Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > マーケティングBlog > 2018年4月 > サイト改修とリダイレクト設定

マーケティングBlog

デジタルアナリティクスやデジタルマーケティングの推進に役立つ話題をご紹介します。

サイト改修とリダイレクト設定

アナリスト 深堀

2018年3月31日、国税庁Webサイトのリニューアルが行われましたが、必要な情報にたどりつくことが困難になったユーザーが多数いることで話題となっているようです。

リニューアル対応時の問題点

Webサイトリニューアルの際、国税庁は大部分のページURLを変更したようで、旧URLから新URLに対応したリダイレクト処理を行うことなく一括してトップページへ誘導しています。自然検索やサイト内検索を利用したユーザーがいた場合、ここで困った現象が起きてしまいます。検索エンジンの表示結果からのアクセスを行った場合や、サイト内検索を利用した際に旧コンテンツへのリンクへ遷移するケースで、リニューアル前のページリンクをクリックすると、すべてトップページへリダイレクトされるよう設定されているため、検索を使ったユーザーが目的の情報にたどりつけないという現象を引き起こしてしまいます。

国税庁はリニューアル後サイト内検索についてというお知らせで、本件について「国税庁ホームページリニューアルに伴う検索機能の不具合につきましては、利用者の皆様にご不便をおかけして申し訳ございません。」とアナウンスを行っていますが、この現象はそもそもリニューアル時に旧コンテンツから新コンテンツへのリダイレクト設定が正しく行われていれば、ユーザーは旧コンテンツのリンクをクリックしても、目的のページか、それに準ずるコンテンツにたどりつくことができていたはずでした。

リニューアル前にページやWebサイトそのものが蓄積してきたさまざまな評価は、大切な資産

サイトリニューアル時だけでなく、コンテンツのURL変更の際やドメインの変更が発生する際は、サイト構造や導線を適切に設計するのはもちろんのこと、リダイレクト設定にも注意を払うことが必要です。これらのことを怠ってしまった場合、検索エンジンから得てきたこれまでの評価に加え、著しくユーザーの利便性を損なう結果となりかねません。

ページやWebサイトが今まで蓄積してきた検索エンジンや、ユーザーからの評価は大切な資産です。サイト構造の変更を伴う改修の際は、それらの評価を損なうことがないように行わなければなりません。