Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > マーケティングBlog

デジタルアナリティクスやデジタルマーケティングの推進に役立つ話題をご紹介します。

ネイティブアプリにもアナリティクス導入を。Firebase 向け Google アナリティクスについて


アナリスト 深堀
ネイティブアプリにもアナリティクス導入を。Firebase 向け Google アナリティクスについて

Webの解析に欠かせないGoogle アナリティクス。
ネイティブアプリの計測もFirebase 向け Google アナリティクスを導入することにより可能となります。Firebase向けGoogle アナリティクスで、アプリに対してどのような解析が可能となるのかをご紹介します。

導入について

難しい手順は必要ありません。アプリに Firebase SDK(Firebase ソフトウェア開発者キット)を追加することにより自動でデータ収集が開始されます。数時間後にはFirebaseのコンソール上でデータが確認できるようになります。

さらに連携を行うことにより、Google アナリティクス上でもアクセスデータを閲覧することが可能となります。 アプリとWebは行動や画面遷移等の指標が異なるため、レポート名やレポートの種類がWebのアナリティクスとは異なりますが、 Google アナリティクスを普段お使いの方であれば違和感なく操作することができるでしょう。

アプリと連携したFirebase 向け Google アナリティクスでは、主に下記の項目を解析することができます。

Firebase 向け Google アナリティクスでわかること

オーディエンス

アプリを利用しているユーザーの属性を観測するレポート群です。 年齢、性別、地域や言語、またOSのバージョンやどのデバイスを使用している割合が高いのか、どのキャリアのネットワークの利用率が高いのか等を調査できます

集客レポート

新規ユーザー数やマーケットの割合(iTunes、Google Play)、広告経由ユーザーの詳細等をチェックできます。

行動レポート

Web計測のGoogle アナリティクスの場合ですと、「ページ」のレポートを閲覧する機会の多い行動ですが、アプリの場合は「スクリーン」がかわりに用意されています。
Webだと「ページビュー」や「ページ滞在時間」のところが、アプリだと「スクリーン ビュー」「スクリーンの平均滞在時間」にあたります。

通常のWeb計測とアプリ計測では計測指標に違いがあります。 ※上記のようにWeb計測とアプリ計測では基本となる計測指標が異なります

目標

行動レポートで解説した内容と重複しますが、アプリでの基本的な回遊指標はページではなく「スクリーン」となります。
アプリの場合でもあらかじめ設定した目標をユーザーがどのくらい達成したか、という観測方法は変わりありません。 ゴールとなるスクリーンへ到達したか、ユーザーが想定したフローを経由したか等、コンバージョンを観測するレポートとなります。

イベント

ユーザーの特定の行動をトラッキングするには、通常であればアプリ側にもイベントの仕込みが必要となりますが、Firebaseではデフォルトで自動的に収集されるイベントが設定されており、導入だけでイベントトラッキングを行うことができます。その中でも代表的なものをピックアップしてご紹介いたします。

※参考:自動的に収集されるイベント

リアルタイムレポート

上記それぞれのレポートに値が蓄積されるよりも先に、地域、イベント、スクリーン、コンバージョンなどの指標をリアルタイムで監視することができます。

ネイティブでないアプリの計測

また、Webviewを利用したハイブリッドなアプリも、設定を拡張することによりGoogle アナリティクスで計測することができます。
ネイティブアプリ、ハイブリッドなアプリ、Webアプリを含め、Google アナリティクスの実装や計測設定支援はミツエーリンクスにご相談ください。

RPA(UiPath)を利用した業務効率化事例紹介


アナリスト 荒木

サイトのアクセス状況を把握するためには、月次レポートを作成するケースが多いと思います。

当社ではこれまで、Google スプレッドシートを利用して業務効率化を図っていたのですが、この度RPA(UiPath)を使ってレポートの自動化を行いました。

これまで(RPA導入前)

  1. Google スプレッドシートにログイン
  2. データ抽出する期間を指定
  3. run report
  4. 抽出したデータをエクセルファイルの該当箇所にそれぞれコピー&ペースト

RPA(UiPath)導入後

これまでは、Google スプレッドシートを使用することによってGoogle アナリティクスのカスタムレポートを使用せずにデータ抽出することができ、工数削減を実現していたのですが、RPA(UiPath)を使用することによって担当者は毎月の作業をボタン1つで完了することができるようになりました。

RPAを使ったレポートの自動生成は、このようにさらなる工数削減につながりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

SEOコンサル事例紹介(メディアサイト)


アナリスト 荒木

メディアサイトのSEOコンサル事例をお伝えいたします。

事象

2018年9月のサイト公開後、アクセス数が増加しないことが続いたために当社にご相談いただきました。

ご提案

調査したところ、ボトルネックとなる箇所を発見。定期的なSEOコンサルを実施することによりアクセス数の増加が図れることをご提案。

サービス内容

2019年1月~3月毎週1回の定例会を実施。
(※クライアント関係者、当社担当者によるトータル5時間程度のミーティング)

対策した項目

  1. 内部リンク構造見直し
  2. ページ構成変更
  3. 対策キーワード変更
  4. タイトルリネーム
  5. 外部リンク見直し

施策開始後、約3カ月でアクセス数が10倍に増加。
(※2019年3月末時点)

Search Conoleのイメージ画像:約3カ月でアクセス数が10倍に増加。

約3カ月という短期間でアクセス数増加を図れた要因は、当社からの作業依頼に対して真摯に対応いただけたお客様だったからだと考えています。

タイトなスケジュールにも関わらず、対応していただきありがとうございました!

Google オプティマイズを使ったサイトのパーソナライズ化


アナリスト 後藤

今回は、9月末に公開されたGoogle オプティマイズのカスタマイズ機能(ベータ版)を使った、Webサイトのパーソナライズ化についてご紹介したいと思います。

カスタマイズ機能は、特定のユーザーにコンテンツの出し分けを行うことが可能になる機能です。

今回は、ユーザーの行動・属性によってTOPページに表示されるコンテンツを変更する方法をご紹介します。

TOPページのメインビジュアルは、最新のコンテンツなど、すべてのユーザーに当たり障りのないものになりがちです。そのため、自然検索でサービスページから流入したユーザーがTOPを訪れた際にページのコンテンツがユーザーの求めているものではない可能性がでてきます。

Google オプティマイズを使って、ユーザーの属性、または行動によってTOPページに表示されるコンテンツを出し分けることにより、見込み顧客の数を増やすことができます。

例えば、こんなユーザーを指定することが可能です。

今回は、Google自然検索からユーザーに対してどのようなパーソナライズ化をするかに焦点を当ててみましょう。

Google自然検索から、サービスページに流入したユーザーは、「サービス名」で検索している可能性が高いでしょう。サービスページを閲覧後、TOPに訪れた場合、自分の興味がないコンテンツがなければそのまま離脱してしまうのではないでしょうか。

しかし、最初に訪れたサービスページに関連したコンテンツが、TOPページにパーソナライズ化されて表示されていれば、サービスの認知度増加・導線強化につながります。

サービスページで興味があるコンテンツを見つけられなかったユーザーに対して、関連サービスをもう一押しすることが可能になります。

パーソナライズした場合

では、具体的にどのような設定をGoogle オプティマイズにて行えばよいのでしょうか?

ユーザー属性に応じたCookieを発行する

ユーザーの属性に応じたページの出し分けを行うためには、Cookieを使用した判別が適しています。あらかじめ特定のページでユーザー判別用のCookieを発行しておき、そのCookieをトリガーにして対象ページのコンテンツを変化させます。

オプティマイズcookie

2019年3月現在では、Google オプティマイズで設定できるカスタマイズのパターンは、上記でご紹介したCookieを利用する方法を含め最大10個までになります。様々なユーザーに向けてパーソナライズ化を設定してみてはいかがでしょうか。

サイト運用は継続した改善を行うことが肝要

Google オプティマイズを活用した総合的なご支援についてご興味をお持ちいただけましたら、ぜひお問い合わせください。

「Google マーケティング プラットフォーム パートナー」の認定企業として、高いレベルでGoogle オプティマイズの導入前設計、導入、導入後の運用までサポートします。

サイトが検索結果に表示されない!? Seach Consoleを利用してサイトの診断を行う


アナリスト 深堀

作成したコンテンツが公開後、なかなか検索結果に表示されなかったり、今までは高順位だったページがあるタイミングから圏外になっていたり...といった経験はありませんか?
そのような場合、特定のページ、あるいはサイト全体がなんらかの理由で検索結果から除外されている可能性があります。

Google はサイト上のページを自動もしくは担当者が目視でチェックを行い、Google のウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)に準拠していないと判断した場合、サイトの評価に対してペナルティを与えることがあります。

公式ヘルプを見る限りですと、

ペナルティの影響としては主にこの2つが考えられます。どちらもインパクトは大きいものとなるはずなので、Seach Consoleのレポートをチェックした結果、このアラートが出ていれば対策は必須となります。

対策については公式ヘルプの問題の解決方法をご参照ください。

手動でペナルティを受けている場合

「手動による対策」レポートにて詳細が表示されます。

Search Consoleのメッセージ「問題は検出されませんでした」

問題がない場合はナビゲーションメニューに「問題は検出されませんでした」と表示されます。この場合手動でのペナルティは受けていないことがわかりますが、これだけではペナルティを全く受けていないかどうかはわかりません。もう1つ注意しなければならない要素があります。

自動でペナルティを受けている場合

Googleは有人による目視でのペナルティのみではなく、機械的に判断した結果ペナルティを下すことがあります。残念ながら自動ペナルティの場合はSearch Consoleレポート内でエラーやアラートなどを受け取ることができないため(※2019年1月現在)検索結果やほかのレポート、アナリティクスなどを見て総合的に判断するしかありません。ガイドラインと照らし合わせながら、自身のサイトに問題がないかさまざまな視点でチェックを行いましょう。

ご参考までに、直近の案件対応の際に当社が実際に行ったチェック項目の一例をご紹介します。

その他にも、ペナルティを被らないようなコンテンツ生成を行いつつ、[インデックス]→[カバレッジ]レポートを定期的にチェックし、

など、クローラーの挙動に注意を払い、トラブルシューティングを行っていくとよいでしょう。

Fetch as Google等特定の機能はまだ利用することができないようですが、新生Search Consoleは機能やUIも含め随所に改善点が見られ、以前のものに比べると利便性が向上しているようです。プロパティは作成したけどあまり閲覧する機会はなかったり、Search Consoleをあまり活用されてこなかったご担当者さまもまだまだ多いことかと思います。サイト運用を行うにあたって現状のソースコードやリンク設定、サイトマップなどが適切かチェックするのに最適なツールで費用もかかりませんので、ぜひご活用ください。

【低品質コンテンツはどう対処する?】WordPressサイトの順位を改善するための方法


アナリスト 石谷

WordPressでは、記事投稿時に記事に関連した"カテゴリ"や"タグ"を設定することができます。上記設定により、WordPressはカテゴリページとタグページを自動で生成します。

例:SEOというカテゴリとタグを作成すると以下ページが生成されます

ユーザーは上記により、SEOに関連する記事をカテゴリページやタグページで探すことができるようになるため、非常に便利ですよね。しかし、実はここにSEO上の大きな落とし穴があります。

問題と例

Googleは低品質コンテンツを複数所有するサイトの評価を下げます。
⇒上記はユーザーにとって価値を示さない何の役にも立たないページ及びサイトは評価を下げる対象にするというGoogleの方針です。

では、WordPress上で、SEOに関連する記事Aを作成し、カテゴリとして「SEO」カテゴリを作成したとした時にGoogleの検索エンジンはどのような認識をするのでしょうか。「SEO」というカテゴリをWordPress上で作成した際、WordPressは「example.com/seo/」というページを自動で生成します。ユーザーがSEOの記事Aに価値を感じ、SEO関連の記事をもっと見たいと思った場合、記事A内の「SEO」と書かれたパンくずリスト、グロナビ等をクリックするでしょう。その時ユーザーは初めてSEOカテゴリページ(example.com/tag/seo/)に遷移します。しかし、遷移した結果、SEOに関する記事がA以外になかったとしたらどうでしょうか。

上記カテゴリページはユーザーの役には立つのでしょうか。恐らくユーザーの期待に応えられないでしょう。このようなユーザーの役に立たないコンテンツはGoogleの検索エンジンには"低品質なコンテンツ"であると判断され、サイト全体の評価を下げてしまう可能性があります。

上記はカテゴリページについて述べておりますが、タグページでも同様です。では、いったいこのような低品質なページはどのように対処すべきでしょうか。

改善策として、「恒久的に実施すべき改善策」と「すぐに対処できる改善策」、「対処に時間はかかるがSEO上効果的な改善策」をご用意いたしました。

恒久的に実施すべき改善策

すぐにできる改善策

対処に時間はかかるがSEO上効果的な改善策

ユーザーの役に立たないページはユーザーの役に立つように改修すればよいのです。WordPressではカテゴリページとタグページは自動で生成されますので、カテゴリページやタグページを作らないという選択肢はありません。また、上述した通り、全てのカテゴリページをnoindex設定にしてしまうと機会損失につながる場合があります。
※タグページに関してはページ改修ができないので、個人的にはnoindex設定をすればよいかと思います。WordPressのテーマによってはタグページだけでなく、カテゴリページも改修ができない場合がありますが、本記事では、カテゴリページは改修可能で、タグページは改修不可であるとします。

まとめ

現状、検索エンジン経由の流入を増やすにはユーザーに対し親切なコンテンツを作ってあげることにつきます。「SEO施策=文字量・キーワード選定・外部リンク戦略などの施策」という考え方は、一番に考えるべき「ユーザーへの配慮」を置き去りにしがちです。ユーザーありきのSEO施策なので、まずはユーザーのことを第一に考えたページ制作を行いましょう。

Google Optimizeの注目したいカスタマイズ機能(ベータ版)


アナリスト 後藤

今回は、9月末に公開されたGoogle Optimizeのカスタマイズ機能(ベータ版)についてご紹介したいと思います。

今回リリースされたカスタマイズ機能は、A/Bテストを行うものではなく、特定のユーザーにコンテンツの出し分けを行うことが可能になるテストです。

例えば、こんなユーザーを指定することが可能です。

今回は直接アクセス(direct)からの流入ユーザーに出し分けを行うカスタマイズパターンを例として実際に設定してみたいと思います。

まずは、Google Optimizeにログインし、エクスペリエンスを作成します。名前と対象のページを入力した後に、カスタマイズ機能(ベータ版)を選択し、作成ボタンを押します。

エクスペリエンス

次に、ターゲット設定ルールの追加を押します。そうすると、ルールの作成が画面の右側に表示されるので「行動」のルールを選択しましょう。このルールを使用して、直接アクセスのユーザーに出し分けを行います。

ルールの作成

行動のルール設定画面が開いたら、変数の項目を選択し、ページの参照URLを選びます。今回は直接アクセスからのユーザーを指定したいので、条件を「次の正規表現に一致しない」値に「.*」と入力します。

直接アクセス設定

他の例も2つほどご紹介しておきます。

その他にもいろいろなターゲット設定が可能なので、ぜひ試してみてください。

最後に、ルールを追加からURLを選択して、対象のURLを入力します。

ターゲット設定

上記の画像のようになっていたら出し分けの配信を開始することができます。

Google OptimizeといえばA/Bテストツールというイメージが強いですが、今回紹介したようなカスタマイズ機能も増えてきました。現状では、360の有償版ユーザーでないと細かい設定は難しいですが、今後のアップデートでさらなる機能が追加され便利になってくれると、Webサイトのパーソナライズ化も簡単に設定できるようになるのではないでしょうか。

またアップデートがあればこちらでご紹介したいと思います。