Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > マーケティングBlog

マーケティングBlog

デジタルアナリティクスやデジタルマーケティングの推進に役立つ話題をご紹介します。

Google アナリティクスのデータ制限について

アナリスト 荒木

Google アナリティクスはデフォルトのままでもさまざまなデータを収集することができますが、Google タグマネージャを併用し追加設定を行うことによって基本設定だけでは収集できないデータを取得することが可能となります。

代表的な追加設定は以下の通りです。

過去は外部のJavaScriptライブラリを用いたり、何かと実装に手間のかかっていたScroll DepthやYouTube動画計測も、Google タグマネージャの組み込み変数が拡張されたことにより、変数の選択と数値などの選択のみで実装することが可能となりました。

ただし設定時に注意しなければならないことがあります。Google タグマネージャから追加を行った拡張機能によるイベントやページビューが発生するたびにヒットが増えていき、通常のアカウントよりもヒットが増加するようになります。Google アナリティクスのデータ収集上限は1アカウントにつき1カ月あたり 1,000万ヒットと規定されており、上限値を超えないようコントロールする必要があります。

参考:データ制限 - アナリティクス ヘルプ

たとえば、YouTubeの動画計測設定を行った場合、閲覧時間によって25%、50%、75%、100%の時点でイベントが発生するように設定したとすると、これだけで4回ヒットが発生します。閲覧回数が多く見込まれる動画に対して計測を行う際は、動画ひとつで月にどのくらいのヒットが発生するのかあらかじめ見積もっておくとよいでしょう。

現在のヒット数は[管理]の[プロパティ設定]、「プロパティのヒット数」より確認することが可能です。
また、カスタムレポートを作成すれば1日単位でヒット数をモニタリングできます。詳しくは当ブログのバックナンバー Google アナリティクスの「ヒット」とデータ制限、ヒット数を知るための方法 をご参照ください。

イベント設定をする際はもちろん、その他の要因も踏まえ、月間で1,000万ヒットを超えないようチェックを行いましょう。

Google タグマネージャ上におけるタグ配信の順序について

アナリスト 荒木

Google タグマネージャ(以下GTM)においてはタグの配信順序が原因でデータ計測ができないことがあります。

先日、クライアント様から「Google アナリティクス上にて12月ごろからアクセス数が減少しているので原因を調査して欲しい。」という問い合わせをいただき、確認したところ複数の主要ページでのアクセスが大幅に減少しておりました。

アクセス数の減少=SEOや広告経由からの流入数が減少したのではないかと疑いましたが、ランディングページにおいて(not set)が大幅に増加していることが原因だと分かりました。

さらに確認していくと(not set)が大幅に増加したタイミングと新たに「カスタムHTML」タグを設置したタイミングが一致したことが判明しました。つまり、複数タグが作動する際にイベントタグが先に作動してしまい、PVタグがカウントされていない状態だったというわけです。

このように、タグ配信(イベント)の順序によってデータ計測に影響を及ぼすことがありますので、大事なデータが棄損しないためにも、追加でタグ設置する際にはGTMプレビューモードにて該当タグ以外の挙動にも注意しましょう。

モバイルアプリやQRコードからのアクセスをGoogle アナリティクスで識別する方法

アナリスト 石谷

サイトに流入してきたユーザーの流入元を見たい場合はGoogle アナリティクスレポートの「集客⇒参照元/メディア」のデータを見ますが、Webへの集客をSNSで行ったり、パンフレットやはがき、商品にWebへ誘導するためのQRコードをつけたりしている方、Google アナリティクス上でSNSやQRコードからのアクセスを識別できていますか?

Google アナリティクスでは個別に設定を行わない限り、モバイルアプリやQRコードからのアクセスを区別することができません。下記に例を示します。

流入元(参照元/メディア)の識別ができる場合(一例)
  • Web版のSNSからのサイトへのアクセス(例:Web版Twitterからの流入)
流入元(参照元/メディア)の識別ができない場合(一例)
  • アプリからの流入(例:Twitterアプリからの流入)
  • QRコードからの流入

上記の参照元/メディアは全て「(direct) / (none)」として扱われてしまいます。ですので、TwitterやFacebookでWebへ誘導したり、展示会のパンフレットにQRコードを載せたりしても、そこからどのくらいサイトへ流入したのかを個別設定なしで識別することは不可能です。TwitterやFacebook、LINEからの流入が少ないと思っている方は上記が原因となっていることが考えられます。

解決策

誘導するURLにパラメータをつけることでGoogle アナリティクスが流入元を識別できるようになります。
パラメーターは下記の流れで作成することができます。(例:ブログの集客をTwitterで行う場合)

  1. Campaign URL Builder にアクセスする
  2. Website URL(誘導するサイトのURL)を記載する
    例:ミツエーリンクスマーケティングブログのURLを記載
    https://www.mitsue.co.jp/knowledge/blog/marketing/
  3. Campaign Source(参照元名)を記名する
    例:SNS(※Google アナリティクス上の参照元データとして扱われる)
  4. Campaign Medium(メディア名)を記名する(※任意)
    例:Twitter(※Google アナリティクス上のメディアデータとして扱われる)
  5. Campaign Name(キャンペーン名)を記名する(※任意)
    例:blog_20180116(※Google アナリティクス上のキャンペーンデータとして扱われる)

Campaign URL Builder:設定画面

Campaign URL Builder設定画面のスクリーンショット1

上記のように入力を行うと、画面下に自動的にURLが表示されます。
(Campaign Term 及び Campaign Contentは入力しなくてよい)
上記のURLをコピーしTwitterにはりつけて投稿を行うことで、対象のつぶやきからどのくらいサイトへ流入したのかを把握することが可能です。

自動生成されたURL

Campaign URL Builder設定画面のスクリーンショット2

QRコードの場合(例)
例:2018/1/16開催の展示会パンフレットにQRコードをつけて集客を行う場合

Campaign Source(参照元名):QR
Campaign Medium(メディア名):pamphlet
Campaign Name(キャンペーン名):exhibition_20180116
Campaign URL Builder設定画面のスクリーンショット3

上記の設定をして生成したURLをQRコード化します。
それにより、ユーザーがいつの展示会のパンフレットを見てサイトに訪れたかを計測することができます。

Google Tag Assistantのエラーメッセージについて

アナリスト 荒木

先日、2012年頃にGA/GTM設定を行ったクライアント様から「Google Tag Assistantのエラーメッセージができているけど御社が行った設定に間違いがあったのでは?」という問い合わせをいただきました。

Tag Assistantのエラーメッセージ スクリーンショット

確かに赤文字で<script>tag must not be included in a <header>とのメッセージがあります。

Tag Assistantのエラーメッセージ詳細 スクリーンショット

実はGoogleタグマネージャーのスニペットが分割されたのは2016年9月ごろからで、それ以前はbody要素の開始タグ直後へ設置が推奨されていたのです。
(参考サイト:https://ayudante.jp/column/2016-11-11/19-18/

つまり、現行では推奨していない箇所にタグが設置されているということで、エラーメッセージが表示されているというわけです。 もしこのようなエラーメッセージが表示されているという方がいらっしゃいましたら、そういうことですのでお気をつけてください。
(※全ページタグの張り替えとなると大変です。)

みなさま、本年も大変お世話になりました。また来年もよろしくお願いします。

Page Speed Insightのランキングについて

アナリスト 荒木

最近、ページ表示速度の改善を行うことがSEO要素として重要視されています。その際、Googleが提供しいているPage Speed Insightsを利用するケースが多いと思いますが、高得点を出しているサイトを見たことがありません。

そこでビックワードで上位表示しているサイトの動向が気になったので調べてみました。

キーワード【転職:1位】
エン転職:https://employment.en-japan.com/(28/100)
キーワード【転職:1位】スクリーンショット
キーワード【カードローン:1位】
イオン銀行:http://www.aeonbank.co.jp/loan/(28/100)
キーワード【カードローン:1位】スクリーンショット
キーワード【格安航空券:1位】
skyticket:https://skyticket.jp/(64/100)
キーワード【格安航空券:1位】スクリーンショット

ビックキーワードで上位表示しているサイトでもskyticketさんの64/100が最高得点でした。100点満点のサイトはあるのでしょうか。

Googleが日本語検索におけるページの評価方法をアップデート(医療や健康に関連する検索結果の改善について)

アナリスト 深堀

2017年12月6日、Googleの「ウェブマスター向け公式ブログ」にて「医療や健康に関連する検索結果の改善について」という記事が投稿されました。Googleの本アップデートにより、医療・健康に関連する検索のおよそ60%に影響を及ぼすとのことです。

具体的に検索においてどのような影響を与えるものになったのでしょうか?医療系キーワードをGoogleとBingを用いて検索し、どのような違いが表れるのか実験してみました。

Googleで「肩こり」で検索した上位表示
Googleで「肩こり」で検索した上位表示のスクリーンショット
Bingで「肩こり」で検索した上位表示
Bingで「肩こり」で検索した上位表示のスクリーンショット

以前であればGoogleもBingのように公的機関や医療団体によるものではないCGM、アフィリエイトサイト、はたまた医療系記事を大量生産する一部のメディアなどの記事が上位表示されていました。今回のアップデートによりこれらのメディアは大きく順位を落とし、逆に公共機関、製薬会社、医療機関などのサイトが上位表示されているようです。

信頼性の高い情報を上位表示しよう、という意図で行われた今回のてこ入れですが、表示結果が大きく変動したことにより医療関連の情報が不足した状態ともいえます。Googleは医療関係者に情報発信、コンテンツ作成の際に一般ユーザーの検索クエリについて、専門用語に偏りすぎないわかりやすいキーワードを使用して作成することを求めています。医療情報を発信されている専門家の方々に置かれましては、今回を機に情報発信の際、サイト内のキーワードを見直されることをおすすめいたします。

Search Console のデータと Google アナリティクスのデータが一致しない理由

アナリスト 荒木

最近、社内の方にSearch Console のデータと Google アナリティクスのデータが一致しない理由を尋ねられた時に、【Search ConsoleとGoogle アナリティクスはデータ元が違う】という回答をしたのですが、理解しにくかったようですので少し調べてみました。

一言でいうと

となります。もう少し詳しく説明すると、

などがあります。ほかにも考えられる原因はあるようですので、ご興味のあるかたは次のURLでご確認ください。
参考URL:https://support.google.com/webmasters/answer/1120006?hl=ja

この説明で、理解しやすくなったでしょうか?
毎回、痛感しますが人に説明する事は難しいですね。