Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > マーケティングBlog

マーケティングBlog

デジタルアナリティクスやデジタルマーケティングの推進に役立つ話題をご紹介します。

Search Console、所有者登録を自動で行うアップデート

アナリスト 深堀
Google Search Consoleイメージ

Google アナリティクスのユーザー管理者権限について

Google アナリティクスの権限は種類があり、閲覧だけできる権限、編集できる権限、ユーザーの追加や削除できる権限...といった風にレベル別で細かく指定ができます。さらにアカウント/プロパティ/ビューごとに権限指定できるため細やかな運用が可能となるのですが、とりあえず最上位レベルの権限を付与しておけばすべての作業において支障をきたすことなく行えるようになるため、「ユーザー管理者権限を付与されている関係者、部外者」としてのユーザーアカウントも多く存在しているかと思います。

Search Consoleにおける所有者権限の取得方法

管理しているサイトをSearch Consoleで解析する際は通常、そのサイトの所有者であることを証明するため、Search Console上で一定のプロセスを経て所有者となる必要があります。具体的には、

...等の方法で所有者権限を獲得することができます。

Search Consoleが所有者登録を自動で行うアップデートを施行

旧来上記のようなステップを経て所有者確認を行っていましたが、直近のアップデートによりGoogle アナリティクスで対象アカウントの管理者権限を所有しているユーザーであれば、所有者確認を行っていなくても自動でSearch Consoleの権限が順次付与されるようアップデートされています。

面倒な所有者確認を行わず権限付与されるのは便利ですが、一方で意図しないユーザーに権限が付与されることも考えられます。サイト管理者の方はこの機会に、Google アナリティクスやSearch Consoleなどの閲覧や編集を誰が行えるようになっているのか、棚卸ししてみてはいかがでしょうか?

参考リンク:ユーザー、所有者、権限の管理 - Search Console ヘルプ

Google データスタジオの機能紹介

アナリスト 荒木

本日はGoogle データスタジオの便利な機能をご紹介したいと思います。

Google データスタジオに設置した各グラフからGoogle アナリティクスの各画面に遷移したいと思われたことはございませんか?

データスタジオ編集画面※上記画面はGoogle が提供しているサンプルレポート及び、official merchandise storeのページレポートです

Google データスタジオにデータソースとなるGoogle アナリティクスへのリンクを追加しておくことによって、閲覧者はクリック操作のみでデータソースへアクセスすることが可能となります。設定方法は下記の通りです。

まず、編集の状態でテキストを選択します。

データスタジオ編集画面

次にGoogle アナリティクスの該当URLをコピーします。

データスタジオ編集画面

そのURLをテキスト内にペーストして選択した後、Google ダッシュボードのサイドメニューにあるアイコン「リンクを追加、削除します」をクリックします。

データスタジオ編集画面

アンカーテキストにする文字とリンク先URLを入力

データスタジオ編集画面

そうするとグラフ上(正確にはグラフの周辺エリア)からGoogle アナリティクスの該当ページにリンクさせることができます。

編集者と違い、ダッシュボードを閲覧される方にとってはダッシュボード上のグラフなどのデータ元をGoogle アナリティクス上から探すことはハードルが高い可能性があります。是非、こちらの設定を試してみてください。

Google スプレッドシート アドオン【Remove Blank Rows(and more!)】について

アナリスト 荒木

月次レポートやアクセス解析レポート作成などでGoogle スプレッドシートを使用されるWeb担当者様も多いことかと思います。

とても便利なサービスですが、データ抽出項目の増加に伴い、200万セルの制限に達し作動しなくなったり、制限を回避するために仕方なく複数ファイルに分けて対応している、という方も多いのではないでしょうか。

ちなみに私は、シート毎に不要なセルを削除していたのですが、この問題が解決される便利なアドオンがあることを知りましたのでご紹介します。

Remove Blank Rows (and more!)

Remove Blank Rows

Remove Blank Rows は、シートを新規作成した際に発生してしまう空白のセルを、クリックするだけで削除してくれるスプレッドシート用のアドオンです。

このアドオンをインストールして
アドオン > Remove Blank Rows (and more!) > Crop ending empty rows/colums > All Sheet
を選択すればデータ抽出したセル以外を全て自動で削除してくれます。

Remove Blank Rows 使用中イメージ

非常に便利なアドオンですので、是非、使ってみてください。

なぜWebサイト運用にA/Bテストが必要なのか 「Google オプティマイズ活用支援」について

アナリスト 後藤

ミツエーリンクスは2018年7月27日、新たに「Google オプティマイズ活用支援」というサービスを開始しました。そこで、今回はこちらのサービスについて詳しくご紹介したいと思います。

「Google オプティマイズ活用支援」について

Google オプティマイズを活用し、A/Bテストをはじめとしたさまざまなテストを行うことができるサービスです。A/Bテストとは、「課題があるWebページを、複数のデザイン案で比較し、どれが一番効果が高いか実際のサイト上で競わせてみるテスト」です。

Webサイトにおいて、ユーザーにコンバージョンを達成させる仕組みづくりや導線の改善は、サイト運用上の大きな課題です。あらかじめ設定した仮説は正しいかどうか?訪問者は実際にどのように行動しているのか?こうした点を定量的に評価し、常に改善し続ける必要があります。仮説に基づくサイト運営だけではなくこうしたA/Bテストを併用することで、実測値に基づいた「データ主導の意思決定」を行うことが可能になります。

なぜ、常に改善し続ける必要があるか

Webデザインにはトレンドがあり、急速に変化していきます。たとえば大規模サイトリニューアルの場合、長い制作期間をかけているうちにすでにトレンドは変化してしまっており、公開直後は効果が見られても、そのままにしておけば逆に数値が悪化してしまうようなケースもあります。

「サイトリニューアル」だけに目を向けるのではなく、その後も短期的にA/Bテストなどの継続性のある改善アプローチを続けていくことが重要です。A/Bテストなど得られたデータを元に小さな改善を行っていくことで、リニューアル時よりも良い結果を得られる場合もあります。

Google オプティマイズによるA/Bテストのイメージ

A/Bテストは、デザインの変更だけではなく、コピーライティングにも有効

また、デザインだけでなくターゲットに合わせた訴求ポイントを考慮し、ユーザーに寄り添ったコピーを使用することでコンバージョンの改善につながることもあります。たとえば、とある商品の紹介ページがあったとします。商品の値段や写真を掲載するだけでなく、作業効率が〇〇%UP!というコピーがあったほうがユーザーは具体的な数字をみることにより、商品を購入するメリットが想起しやすくなります。

具体的な訴求表現の挿入

会員登録ボタンなども、「会員登録フォームはこちら」というコピーより、「簡単1分!無料会員登録!」というコピーのほうが、ユーザーは「時間もかからずに無料で登録できる」と認識する可能性が高く、登録のハードルを下げる効果が期待できます。

会員登録ボタンのイメージ

他にも訴求ポイントには、以下のような例が考えられます。

サイト運用は継続した改善を行うことが肝要

Google オプティマイズを活用した総合的なご支援についてご興味をお持ちいただけましたら、ぜひお問い合わせください。

SSL導入を行わないことによるデメリット

アナリスト 深堀

Webサイトの常時SSL化対応はこれまで、「導入することによるメリット」にフォーカスが当たることが多かったように思いますが、昨今のブラウザ側の対応を見ていると、「導入しないことによるデメリット」が顕在化するのももう目前、といった状況になってきていると思います。

非暗号化サイトはChromeのバージョン70より、赤色で警告表示されるように

SSLを導入していない非暗号化サイトでフォーム等の情報入力をChromeのバージョン70で行った際、アドレスバー横の保護されていないことを知らせるメッセージが、今までより目立つ赤色で表示されるようになってしまいます。現在のバージョン68では色こそ変わらないものの、既に「保護されていない通信」と常に表示されるようになっており、非暗号化サイトは一刻も早くSSLを導入しておきたいところです。

Chromeにおける非暗号化ページでの最終的な表示イメージChromeにおける非暗号化ページでの最終的な表示イメージ(Google Security Blog より)

Chromeのバージョン70へのアップデートはまもなく実施されます

公式からの発表によると、Chromeがバージョン70へアップデートされるのは2018年10月の予定だそうです。まだ暗号化されていないサイトを管理されている方は、WebサイトのSSL化対応をぜひご検討ください。

関連記事

カスタマージャーニーについての考察

アナリスト 荒木

当社ではサイト構築時にクライアント様とワークショップ形式でカスタマージャーニーマップの作成を行うことがあります。その際に作成したユーザーの理想の行動(ジャーニーマップ)をGoogle アナリティクスなどのサイト内データのみで定点観測していこうとするとギャップが生じてしまうことがあります。

そもそも、カスタマージャーニーとは企業目線ではなくユーザー目線で考えるべきもので、ペルソナの作成を行い、オンライン、オフライン問わずWebサイトのゴールを明確にしてからユーザーの行動プロセスを明確化していくものになります。

人材紹介サイトの場合で考えてみましょう。

カスタマージャーニーマップのプロセスとして「認知」「興味・関心」「比較・検討」「応募(申込)」が考えられますが、人材紹介サイトを閲覧するユーザーは果たして以下の行動を順番通りにとるでしょうか。

  1. 「認知」...広告などを通じてサイトの存在を知る
  2. 「興味・関心」...サイトに訪問して自分に興味・関心のある職種・会社を探す
  3. 「比較・検討」...サイト内外にて興味のある職種・会社を比較・検討する
  4. 「応募」...求人応募する

サイト運営者としては理想とする流れではありますが、求職者側で考えると希望職種をキーワード広告や自然検索で探すことが考えられます。また、サイト運営者側としてもサイト名を認知していないターゲットに対しては募集職種や求人企業名で広告出稿をすることが多いのではないでしょうか。

そうすると、本来サイトTOPから求人詳細ページへ遷移するという流れに異変が生じ、求人詳細ページのみのアクセスが増加してしまいます。

このようにGoogle アナリティクスでデータを定点観測する場合は、カスタマージャーニーからKPIを落とし込むと有益なデータがとれなくなることがありますので、流入施策状況を加味したROIベースで考える必要があります。

Google AdWordsにGoogle アナリティクスの複数プロパティで設定している目標をインポートする方法

アナリスト 石谷

ドメインAとドメインBのサイトに広告配信をしている場合、それぞれのサイトにおける目標をAdWordsで設定しなければなりません。

AdWordsの目標をGoogle アナリティクスからインポートしている場合、ドメインAを計測しているGoogle アナリティクスプロパティとドメインBを計測している別のGoogle アナリティクスプロパティから目標をインポートする必要があります。この時、Google アナリティクスのプロパティID(UA-xxxxxx-x)がそれぞれ違う場合でも、それぞれのGoogle アナリティクスプロパティからAdWordsに目標設定をインポートすることが可能です。AdWordsにログイン・編集できるメールアドレス(xxx@gmail.com)に対し、目標をインポートしたいそれぞれのGoogle アナリティクスプロパティの編集権限を与える方法は下記の通りです。

AdWordsの編集権限を持っているアカウント(xxx@gmail.com)に対し、Google アナリティクスプロパティの編集権限を付与する手順

それぞれのGoogle アナリティクスプロパティとAdWordsアカウントを連携させる手順

上記で設定完了となります。