Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > マーケティングBlog

マーケティングBlog

デジタルアナリティクスやデジタルマーケティングの推進に役立つ話題をご紹介します。

【低品質コンテンツはどう対処する?】WordPressサイトの順位を改善するための方法

アナリスト 石谷

WordPressでは、記事投稿時に記事に関連した"カテゴリ"や"タグ"を設定することができます。上記設定により、WordPressはカテゴリページとタグページを自動で生成します。

例:SEOというカテゴリとタグを作成すると以下ページが生成されます

ユーザーは上記により、SEOに関連する記事をカテゴリページやタグページで探すことができるようになるため、非常に便利ですよね。しかし、実はここにSEO上の大きな落とし穴があります。

問題と例

Googleは低品質コンテンツを複数所有するサイトの評価を下げます。
⇒上記はユーザーにとって価値を示さない何の役にも立たないページ及びサイトは評価を下げる対象にするというGoogleの方針です。

では、WordPress上で、SEOに関連する記事Aを作成し、カテゴリとして「SEO」カテゴリを作成したとした時にGoogleの検索エンジンはどのような認識をするのでしょうか。「SEO」というカテゴリをWordPress上で作成した際、WordPressは「example.com/seo/」というページを自動で生成します。ユーザーがSEOの記事Aに価値を感じ、SEO関連の記事をもっと見たいと思った場合、記事A内の「SEO」と書かれたパンくずリスト、グロナビ等をクリックするでしょう。その時ユーザーは初めてSEOカテゴリページ(example.com/tag/seo/)に遷移します。しかし、遷移した結果、SEOに関する記事がA以外になかったとしたらどうでしょうか。

上記カテゴリページはユーザーの役には立つのでしょうか。恐らくユーザーの期待に応えられないでしょう。このようなユーザーの役に立たないコンテンツはGoogleの検索エンジンには"低品質なコンテンツ"であると判断され、サイト全体の評価を下げてしまう可能性があります。

上記はカテゴリページについて述べておりますが、タグページでも同様です。では、いったいこのような低品質なページはどのように対処すべきでしょうか。

改善策として、「恒久的に実施すべき改善策」と「すぐに対処できる改善策」、「対処に時間はかかるがSEO上効果的な改善策」をご用意いたしました。

恒久的に実施すべき改善策

すぐにできる改善策

対処に時間はかかるがSEO上効果的な改善策

ユーザーの役に立たないページはユーザーの役に立つように改修すればよいのです。WordPressではカテゴリページとタグページは自動で生成されますので、カテゴリページやタグページを作らないという選択肢はありません。また、上述した通り、全てのカテゴリページをnoindex設定にしてしまうと機会損失につながる場合があります。
※タグページに関してはページ改修ができないので、個人的にはnoindex設定をすればよいかと思います。WordPressのテーマによってはタグページだけでなく、カテゴリページも改修ができない場合がありますが、本記事では、カテゴリページは改修可能で、タグページは改修不可であるとします。

まとめ

現状、検索エンジン経由の流入を増やすにはユーザーに対し親切なコンテンツを作ってあげることにつきます。「SEO施策=文字量・キーワード選定・外部リンク戦略などの施策」という考え方は、一番に考えるべき「ユーザーへの配慮」を置き去りにしがちです。ユーザーありきのSEO施策なので、まずはユーザーのことを第一に考えたページ制作を行いましょう。

Google Optimizeの注目したいカスタマイズ機能(ベータ版)

アナリスト 後藤

今回は、9月末に公開されたGoogle Optimizeのカスタマイズ機能(ベータ版)についてご紹介したいと思います。

今回リリースされたカスタマイズ機能は、A/Bテストを行うものではなく、特定のユーザーにコンテンツの出し分けを行うことが可能になるテストです。

例えば、こんなユーザーを指定することが可能です。

今回は直接アクセス(direct)からの流入ユーザーに出し分けを行うカスタマイズパターンを例として実際に設定してみたいと思います。

まずは、Google Optimizeにログインし、エクスペリエンスを作成します。名前と対象のページを入力した後に、カスタマイズ機能(ベータ版)を選択し、作成ボタンを押します。

エクスペリエンス

次に、ターゲット設定ルールの追加を押します。そうすると、ルールの作成が画面の右側に表示されるので「行動」のルールを選択しましょう。このルールを使用して、直接アクセスのユーザーに出し分けを行います。

ルールの作成

行動のルール設定画面が開いたら、変数の項目を選択し、ページの参照URLを選びます。今回は直接アクセスからのユーザーを指定したいので、条件を「次の正規表現に一致しない」値に「.*」と入力します。

直接アクセス設定

他の例も2つほどご紹介しておきます。

その他にもいろいろなターゲット設定が可能なので、ぜひ試してみてください。

最後に、ルールを追加からURLを選択して、対象のURLを入力します。

ターゲット設定

上記の画像のようになっていたら出し分けの配信を開始することができます。

Google OptimizeといえばA/Bテストツールというイメージが強いですが、今回紹介したようなカスタマイズ機能も増えてきました。現状では、360の有償版ユーザーでないと細かい設定は難しいですが、今後のアップデートでさらなる機能が追加され便利になってくれると、Webサイトのパーソナライズ化も簡単に設定できるようになるのではないでしょうか。

またアップデートがあればこちらでご紹介したいと思います。

Google タグマネージャ(GTM)導入のすすめ

アナリスト 深堀

弊社は解析環境支援の際、初期導入では特殊な事情がある場合を除き、Google タグマネージャ(以下GTM)+Google アナリティクス(以下GA)という組み合わせて解析環境をご提案しています。ですが導入するユーザーの方から「GTMを使うメリットがよくわからない」とご質問をいただくことがあります。ケースによって回答も異なってくるのですが、いろいろメリットがあります。

タグの一元管理ができます

サイトに埋め込まれている計測タグやビーコン、広告タグなどは、熱心に運用されているサイトであればあるほど、また年月がたっているほど増え、その管理はさぞ煩雑になっていることでしょう。サイトの更新や細かい改修、コンテンツの追加などをされた際、「計測タグが入ってない!」「コンバージョンタグが消えてる!」「計測対象でないページに不適切なタグが張ってあることに後から気づいた」といったトラブルや経験はないでしょうか?

GTMは計測タグ、広告タグにあわせて「一定期間しか使わないタグ」の配信にも向いています。これらのタグを別々にハードコーディングしたり、SSIで管理するのは大変だと思います。もしそのような苦労をされているのであれば、計測環境の更新や、サイトのリニューアルなどを行う際に、GTM+GAでタグまわりの管理を一本化すれば、運用がぐっと楽になります。

実際に計測用のタグを埋め込まなくても、プレビューモードで実験ができます

「特定の個所のクリック計測を行いたい」といったケースがあったとして、GTMがない状態でまず動作検証を行いたければテストページなどを別途用意してそこから実際にヒットを飛ばしてみるか、いきなり本番公開するしかありません。ですが、GTMを経由していればGTMがもつデバッグ機能「プレビューモード」を使用して、テストページを作ることなく、実際のページや計測環境に影響を与えることなく、公開前に検証を行えます。

お客様が利用されるサイト上で不具合があってはいけないので、本番でいきなり配信してしまうのは避けたいところです。かといっていちいちテスト環境を構築するのは時間も手間もかかります。GTMを使っていれば、これらの問題も解決です。

タグの配信条件の変更や取り下げが簡単です

GTMから配信される「タグ」は「トリガー」と呼ばれるもので条件付けされています。指定方法の例を挙げますと

といったように細かくタグが発動する条件を調整することができます。
期間限定で稼働させたい広告のコンバージョンタグがあった場合、役目を終えたタイミングで上記の設定を一部修正するだけで、タグの発動を抑制、停止することが可能です。

制作に携わる方や運用に明るい方だと「SSIでも同じことができるのでは?」と想像されるかもしれませんが、SSIはそのタグの影響範囲がどのくらいに及ぶのかが視認化されておらず、たとえば削除したりコメントアウトをするにも、Grepなどの作業が伴ってしまうのではないでしょうか。さらに配信範囲を拡張したり、縮小する場合はやはりサイト側の改修作業が必ず発生するところも大きな違いです。GTMであればトリガーを見れば一目瞭然ですので、その手間もかかりません。

サイトを直接編集することなく、タグ配信が行えます

さきほど紹介したメリットと一部重複しますが、サイト上でHTML編集を行わなくても、広告タグを新規に配信したり取り下げたり、状態を変更することが可能です。マークアップを行わなくてもよいわけですから、言い方を変えるとサイト編集の知識がほとんどなくても、これらの作業が行える、ということになります。

インハウスで広告運用を行われているご担当者様等は、コンバージョンタグを配信したいと思った場合、わざわざ業者に委託したり、社内の制作ご担当者様に話を通し、実装指示を送り、フィードバックを得てはじめて公開できる...といったプロセスを踏まれていたかと思います。GTMがあればこれらを依頼する必要もなくなり、手元の管理画面で広告タグを制御することが可能となるのです。

デメリットがあるとすれば、GTMを扱うのに一定の理解が必要なため、こちらを扱うための学習コストがかかることが挙げられるかもしれませんが、扱えるようになればその後の作業コストなどを圧縮できることでしょう。

特別な理由がない限りは、GAを導入されるユーザー様にはGTMもセットで導入することをおすすめしています。GTMを活用した支援にご興味をお持ちの方は、ぜひ下記よりお問い合わせいただければと思います。

Google タグマネージャ活用支援

Search Console、所有者登録を自動で行うアップデート

アナリスト 深堀
Google Search Consoleイメージ

Google アナリティクスのユーザー管理者権限について

Google アナリティクスの権限は種類があり、閲覧だけできる権限、編集できる権限、ユーザーの追加や削除できる権限...といった風にレベル別で細かく指定ができます。さらにアカウント/プロパティ/ビューごとに権限指定できるため細やかな運用が可能となるのですが、とりあえず最上位レベルの権限を付与しておけばすべての作業において支障をきたすことなく行えるようになるため、「ユーザー管理者権限を付与されている関係者、部外者」としてのユーザーアカウントも多く存在しているかと思います。

Search Consoleにおける所有者権限の取得方法

管理しているサイトをSearch Consoleで解析する際は通常、そのサイトの所有者であることを証明するため、Search Console上で一定のプロセスを経て所有者となる必要があります。具体的には、

...等の方法で所有者権限を獲得することができます。

Search Consoleが所有者登録を自動で行うアップデートを施行

旧来上記のようなステップを経て所有者確認を行っていましたが、直近のアップデートによりGoogle アナリティクスで対象アカウントの管理者権限を所有しているユーザーであれば、所有者確認を行っていなくても自動でSearch Consoleの権限が順次付与されるようアップデートされています。

面倒な所有者確認を行わず権限付与されるのは便利ですが、一方で意図しないユーザーに権限が付与されることも考えられます。サイト管理者の方はこの機会に、Google アナリティクスやSearch Consoleなどの閲覧や編集を誰が行えるようになっているのか、棚卸ししてみてはいかがでしょうか?

参考リンク:ユーザー、所有者、権限の管理 - Search Console ヘルプ

Google データスタジオの機能紹介

アナリスト 荒木

本日はGoogle データスタジオの便利な機能をご紹介したいと思います。

Google データスタジオに設置した各グラフからGoogle アナリティクスの各画面に遷移したいと思われたことはございませんか?

データスタジオ編集画面※上記画面はGoogle が提供しているサンプルレポート及び、official merchandise storeのページレポートです

Google データスタジオにデータソースとなるGoogle アナリティクスへのリンクを追加しておくことによって、閲覧者はクリック操作のみでデータソースへアクセスすることが可能となります。設定方法は下記の通りです。

まず、編集の状態でテキストを選択します。

データスタジオ編集画面

次にGoogle アナリティクスの該当URLをコピーします。

データスタジオ編集画面

そのURLをテキスト内にペーストして選択した後、Google ダッシュボードのサイドメニューにあるアイコン「リンクを追加、削除します」をクリックします。

データスタジオ編集画面

アンカーテキストにする文字とリンク先URLを入力

データスタジオ編集画面

そうするとグラフ上(正確にはグラフの周辺エリア)からGoogle アナリティクスの該当ページにリンクさせることができます。

編集者と違い、ダッシュボードを閲覧される方にとってはダッシュボード上のグラフなどのデータ元をGoogle アナリティクス上から探すことはハードルが高い可能性があります。是非、こちらの設定を試してみてください。

Google スプレッドシート アドオン【Remove Blank Rows(and more!)】について

アナリスト 荒木

月次レポートやアクセス解析レポート作成などでGoogle スプレッドシートを使用されるWeb担当者様も多いことかと思います。

とても便利なサービスですが、データ抽出項目の増加に伴い、200万セルの制限に達し作動しなくなったり、制限を回避するために仕方なく複数ファイルに分けて対応している、という方も多いのではないでしょうか。

ちなみに私は、シート毎に不要なセルを削除していたのですが、この問題が解決される便利なアドオンがあることを知りましたのでご紹介します。

Remove Blank Rows (and more!)

Remove Blank Rows

Remove Blank Rows は、シートを新規作成した際に発生してしまう空白のセルを、クリックするだけで削除してくれるスプレッドシート用のアドオンです。

このアドオンをインストールして
アドオン > Remove Blank Rows (and more!) > Crop ending empty rows/colums > All Sheet
を選択すればデータ抽出したセル以外を全て自動で削除してくれます。

Remove Blank Rows 使用中イメージ

非常に便利なアドオンですので、是非、使ってみてください。

なぜWebサイト運用にA/Bテストが必要なのか 「Google オプティマイズ活用支援」について

アナリスト 後藤

ミツエーリンクスは2018年7月27日、新たに「Google オプティマイズ活用支援」というサービスを開始しました。そこで、今回はこちらのサービスについて詳しくご紹介したいと思います。

「Google オプティマイズ活用支援」について

Google オプティマイズを活用し、A/Bテストをはじめとしたさまざまなテストを行うことができるサービスです。A/Bテストとは、「課題があるWebページを、複数のデザイン案で比較し、どれが一番効果が高いか実際のサイト上で競わせてみるテスト」です。

Webサイトにおいて、ユーザーにコンバージョンを達成させる仕組みづくりや導線の改善は、サイト運用上の大きな課題です。あらかじめ設定した仮説は正しいかどうか?訪問者は実際にどのように行動しているのか?こうした点を定量的に評価し、常に改善し続ける必要があります。仮説に基づくサイト運営だけではなくこうしたA/Bテストを併用することで、実測値に基づいた「データ主導の意思決定」を行うことが可能になります。

なぜ、常に改善し続ける必要があるか

Webデザインにはトレンドがあり、急速に変化していきます。たとえば大規模サイトリニューアルの場合、長い制作期間をかけているうちにすでにトレンドは変化してしまっており、公開直後は効果が見られても、そのままにしておけば逆に数値が悪化してしまうようなケースもあります。

「サイトリニューアル」だけに目を向けるのではなく、その後も短期的にA/Bテストなどの継続性のある改善アプローチを続けていくことが重要です。A/Bテストなど得られたデータを元に小さな改善を行っていくことで、リニューアル時よりも良い結果を得られる場合もあります。

Google オプティマイズによるA/Bテストのイメージ

A/Bテストは、デザインの変更だけではなく、コピーライティングにも有効

また、デザインだけでなくターゲットに合わせた訴求ポイントを考慮し、ユーザーに寄り添ったコピーを使用することでコンバージョンの改善につながることもあります。たとえば、とある商品の紹介ページがあったとします。商品の値段や写真を掲載するだけでなく、作業効率が〇〇%UP!というコピーがあったほうがユーザーは具体的な数字をみることにより、商品を購入するメリットが想起しやすくなります。

具体的な訴求表現の挿入

会員登録ボタンなども、「会員登録フォームはこちら」というコピーより、「簡単1分!無料会員登録!」というコピーのほうが、ユーザーは「時間もかからずに無料で登録できる」と認識する可能性が高く、登録のハードルを下げる効果が期待できます。

会員登録ボタンのイメージ

他にも訴求ポイントには、以下のような例が考えられます。

サイト運用は継続した改善を行うことが肝要

Google オプティマイズを活用した総合的なご支援についてご興味をお持ちいただけましたら、ぜひお問い合わせください。