Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > Web品質Blog > 2019年1月 > Firefox 65.0がリリース

Firefox 65.0がリリース


取締役 木達

検品に用いている主要ブラウザのアップデートについてお知らせします。

デスクトップ版Firefoxのバージョン65.0がリリースされました(リリースノート:Firefox 65.0, See All New Features, Updates and Fixes)。

本バージョンでも数々の機能追加、バグ修正が含まれていますが、個人的にはWebP形式の画像がサポートされた点が大きいと感じています。WebP(ウェッピー)はGoogleの開発した画像フォーマットで、同程度の画質において多くの場合、JPEGやPNG形式より小さなファイルサイズの画像を作ることができます。

IEはさておき、デスクトップおよびモバイルのSafariがWebPをサポートすれば、いよいよ案件での採用も進むと思うのですが(Can I use...でのWebPサポート状況参照)、いつ頃になるでしょうか。Appleは2016年にWebPを試験的にサポートした時期がありましたが、その後撤回されています。

上記の点を含め開発者向けにはFirefox 65 for developers | MDN、それにFirefox 65 サイト互換性情報が参考になるでしょう。

次のメジャーバージョンアップ、Firefox 66のリリースは、Firefox Release Calendar - MozillaWikiによると3月19日の予定のようです。