Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > Web品質Blog

検品業務の紹介や、Web環境の変化に関する情報(ブラウザのアップデートなど)を中心に、Webコンテンツの品質についての話題を提供します。

Chrome 75.0.3770.90がリリース


取締役 木達

検品に用いている主要ブラウザのアップデートについてお知らせします。

デスクトップ版Chromeのバージョン75.0.3770.90がリリースされました(リリースノート:Chrome Releases: Stable Channel Update for Desktop)。

このアップデートには1件のセキュリティ(深刻度:高)の修正が含まれています。

Firefox 67.0.2がリリース


取締役 木達

検品に用いている主要ブラウザのアップデートについてお知らせします。

デスクトップ版Firefoxのバージョン67.0.2がリリースされました(リリースノート:Firefox 67.0.2, See All New Features, Updates and Fixes)。

コンソールにおけるJavaScriptエラーや、macOS 10.15で発生していたクラッシュなど、複数のバグに対する修正が含まれています。

Firefox 67.0.1がリリース


取締役 木達

検品に用いている主要ブラウザのアップデートについてお知らせします。

デスクトップ版Firefoxのバージョン67.0.1がリリースされました(リリースノート:Firefox 67.0.1, See All New Features, Updates and Fixes)。

プライバシー保護に関する機能の強化が主な変更点で、Enhanced Tracking Protection(ETP)により、新規ユーザーにはデフォルトでより強力なプライバシー保護が有効化されました。また、改良された以下の各製品/サービスとの連携も強化されています。

Facebook Container
Facebookの利用を他のWebサイトから隔離し、またFacebook外でのアクセス履歴に対するFacebookからの追跡を制限するアドオン
Firefox Lockwise
iOS/Androidに対応したパスワード管理ツールとそのデスクトップ向けアドオン
Firefox Monitor
個人データの漏洩の有無を確認できるサービス
Firefox Send
簡単にファイルを暗号化し共有できるサービス

Google Chrome 75が安定版に


取締役 木達

検品に用いている主要ブラウザのアップデートについてお知らせします。

Google Chrome 75が安定版になり、デスクトップ版Chromeでバージョン75.0.3770.80がリリースされました(リリースノート:Chrome Releases: Stable Channel Update for Desktop)。

このアップデートには数多くの修正(セキュリティに関する修正については42件)と改良が含まれています。新たに追加された機能についてはNew in Chrome 75に要点がまとめられています。また、DevToolsの変更点はWhat's New In DevTools (Chrome 75)にまとめられています。

主な変更点として取り上げられているなかでは、canvas要素の表示におけるレイテンシの削減、Web Share APIのサポートが個人的には要注目と思いました。後者については、先行してAndroid版のChromeがサポートした際にフロントエンドBlogの記事「Web Share APIでユーザーの様々なシェア方法を可能にする」で紹介していますので、ぜひご覧ください。

Firefox 67.0がリリース


取締役 木達

デスクトップ版Firefoxのバージョン67.0がリリースされました(リリースノート:Firefox 67.0, See All New Features, Updates and Fixes)。先だって発生した、中間証明書の期限切れに伴い拡張などが利用できなくなった事案への対応が影響し、当初の予定から1週間遅れてのリリースです。

リリースノートで筆頭に挙げられている変更点が、パフォーマンスの改善。高速化の具体的な理由、背景についてはLatest Firefox Release is Faster than Ever - The Mozilla Blogにまとめられています。

ほかにも数々の機能追加、バグ修正が含まれていますが、プライバシー保護が強化されているのも本バージョンの特長。フィンガープリンティングと仮想通貨発掘プログラムに対するプロテクションが追加、デフォルトで無効化されたほか、プライベートブラウジング機能が充実しました。また個人的に注目したのが、prefers-color-schemeメディア特性のサポートです。Chromeもサポートしつつあり、実際Canary版のChrome 76ではサポート済みですが、安定版としてはChromeに先行する形でサポートがなされました。

上記の点を含め、開発者向けにはFirefox 67 for developers - Mozilla | MDN、それにFirefox 67 サイト互換性情報が参考になるでしょう。

次のメジャーバージョンアップ、Firefox 68のリリースは、Firefox Release Calendar - MozillaWikiによると7月9日の予定のようです。