Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > Web品質Blog

Web品質Blog

検品業務の紹介や、Web環境の変化に関する情報(ブラウザのアップデートなど)を中心に、Webコンテンツの品質についての話題を提供します。

Chrome 64.0.3282.186がリリース

取締役 木達

検品に用いている主要ブラウザのアップデートについてお知らせします。

デスクトップ版Chromeのバージョン64.0.3282.186がリリースされました(リリースノート:Chrome Releases: Stable Channel Update for Desktop)。

このアップデートにはバグの修正が含まれています。

iOS 11.2.6とmacOS High Sierra 10.13.3追加アップデート

取締役 木達

検品に用いている主要OSのアップデートについてお知らせします。

特定の文字列を使用するとAppがクラッシュする問題を修正した、iOS 11.2.6がリリースされました。このバージョンアップでは、ほかに一部の他社製のAppが外部アクセサリに接続できない問題を修正した、とのことです。

同様に、特定の文字列を使用するとアプリケーションがクラッシュする問題に対応するため、macOS High Sierra 10.13.3追加アップデートがリリースされています。適用には再起動が必要ですが、適用後のmacOSのバージョンには変化ありません(10.13.3のまま)。

Chrome 64.0.3282.167がリリース

取締役 木達

検品に用いている主要ブラウザのアップデートについてお知らせします。

デスクトップ版Chromeのバージョン64.0.3282.167が、MacとLinux向けにリリースされました(リリースノート:Chrome Releases: Stable Channel Update for Desktop)。Windows向けには64.0.3282.167/168が、向こう数日ないし数週間のうちにリリースされる見通しとのことです。

このアップデートには1件のセキュリティの修正が含まれています。明らかになったバグの詳細については、ユーザーの多くがアップデートを適用するまでアクセスを制限するかもしれない、とされています。アクセス制限については、他のプロジェクトの依存するサードパーティ製ライブラリに当該バグが存在し、かつ未対応かもしれない可能性に言及されています。

Firefox 58.0.2がリリース

取締役 木達

検品に用いている主要ブラウザのアップデートについてお知らせします。

デスクトップ版Firefoxのバージョン58.0.2がリリースされました(リリースノート:Firefox -- Notes (58.0.2) -- Mozilla)。

macOS環境におけるアップデート時の署名検証に関する問題の回避、印刷時のタブのクラッシュの解消など、4点の修正が含まれています。

Windows 10とWindows 7の利用率

取締役 木達

Statcounterの調べによると、インターネットへのアクセスに用いられるデスクトップ向けWindowsで先月、Windows 10の利用率がWindows 7を初めて追い抜いたとのこと。同社の調査において、同様の逆転は既に北アメリカやイギリスで起きていましたが、全世界を対象とした集計では初めてだそうです。

StatcounterのCEO、Aodhan Cullen氏はプレスリリースのなかで、Windows 7がビジネスにおいて根強く支持されている点に言及していますが、果たして日本ではどのような状況でしょうか? Statcounterのサイトで、集計対象を日本に限定して確認したところ、ちょうど一年前の2017年1月、Windows 10の利用率がWindows 7を追い抜いていたことがわかります。今年1月の時点ではWindows 10が50.45%と過半数に到達したいっぽう、Windows 7の利用率は36.39%ありました。

Windowsのサポートライフサイクル日程によれば、Windows 7の延長サポートが終了するのは2020年1月14日。日本国内でも全世界でも、引き続きWindows 7の利用率は下がる一方でしょうが、しかし延長サポートが提供されている間は、急速な下落は期待しにくいかもしれません。

どのような閲覧環境からのアクセスが多いかは、Webサイトごとに異なりますから、Statcounterの調査結果を鵜呑みにすることなく、Google アナリティクスなどを用いたアクセス解析を通じて、ご自身の携わっているWebサイト固有の傾向を把握されることをお勧めします。その結果次第で、仮にInternet Explorer 11をサポートされているのであれば、いつまでそれを維持すべきかと言ったサイト固有の方針、品質基準が見えてくるはずです。