Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > Web品質Blog > 2020年1月 > TLSのバージョンに要注意

TLSのバージョンに要注意


取締役 木達

古いバージョン1.0や1.1のTLS(Transport Layer Security、セキュアな通信に使われるプロトコル)を用いているWebサイトが、近く主要なブラウザで表示不能となります。これは以前から各ブラウザベンダーより予告されていたことで、またTLS 1.0/1.1をいまだに使用しているサイトは少数派との報道もありますが、サポート終了の時期が迫ってきたため、改めて当Blogでもご紹介します。

Google Chrome
3月17日(米国時間)にリリース予定のChrome 81でサポート終了(Google Online Security Blog: Modernizing Transport Security参照)
Mozilla Firefox
3月10日(米国時間)にリリース予定のFirefox 74でサポート終了(Removing Old Versions of TLS | Mozilla Security Blog参照)
Apple Safari
2020年3月のサポート終了を予告済み(Deprecation of Legacy TLS 1.0 and 1.1 Versions | WebKit参照)、2019年9月リリースのTechnology Preview 91で既にサポートを終了(Release Notes for Safari Technology Preview 91 | WebKit参照)
Microsoft Edge / Internet Explorer 11
2020年第一四半期中のサポート終了を予告済み(Modernizing TLS connections in Microsoft Edge and Internet Explorer 11 - Microsoft Edge Blog参照)

使用しているTLSのバージョンは、Webブラウザに付属のツールで簡単に確認することができます。

ChromeのDevToolsでSecurityのパネルを開きTLSのバージョンを確認
Firefoxの開発ツールでネットワークのパネルを開き、リクエストごとの詳細にある暗号化タブからTLSのバージョンを確認