Web Vitals

取締役 木達

Google Chrome 84が安定版にのなかで、搭載のLighthouseがついにバージョン6.0.0となり、表示パフォーマンスに関しLargest Contentful Paint(LCP)とCumulative Layout Shift(CLS)という2つの新たな指標を用いた計測が行われるようになった件を紹介しました。

LCP、CLSにFirst Input Delay(FID)を加えた3つは目下、Googleが「Core Web Vitals」と呼ぶところの、ユーザー体験の良し悪しを判断するうえで重要な指標とされています(Google Developers Japan: Web Vitals の概要: サイトの健全性を示す重要指標参照)。それらの値を手軽に知ることのできるChrome用の拡張機能が、Web Vitalsです。

Webページを表示するたび3種の値を計測するほか、すべての値が合格ラインに達しているかどうかを分かりやすく色(緑色:合格、赤色:1つ以上の指標で未達、灰色:無効)で示します。Core Web Vitalsの各数値を、Webページ上にオーバーレイ表示させることもできます。