Firefox 83.0がリリース

取締役 木達

デスクトップ版Firefoxのバージョン83.0がリリースされました(リリースノート:Firefox 83.0, See All New Features, Updates and Fixes)。

リリースノート冒頭で紹介されているのが、JavaScriptエンジンであるSpiderMonkeyのアップデートに伴うパフォーマンスの向上です。ページの読み込みが最大15%、応答性が最大12%、メモリ使用量が最大8%改善されたとのこと。

また、本バージョンではHTTPS-Onlyモードが導入されています。同モードを有効にした場合、すべてのWebサイトに対し完全にセキュアな接続の確立を試みます。また、セキュアな接続をサポートしていないWebサイトに接続しようとすると、ユーザーに許可を求めます。詳細は、Firefox 83 introduces HTTPS-Only Mode - Mozilla Security Blogをご覧ください。

個人的に地味に嬉しかったのが、ピンチズームのサポート。Windowsを搭載したタッチスクリーンデバイスやMacのタッチパッドで、ピンチズームによるWebページの拡大・縮小が可能になりました。

ほかにも数々の機能追加、バグ修正、セキュリティ修正(全21件、うち重要度高:4件)が含まれています。また開発者向けには、Firefox 83 for developers - Mozilla | MDNFirefox 83 is upon us - Mozilla Hacks - the Web developer blogが参考になるでしょう。

次のメジャーバージョンアップ、Firefox 84のリリースは、Firefox Release Calendar - MozillaWikiによると2020年12月15日の予定のようです。