Smart Communication Design Company
ホーム > セミナー > CSUN 2017 参加報告セミナー

2017年のWebアクセシビリティ動向を占うCSUN 2017 参加報告セミナー

広く「CSUN(シーサン)」の通称で知られる、アクセシビリティに関する国際カンファレンスは今年、通算で32回目を迎えましたが、名称を以前の「International Technology and Persons with Disabilities Conference」から「CSUN Assistive Technology Conference」に変更。米国San Diegoで、2月27日から3月4日にかけて開催されました。

同カンファレンスに参加した当社取締役社長の木達と、株式会社インフォアクシアの植木氏、サイボウズ株式会社の小林氏、株式会社コンセントの秋山氏の4人が、会場で見聞きした中から特に興味深かったものを紹介しつつ、2017年のWebアクセシビリティ動向を共有する機会として、本セミナーを企画・開催します。

受講料 無料(事前申し込み制)
セミナー日時 2017年4月21日(金)15:00~17:00(受付開始14:30より)
※ 申し込み締切はセミナー当日12:00までとなります参加申し込み
講師
  • 株式会社ミツエーリンクス
    取締役社長(CTO)
    木達 一仁
  • 株式会社インフォアクシア
    代表取締役社長
    植木 真 氏
  • サイボウズ株式会社
    グローバル開発本部 東京第2開発部
    小林 大輔 氏
  • 株式会社コンセント
    アクセシビリティエンジニア
    秋山 豊志 氏
場所 株式会社ミツエーリンクス
本社 セミナールーム
会場までの地図
対象となるお客様
  • Webアクセシビリティの最新情報に興味のある方
  • デザイナーやエンジニア、開発者としてWebサイトの構築や運用に関わっている方
  • 海外におけるアクセシビリティ関連の動向に興味のある方
定員 60名様

セミナー講師からのメッセージ

株式会社ミツエーリンクス
取締役社長(CTO)
木達 一仁

講演を行った昨年とは異なり、今年は純粋にいち参加者としてリラックスして臨むことのできたCSUNカンファレンス。W3C/WAIに、新たにAccessibility Guidelines Working Groupが組織された2017年、Webアクセシビリティ関連の標準化がどのように進むのか……といった辺りを中心に、W3C/WAIの最新動向を皆さんと共有できればと思います。

株式会社インフォアクシア
代表取締役社長
植木 真 氏

CSUNカンファレンスへの参加は、今年で13年連続13回目となりました。今年はセッションにも登壇し、通算では5回目、そして自分一人で単独でのセッションは10年ぶりに2回目となる登壇でした。タイトルは「Designing Accessible Web Content for Older Users」。このセミナーでは、当日と同じ英語のスライドを使って、そのセッションの内容を日本語でシェアします。

サイボウズ株式会社
グローバル開発本部 東京第2開発部
小林 大輔 氏

CSUNカンファレンスの参加は今回が初めてです。弊社で開発中のWebサービスをアクセシブルにしていくにあたって、海外の最新状況や手法を調査する目的で参加しました。カンファレンスで発表されていた内容はもとより、障害者に対する配慮など、会場の雰囲気なども共有できればと思います。

株式会社コンセント
アクセシビリティエンジニア
秋山 豊志 氏

CSUNカンファレンスへの参加は初めてとなります。Webアクセシビリティの最新動向を知りたくカンファレンスへと参加しました。主に「法律」や「導入事例」などをキーワードに受講セッションを選びましたが、カンファレンス常連の方々とは異なるフレッシュな視点での情報共有ができればと思います。

セミナーアジェンダ

  1. ご挨拶
  2. CSUNとは
  3. 木達の参加したセッション紹介
  4. 植木氏の講演「Designing Accessible Web Content for Older Users」の紹介
  5. CSUN参加者によるフリートーク
    • 注目したセッション、キーワード、業界動向
    • 初めて参加した立場からの感想
  6. まとめ(2017年のWebアクセシビリティ動向)
  7. 質疑応答

上記アジェンダの内容は、予告なく変更する場合があります。ご了承ください。

セミナー背景

長年にわたり春先に米国西海岸で開催されてきた、アクセシビリティに関するものとしては世界最大級のカンファレンス、それがCSUN(シーサン)カンファレンス。CSUNとは、主催であるカリフォルニア州立大学ノースリッジ校(California State University, Northridge)の略称です。

今年で通算32回目を迎えた同カンファレンスは、昨年までの「International Technology and Persons with Disabilities Conference」から「CSUN Assistive Technology Conference」に名前を変更し、San DiegoにあるManchester Grand Hyatt Hotelを会場に、2月27日から3月4日にかけて開催されました。

例年通り、CSUNカンファレンスでは、Webアクセシビリティに関する講演が多数行われたほか、Webに限らず広くアクセシビリティに関する最新の製品やサービスが展示されました。そして昨年、共同で講演を行った当社取締役社長の木達と株式会社インフォアクシアの植木氏に加え、今年はサイボウズ株式会社の小林氏、株式会社コンセントの秋山氏も同カンファレンスに参加されました。

現地で興味深い講演や展示の数々を見聞きした4人が、特に興味深かったものを紹介しつつ、2017年のWebアクセシビリティ動向を占い、参加者の皆さんと共有する場として、本セミナーを企画・開催します。なお植木氏については、ご自身の講演「Designing Accessible Web Content for Older Users」の内容を日本語で紹介していただきます。

ご多忙中とは存じますが、皆様のご参加を心よりお待ちしております。

お問い合わせ窓口

個別相談会、セミナーに関するご質問などは、下記までお問い合わせください。

03-5937-2891
受付時間:平日10:00〜16:00
セミナー開催レポート