擬似クラスとは、文書の持つ木構造からは取得できない性質に対してスタイルを適用するための仕組みのことです。適用対象が未訪問のリンクの場合は:link、訪問済みのリンクは:visited、ユーザーが選択中の場合の要素の場合は:active、マウスが上に乗っかっている状態の要素の場合には:hoverを使います。選択中のフォームに適用させる場合には:focus、特定の言語コードが指定されている箇所については:langを用います。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報