擬似要素とは、文書の持つ木構造には無い内容をユーザーエージェントに描画させるための仕組みのことです。擬似要素には、段落を示すブロックレベル要素の1行目を指定する:first-line、ブロックレベル要素の先頭の1文字目を指定する:first-letter、またcontentプロパティと併用し、ある要素の直前または直後に追加される内容を指定する:beforeおよび:afterがあります。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報