speak-numeralとは、HTML文書の内容を音声で出力する際、数字のみからなる文字列の読み上げ方法を指定するためのプロパティです。初期値はcontinuousであり、連続した数字は一つの数値として認識され、読み上げられます。これに対し、値にdigitsを指定すると、個々の数字は別々に読み上げられます。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報