volumeとは、HTML文書の内容を音声で出力する際、音量を相対的に指定するためのプロパティです。聞き取ることのできる最小の音量から最大の音量までを、0から100までの数値で指定します。また、%単位を利用すると相対的に音量を増減できます。キーワードとしてsilent、x-soft、soft、medium、loud、x-loudが利用できます。silentを指定すると、音は出なくなります。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報