「ユーザーを知る」(Know Thy User.)というのは、ユーザビリティのスペシャリストであれば誰もが理解している概念であり、「観客を理解し、観客の求めているデザインを作る」ということをあらわします。ユーザーに対して憶測を立てることは大変危険なことで、実際にユーザーに会い、ユーザーに関するデータを収集し、ユーザーテストをおこなうことが非常に大切です。それによって、ユーザーの独自性、目的、要求事項といったことを初めて理解することができるのです。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報