ブランド・アイデンティティとは、顧客がブランド要素に接触したとき、企業として顧客が何を思い起こしてほしいのか、どういうブランドと思ってほしいのか、というその内容のことです。言い換えれば企業が、顧客の頭や心の中に何を築きたいのか、顧客とどんな約束・契約をしたいのか、ということです。ブランド・イメージはブランド構築を図った結果、顧客がどう思っているのかという成果、結果を示すものですが、ブランド・アイデンティティはブランド構築の出発点であり、その策定がブランド構築の過程でもっとも重要です。この策定は企業自身が、特に企業ブランドの場合は全部門の声を集約して行わなくてはなりません。この段階からコンサルタント依存に陥ったり、一部のプロジェクトチームで作ったりしてはなりません。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。