防御可能性とは、ブランド要素の選択条件のひとつです。法律上および競争上の観点で、どの程度防御できるかということです。公的に登録できるブランドネームか、模倣されにくいパッケージかどうかいうことです。一般化されたことばをブランドネームに用いると登録できない恐れがあり、注意が必要となります。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。