Webサイト構築とは、単にテキスト要素を含むHTMLファイルとデザイン要素としての画像ファイルの組合せを行なうことではありません。特にWebサイトを企業のマーケティング・ツールとして捉えた場合はなおさらです。マーケティングツールとしてのWebサイトの目的を1つ定義するなら「お客様からコンタクトをもらう」ことでしょう。その場合、Webサイト構築の目的は「より多くのお客様からコンタクトをもらえるような仕組みをつくる」ことです。Webサイト構築とは、Webマーケティングの具体的なアクションプランの1つであり、それは常にWebサイト運用とセットで考えられるべきものです。どのようにしてサイトにより多くのユーザーを集客するか、集客したユーザーにいかにして自社の魅力、自社の商品・サービスの魅力を訴求するか、ユーザーをいかにしてゴールとしてのアクション(コンタクトを行なう)まで誘導するか、こうしたことがきちんと計画され実行されなければ、マーケティングツールとしてのWebサイトの目的を達成することはできません。Webサイト構築するためには、単にHTMLなどの技術に精通していればできるものではなく、ビジネスに関する理解、マーケティングに関するスキルが必要となるタスクなのです。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報