成熟度とは、経営資源や情報化の現状などを5段階で評価し、段階に応じた改善や改革を行っていくための指標のことです。成熟度を測ることで企業の現在の能力が明らかになり、どのように改革すべきかが明確になります。成熟度を測ることで、身の丈にあった効果的な改革を行うことが可能になります。成熟度の尺度には、ITの成熟度を測るCMMや経営の成熟度、プロセス成熟度、プロジェクトマネジメント成熟度といったものがあります。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報