COBIT(Control Objectives for Information and related Technology)とは、米国の情報システムコントロール協会(ISACA:Information Systems Audit and Control Association)が提唱するITガバナンスの成熟度を測るフレームワークです。COBITでは開発側・利用側双方をマネジメントすることで、セキュアな環境の下、ITを積極活用できる体制作りの指標を提示しています。COBITは、ITの企画から運用に至るまでのフローを4つの管理プロセスと34のITプロセスとして定義し、それぞれのプロセスについて、CSF(critical success factor:重要成功要因)/KGI(key goal indicator)/KPI(Key Performance Indicator)と、その成熟度レベルを6段階で定義します。IT組織の成熟度を測るモデルとしてはほかにCMMなどが有名ですが、COBITでは「リスク」という概念が強く打ち出されていることと、ベンダからの「IT調達」を前提にしているという特徴があります。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報