param要素はHTML5から新たに追加された要素です。
object要素によって呼び出されるFlashなどのプラグインへ渡すパラメータを定義するための用います。

name属性にパラメータ名を設定し、value属性にパラメータの値を指定します。これら2つの属性は、必ず両方とも1つずつ指定しなければならず、省略できません。

使用例

以下は、プラグインにプロパティ「hoge」及び「piyo」を渡している実装例です。プロパティはそれぞれ「fuga」、「ponyo」という値を持ちます。

<object data="dummy" width="960" height="540">

<param name="hoge" value="fuga">

<param name="piyo" value="ponyo">

</object>

使用可能な属性

  • すべてのグローバル属性
  • name
  • value

コンテンツカテゴリ

  • なし

子要素にしていい要素の種類

  • 空要素のため子要素は存在しません

親要素にしていい要素の種類

  • object要素
    • ただし、任意のフローコンテンツの前

仕様書と策定状況

仕様書 策定状況
W3C 勧告
WHATWG Living Standard
最終更新:2017年12月26日

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報