pre要素は、整形済みのテキストであることを表します。この要素のコンテンツとして記述されたスペースや改行などはそのまま表示します。ただし、開始タグ・終了タグがある場合、要素として解釈されるため、HTMLのソースをそのまま表示したい場合は、「<」「>」を実体参照(&lt;ならびに&gt;など)に変換する必要があります。

使用例

htmlファイル内での記述

<pre><code>&lt;div&gt;

    &lt;p&gt;サンプルソースです&lt;/p&gt;

&lt;/div&gt;</code></pre>

ブラウザで見た場合

<div>

    <p>サンプルソースです</p>

</div>

使用可能な属性

  • すべてのグローバル属性

コンテンツカテゴリ

  • フローコンテンツ
  • パルパブルコンテンツ

子要素にしていい要素の種類

  • フレージングコンテンツ

親要素にしていい要素の種類

  • 子要素にフローコンテンツが期待されているすべての要素

仕様書と策定状況

仕様書 策定状況
W3C 勧告
WHATWG Living Standard
最終更新:2016年11月4日

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報