s要素は、すでに正確ではなくなった場合や、関連しなくなったことを表します。意図的に残されている古い情報としてはs要素が妥当ですが、後から間違いを訂正した場合や、完全に文章から削除された部分を示す場合にはdel要素を用います。

使用例

<p>この商品は<s>3980円</s>2980円です。</p>

使用可能な属性

  • すべてのグローバル属性

コンテンツカテゴリ

  • フローコンテンツ
  • フレージングコンテンツ
  • パルパブルコンテンツ

子要素にしていい要素の種類

  • フレージングコンテンツ

親要素にしていい要素の種類

  • 子要素にフレージングコンテンツが期待されているすべての要素

仕様書と策定状況

仕様書 策定状況
W3C 勧告
WHATWG Living Standard
最終更新:2017年2月7日

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報