time要素はHTML5から新たに追加された要素です。

日付や時刻を表します。これは、マシンリーダブルな形式でユーザーエージェントに日付や時刻を伝えるために有効な要素です。

年月日、日時と秒のみの場合はローカルの日付を示すことが可能ですが、タイムゾーンと、オフセットを用いて各地域の時刻であることを示すこともできます。
日付の記述(time要素のテキストコンテンツ)は特定の構文ルールが存在していますが、datetime属性を用いた場合は異なる文字列で日付を表現しながら、マシンリーダビリティを保つことが可能です。

使用例

<h3>2月のお知らせ</h3>

<p>今週のセミナーは <time datetime="2017-02-17 18:00">17日の金曜日、午後6時</time> から行います。</p>

使用可能な属性

  • すべてのグローバル属性

コンテンツカテゴリ

  • フローコンテンツ
  • フレージングコンテンツ
  • パルパブルコンテンツ

子要素にしていい要素の種類

  • フレージングコンテンツ
    • だたし、datetime属性を持つ場合
  • テキスト
    • ただし、datetime属性を持たない場合

親要素にしていい要素の種類

  • 子要素にフレージングコンテンツが期待されているすべての要素

仕様書と策定状況

仕様書 策定状況
W3C 勧告
WHATWG Living Standard
最終更新:2017年2月7日

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報