「アクセシビリティやるぞ!夏祭り2 ~俺たちにテストさせろスペシャル~」のライブ配信が決定

取締役 木達

当社の共催するイベント、アクセシビリティやるぞ!夏祭り2 ~俺たちにテストさせろスペシャル~の開催が明後日に迫っていますが、YouTube Liveを用いたライブ配信と、その後のアーカイブ公開が決まりました。

会場で当日ご参加いただける方は、すでに抽選により確定していますが、選外となってしまった方や、そもそも遠隔にお住まいで参加を申し込んでいなかった方は、ぜひライブ配信(https://www.youtube.com/watch?v=PtDeSESy4zE)でイベントにご参加ください。当日、Twitterでハッシュタグ #a11yfes を追っていただいても、イベントの様子をうかがい知ることができるかと思います。

本イベントについて、アクセシビリティBlogでは取り上げていませんでしたので、改めてその企画趣旨をご紹介すべく、イベントページより概要を引用します:

Webコンテンツのアクセシビリティに関する国内規格であるJIS X 8341-3が改正され、また障害者差別解消法が施行された、2016年の上半期。多くの担当者やデザイナー、開発者がWebのアクセシビリティに意識を向け始めている一方で、アプリについての取り組みは、あまり活発ではないように見受けられます。また、障害当事者がアプリを使っている様子を実際に目の当たりにしたことがない、という方も少なくないようです。

そこで、アクセシビリティやるぞ!夏祭りの第二弾となる本イベントでは、障害当事者の生の声、とりわけアプリを実際に操作する様子を会場の皆さんと共有することにフォーカス。「俺たちにテストさせろスペシャル」と題して、全盲・弱視それぞれの障害をお持ちの方をお招きし、ユーザーテストを行います。イベントの後半ではパネルディスカッションの時間を設け、Web・アプリ問わずこれからのアクセシビリティを議論します。

イベント全体は3つのセッションで構成されます。最初の「視覚障害当事者に聞く、最近のWeb&アプリのアクセシビリティ」では、私がユーザーテストの被験者となる伊敷氏、中根氏にお話を伺います。続く「俺たちにテストさせろ!スマホアプリのユーザーテスト生実況!」では、伊敷氏、中根氏に複数のアプリを使っていただき、アクセシビリティ視点でのアプリの良し悪しを浮き彫りにする予定です。最後のパネルディスカッションでは、アプリやWebを制作する側の視点を加えた中で、アクセシビリティのこれからを論じます。

障害当事者の方がアプリをお使いになっている場面をご覧になったことの無い方には特に、興味深い内容になるかと思います。ご期待ください。