Interop 2022

取締役 木達

ロシアのウクライナ侵攻により発表を延期していたそうですが、Interop 2022について、参加各社から一斉に発表がありました。

Interop 2022とは、Webブラウザの相互運用性を高める取り組みで、Compat 2021の後継にあたります。この取り組みにより、より多くのブラウザにおける意図した通りの表示・動作を、単一の実装で実現しやすくなります。その進捗は、特定の計算方法に基づき点数化のうえ、ダッシュボードで公開されます。相互運用性が不十分であり、なおかつWeb開発者の側で対応ニーズが高いとされたCompat 2021の5つの重点分野、すなわち

  • aspect-ratioプロパティ
  • CSS Flexbox
  • CSS Grid Layout
  • position: sticky
  • CSS transforms

に加えて、新たに以下の10の重点分野にフォーカスして取り組むとのことです。

  • カスケードレイヤー
  • 色空間と関数
  • CSSコンテインメント(containプロパティ)
  • <dialog>要素
  • フォームコントロール
  • スクロール
  • サブグリッド
  • タイポグラフィとエンコーディング
  • 新しいビューポート単位
  • Web Compat

また上記に加え、ビューポートの測定などについての調査も、並行して実施されるとのことです。

Webの相互運用性の向上は、標準仕様それ単体では実現し得ず、それを実装する側と共に車の両輪として機能し、かつ相互に高め合うなかで実現されるものだと私は思います。このInterop 2022により、開発者体験はもとよりユーザー体験も改善されることを強く期待すると同時に、関係者の皆様の尽力に感謝したいと思います。