Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > マーケティングBlog > 2017年6月 > Google データスタジオ、1ページ内のグラフ数上限は50個までです

マーケティングBlog

デジタルアナリティクスやデジタルマーケティングの推進に役立つ話題をご紹介します。

Google データスタジオ、1ページ内のグラフ数上限は50個までです

ディレクター 田口

データをわかりやすく可視化し、データに基づくすばやいアクションを支援する「Google データスタジオ」、みなさん活用していらっしゃることと思います。正式リリース時に無料版の「5レポート」上限が撤廃されたこともあって利用が進んでいるデータスタジオですが、1ページ内に配置できるグラフ数に上限があることはご存知でしょうか?実は1ページ内に配置できるグラフ数には「50個まで」という上限が存在します。50個以上作成しようとするとエラーメッセージが表示されます。

Google データスタジオ「グラフ数超過」エラーメッセージ

棒グラフや円グラフを使う場合は1ページに50個も並べるケースは少ないと思いますが、カテゴリごとの主要指標をスコアカードで並べる場合などは50個を超えてしまうこともあります。スコアカードも「グラフ1個」としてカウントされますので、ご利用の際には注意が必要です。