Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > マーケティングBlog > 2017年5月 > Google タグマネージャのアップデート~「Google アナリティクス設定」変数で、タグの管理が効率的に

マーケティングBlog

デジタルアナリティクスやデジタルマーケティングの推進に役立つ話題をご紹介します。

Google タグマネージャのアップデート~「Google アナリティクス設定」変数で、タグの管理が効率的に

ディレクター 田口

Google タグマネージャに、新しく「Google アナリティクス設定」変数が追加されました。

Google Tag Manager: Announcing Centralized Google Analytics Settings

これまでは、Google アナリティクスのトラッキングIDやCookieドメイン、フィールドやカスタムディメンションと指標や自動リンクドメインなどはすべてタグごとに毎回同じ内容を設定しておく必要がありました。ユーザー定義変数の「定数」を使って一元管理する工夫をされていた方も多いのではないかと思います。
今回登場した「Google アナリティクス設定」変数では必要な設定をすべて1箇所で指定・管理することができるようになっていますので、タグ設定の作業負荷が大幅に軽くなり、必要な設定の抜け漏れがなくなることが期待できます。

「Google アナリティクス設定」変数の編集画面

まず「ユーザー定義変数」を新規作成し、変数タイプを「Google アナリティクス設定」変数とします。必要な設定は事前に定義・設計しておきましょう。

Google アナリティクス トラッキングコードの編集画面

タグ側では、作成しておいた「Google アナリティクス設定」変数を指定するだけです。通常のPV用、仮想PV用、イベント用...などをあらかじめ作っておくと作業効率が上がりそうです。

ただしひとつの間違いがその設定を適用しているタグすべてに影響することになりますので、設定の追加変更の際にはこれまで以上に慎重に取り組む必要があるでしょう。

Google タグマネージャを使って効率よくタグを管理し、データ主導のマーケティングを加速させましょう!