Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > マーケティングBlog > 2019年5月 > RPA(UiPath)を利用した業務効率化事例紹介

RPA(UiPath)を利用した業務効率化事例紹介


アナリスト 荒木

サイトのアクセス状況を把握するためには、月次レポートを作成するケースが多いと思います。

当社ではこれまで、Google スプレッドシートを利用して業務効率化を図っていたのですが、この度RPA(UiPath)を使ってレポートの自動化を行いました。

これまで(RPA導入前)

  1. Google スプレッドシートにログイン
  2. データ抽出する期間を指定
  3. run report
  4. 抽出したデータをエクセルファイルの該当箇所にそれぞれコピー&ペースト

RPA(UiPath)導入後

これまでは、Google スプレッドシートを使用することによってGoogle アナリティクスのカスタムレポートを使用せずにデータ抽出することができ、工数削減を実現していたのですが、RPA(UiPath)を使用することによって担当者は毎月の作業をボタン1つで完了することができるようになりました。

RPAを使ったレポートの自動生成は、このようにさらなる工数削減につながりますので、ぜひお気軽にご相談ください。