Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > マーケティングBlog > 2019年6月 > ネイティブアプリにもアナリティクス導入を。Firebase 向け Google アナリティクスについて

ネイティブアプリにもアナリティクス導入を。Firebase 向け Google アナリティクスについて


アナリスト 深堀
ネイティブアプリにもアナリティクス導入を。Firebase 向け Google アナリティクスについて

Webの解析に欠かせないGoogle アナリティクス。
ネイティブアプリの計測もFirebase 向け Google アナリティクスを導入することにより可能となります。Firebase向けGoogle アナリティクスで、アプリに対してどのような解析が可能となるのかをご紹介します。

導入について

難しい手順は必要ありません。アプリに Firebase SDK(Firebase ソフトウェア開発者キット)を追加することにより自動でデータ収集が開始されます。数時間後にはFirebaseのコンソール上でデータが確認できるようになります。

さらに連携を行うことにより、Google アナリティクス上でもアクセスデータを閲覧することが可能となります。 アプリとWebは行動や画面遷移等の指標が異なるため、レポート名やレポートの種類がWebのアナリティクスとは異なりますが、 Google アナリティクスを普段お使いの方であれば違和感なく操作することができるでしょう。

アプリと連携したFirebase 向け Google アナリティクスでは、主に下記の項目を解析することができます。

Firebase 向け Google アナリティクスでわかること

オーディエンス

アプリを利用しているユーザーの属性を観測するレポート群です。 年齢、性別、地域や言語、またOSのバージョンやどのデバイスを使用している割合が高いのか、どのキャリアのネットワークの利用率が高いのか等を調査できます

集客レポート

新規ユーザー数やマーケットの割合(iTunes、Google Play)、広告経由ユーザーの詳細等をチェックできます。

行動レポート

Web計測のGoogle アナリティクスの場合ですと、「ページ」のレポートを閲覧する機会の多い行動ですが、アプリの場合は「スクリーン」がかわりに用意されています。
Webだと「ページビュー」や「ページ滞在時間」のところが、アプリだと「スクリーン ビュー」「スクリーンの平均滞在時間」にあたります。

通常のWeb計測とアプリ計測では計測指標に違いがあります。 ※上記のようにWeb計測とアプリ計測では基本となる計測指標が異なります

目標

行動レポートで解説した内容と重複しますが、アプリでの基本的な回遊指標はページではなく「スクリーン」となります。
アプリの場合でもあらかじめ設定した目標をユーザーがどのくらい達成したか、という観測方法は変わりありません。 ゴールとなるスクリーンへ到達したか、ユーザーが想定したフローを経由したか等、コンバージョンを観測するレポートとなります。

イベント

ユーザーの特定の行動をトラッキングするには、通常であればアプリ側にもイベントの仕込みが必要となりますが、Firebaseではデフォルトで自動的に収集されるイベントが設定されており、導入だけでイベントトラッキングを行うことができます。その中でも代表的なものをピックアップしてご紹介いたします。

※参考:自動的に収集されるイベント

リアルタイムレポート

上記それぞれのレポートに値が蓄積されるよりも先に、地域、イベント、スクリーン、コンバージョンなどの指標をリアルタイムで監視することができます。

ネイティブでないアプリの計測

また、Webviewを利用したハイブリッドなアプリも、設定を拡張することによりGoogle アナリティクスで計測することができます。
ネイティブアプリ、ハイブリッドなアプリ、Webアプリを含め、Google アナリティクスの実装や計測設定支援はミツエーリンクスにご相談ください。