Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > マーケティングBlog > 2019年9月 > 【ファインド広告 ベータ版】Google Discoverへ広告配信が可能に

【ファインド広告 ベータ版】Google Discoverへ広告配信が可能に


アナリスト 後藤

Google 広告にて、Google Discoverに広告配信が可能に

Android端末のホーム画面の一番左やGoogleアプリにあるGoogle Discoverは、ユーザーが興味を持っているニュースやブログ記事といったWebサイトを表示してくれます。 そのDiscoverへの広告配信がベータ版の機能として追加されました。2019年9月現在このベータ版機能は一部のアカウントにのみ開放されているようです。

正式名称は「ファインド広告」

このベータ版機能で登場した広告配信方法のキャンペーンタイプ名は、ファインド広告となっており、説明文には下記のような説明があります。

視覚に訴える魅力的なパーソナライズド広告を作成して、YouTube、Gmail、Discover などでブランドへのエンゲージメントを促進しましょう

現状では、YouTube・Gmail・Discoverの3つの箇所に配信できます。YouTubeとGmailは、ディスプレイ広告から配信が行えるため、「ファインド広告」キャンペーンタイプの魅力は、Discoverに配信できることにあるでしょう。 Discoverに配信できるメリットとしては、パーソナライズ化された記事の中に広告が出稿されることにあります。興味関心がある分野に対して大きなバナー画像と広告文を表示することができ、高いCTRが期待できます。

ファインド広告の作成は、キャンペーンの作成時に「このキャンペーンで達成したい目標を選択」で目標を指定せず次の画面へ進み、その上でキャンペーンタイプを「ファインド」に設定することにより可能となります

「このキャンペーンで達成したい目標を選択」で目標を指定せず次の画面へ「このキャンペーンで達成したい目標を選択」で目標を指定せず次の画面へ
キャンペーンタイプ「ファインド」を選択キャンペーンタイプ「ファインド」を選択

ファインド広告で設定できる内容

ターゲットの指定方法は、「オーディエンス」と「ユーザー属性」の2種類となっています。ディスプレイ広告の配信設定と同様のものとなっており、慣れ親しんだ配信方法で出稿することが可能です。

ターゲットはオーディエンスやユーザー属性から指定できます

「キーワード」「トピック」「プレースメント」のターゲット設定ができないことがディスプレイ広告のターゲットとの大きな違いでしょう。

広告の表示方法ですが、現状では下記の2つの配信方法が存在します。

ファインド カルーセル広告とファインド広告の違い

カルーセルでは、複数の画像をカルーセルを使い、広告枠に複数表示することができます。ファインド広告では、1枚の画像のみを表示する広告枠となります。様々なバナー画像がある場合は、カルーセル広告での配信がベストでしょう。

今回お伝えした機能は、現在ベータ版機能となります。またアップデートがあればこちらでご紹介したいと思います。