ユニバーサル アナリティクス、データ閲覧の期限日について

アナリスト 深堀

ユニバーサル アナリティクス(旧GA)のデータ処理が停止されてしばらくたちましたが、データの閲覧についての今後の流れについて、公式情報が更新されていたためお知らせします。

※データ処理については下記の記事も併せてご参照ください。
ユニバーサルアナリティクスの計測が2023年7月1日に停止

Googleの公式情報(前回まで)

最終更新日が「2023 年 10 月 19 日」となる前の同記事では、下記のようにアナウンスされていました。

2023 年 7 月 1 日以降は、この日よりも前にユニバーサル アナリティクス プロパティで処理されたデータに、少なくとも 6 か月間アクセスできます。Google は、お客様のデータが重要であることを認識しております。この機会に過去のレポートをエクスポートすることを強くおすすめします。

数か月以内に、既存のユニバーサル アナリティクス プロパティのサポート終了日についてお知らせする予定です。サポート終了日を過ぎると、ユニバーサル アナリティクスのレポートをアナリティクスの管理画面で確認したり、API を介してユニバーサル アナリティクスのデータにアクセスしたりできなくなります。

そのため、ユニバーサルアナリティクス上に必要なデータがあり、データが消える前に確実に集計を行っておきたい場合、2023年末までに対応を行うようスケジュールを立てる必要があったかと思います。

Googleの公式情報(2023年10月19日更新)

現在は下記の通り「アクセスできなくなり、データが削除される期限日」が明記されています。

2024 年 7 月 1 日の週以降: すべてのユニバーサル アナリティクス プロパティおよび API(読み取り専用権限の場合も含む)にアクセスできなくなり、すべてのデータが削除されます。標準のプロパティの廃止には数週間を要しましたが、ユニバーサル アナリティクス全体の廃止は 1 週間以内にすべて完了します。Google は、お客様のデータが重要であることを認識しております。つきましてはこの日までに、以前に処理されたデータをエクスポートすることをおすすめします。

ユニバーサル アナリティクスは Google アナリティクス 4 に置き換わりました

今までアナウンスされていた表現ですと、停止から半年以内が実質期限となっていたかと思います。
直近でデータのバックアップを取らなければいけないことに変わりはないのですが、これで少し計画が立てやすくなったのではないでしょうか?

Google の公式情報は、公開された後も不定期に更新されているようです。
本記事でお伝えした内容から、実施される内容や期日が変更される可能性もございますので、ご参考程度にとどめていただき、公式情報を定期的に確認するようにしていただければ幸いです。