多言語サイトにおけるhreflangの注意点について

SEOコンサルタント 大原

hreflangとは

海外のユーザー向けに国や地域ごとの言語でコンテンツを展開するケースは多くあると思います。その際に、重要なSEO対策となってくるのがhreflangの記載です。Googleなどの検索エンジン向けに、ページで使用している言語、対象地域となるユーザーを伝える役割を果たすものになります。

今回は、実装の際に気を付けていただきたいhreflangの注意点を紹介します。

地域名は使用せず、国単位で設定する

hreflangでは、言語コードと地域コードの指定が可能です。サイトで使用している言語と対象の地域を指定できるわけですが、地域コードは国コードでの指定となるため、APACなどの地域名が使えないことにご注意ください。

多言語サイトやグローバルサイトにおいては、APACなどの特定の地域に向けたコンテンツ作成をする機会もあるかと思いますが、US(アメリカ合衆国)やCA(カナダ)などの国コードを使用した記述を行ってください。

対象となる全てのページにhreflangの情報を設定する

例えば、日本語で書かれたページと英語で書かれたページを用意する場合、両方のページに日本語と英語のhreflangの記述をする必要があります。日本語ページに、日本語のhreflangの記述のみを書くのではなく、英語のhreflangの記述も必要な点に注意してください。

対象となるページを紐づける

hreflangで指定するURLは、同じ内容を表す多言語のページを指定するようにしてください。例えば、複数の言語で展開している商品詳細のページなどの場合、hreflangの記述には、他の言語の商品詳細のページのURLもhreflangに記載します。

よくあるミスとしては、全ページにTOPページのURLが記載されていたというケースなどがあります。必ず対象となるページと同じ内容の多言語ページをそれぞれに記載するようにしましょう。

まとめ

今回あげた注意点は、特にhreflangで気を付けていただきたいところです。実装の際にお役立ていただけますと幸いです。

Google公式のhreflangに関するページは下記となりますのでご参照ください。

ページのローカライズ版について Google に知らせる | Google 検索セントラル