2021年1月4日 新年のご挨拶

代表取締役(CEO)
髙橋 仁

新春を迎え、謹んでごあいさつを申し上げます。年初に際して、日頃よりミツエーリンクスをご愛顧いただいている皆様に厚く御礼を申し上げます。

昨年は、新型コロナウイルスにより、事業環境が大きく影響を受けた年でした。こうした中で2つ驚いたことがあります。

1つ目は、すべての日常や常識がこれほど短時間に変化してしまうということ。当社においては、リモートワークやオンライン会議、時差出勤等、場所や時間にとらわれないワークスタイルが日常化しました。

2つ目は、急激な環境変化においても、ひとの適応力の早さは素晴らしいものであったということ。実際、当社で実施したコロナ対策は、軌道に乗るまでは長い時間が必要だろうと考えていました。しかし実際は数日間で業務に大きな支障がない段階まで達しました。

今後もコロナ禍が続くことが予想されます。当社にとって課題は3つあります。

1つ目は、生産性の問題です。たとえばリモートワークは、ひとり仕事が可能なルーティン作業であれば、さほど生産性は低下しません。しかし共同作業によって複雑なものを処理する場合、生産性が上がらないことがあります。たとえばオンライン会議におけるコミュニケーションは、業務連絡や確認作業には支障をきたしませんが、会社で肩を並べている時のようにはいきません。

2つ目は、サービス品質の問題です。当社のスタッフだけでなくお客様もリモートワークを行っていますので、コミュニケーションはオンライン会議が主体になります。相手の表情から気持ちを汲み取りにくく、細かなニーズを捉えきれないことがあります。結果として、本来行うべき行動や判断ができず、サービス品質がお客様の期待以下となるケースが発生しやすい環境です。

3つ目は、新しい環境下における、新たなサービスの開発です。これほど大きな社会変容が起こっていますので、求められるものが変わるのは至極当たりまえのことです。私たちはこの新しい社会の新たなニーズに応えることができる組織かどうか、今、試されているのだろうと思っています。

ひとつひとつの問題や課題を解決し、このコロナ禍を乗り切りたいと考えています。そしてさらなる成長への礎を築いて参ります。

本年も変わらぬご支援をお願い申し上げますと共に、皆様のご繁栄とご健勝を祈念申し上げて新年のご挨拶とさせていただきます。

メールニュース登録

メールニュースでは、本サイトの更新情報や業界動向などをお伝えしています。ぜひご購読ください。