Smart Communication Design Company
ホーム > サービス > アクセス解析 > Google データスタジオ活用支援

Google データスタジオ活用支援

組織内に存在するさまざまなデータを可視化・共有するためのサービス「Google データスタジオ」の活用をサポート

サービス概要

「Google データスタジオ認定パートナー」として、Google データスタジオの導入前設計、導入、導入後の運用までサポートします。

サービス特長

Google データスタジオ 画面イメージ

Google データスタジオは、組織内に存在するさまざまなデータを可視化・共有し、データ主導の意思決定を可能にするためのソリューションです。Google アナリティクス、Google スプレッドシート、Google AdWords、YouTubeアナリティクスやMySQLなどのコネクタが用意されていて、Google アカウントがあれば無料で簡単に使用できます。

サービス詳細

「データ主導の意思決定」はじめの一歩に

Webサイトの利用データ、インターネット広告運用に関するデータ、顧客との商談状況に関するデータなど、ビジネスに関するデータは多種多様でいろいろな場所に存在します。しかし担当業務によっては、こうしたデータの存在自体に気づくことができず、結果として具体的な施策を実施できなかったりタイミングを逃してしまうといったことが生じます。

必要なデータを1箇所に集めていつでもリアルタイムデータを確認できるようにすることで、現状を正確に理解し関係者一人ひとりの能動的なアクションに結びつけることが可能になります。

定型業務を効率化し、より付加価値の高いアクションを

貴社では週次や月次で定型フォーマットのレポートを人手で作っていらっしゃいませんか?そのレポート作成に毎回数時間~数日かかっているとしたら、その時間をゼロにできるかもしれません。データスタジオを使って最新のデータを利用した美しいレポートを自動で作ることが可能です。レポート作成に費やしていた時間と労力を、意思決定とアクションに使うことができれば、ビジネスのスピードが加速しより多くの成果を上げることができるでしょう。

Google アナリティクスなどと連携させ、データをアクションにつなげる

Google タグマネージャとGoogle オプティマイズを利用してABテストを実施、Google アナリティクスで設定している目標に対する成果を図る。その結果をデータスタジオにまとめて報告し、次のアクションプランを策定する。Google データスタジオを使えば、このように「アクションにつなげる」ことを前提としたプロセスをシームレスに構築することが可能になります。Google データスタジオを単体で使うこともできますが、プロダクト同士を連携させて使うことで、より多くの可能性を引き出すことができるようになります。

サービスフロー

  1. ヒアリング、要件定義
  2. データ連携
  3. レポートの作成と共有
  4. レポートの活用

Pick Up