Smart Communication Design Company
ホーム > サービス > アクセス解析 > リスティング広告 運用

リスティング広告 運用

顕在層に働きかけるコンバージョン獲得のための広告
初期設定から運用までをサポートすることによりROIの最適化を図る

今やインターネットユーザーの約8割が利用する検索エンジンは、企業がWebマーケティングを実践する上で欠かせないツールとなっております。しかしながら多額の広告予算をリスティング広告に投下し、キーワードの買い占め、検索エンジンへの上位表示→クリック数増→ビジネスゴール達成、という方法では、従来のマスマーケティングの考え方と何ら変わりがありません。

リスティング広告で最大限の効果を得るためには、最適な検索キーワード選定とユーザーの目に留まる広告コピーの編集、そして定期的な効果検証が必要です。

当社は効果的な検索キーワード、効果的な文面によるリスティング広告を出稿します。さらに定期的な効果検証・改善を行うことで、最大限の効果を得られる施策をご提案いたします。

サービス概要

ROIにこだわったアカウント運用

リスティング広告は、クリック単価を上げることでよりクリックされやすい広告表示場所(上位表示)での掲載が可能になります。しかしその反面、ワンクリックあたりのコストが上昇してしまうため、ただ単純に上位表示だけに注力した運用は、効果的な広告出稿とは言えません。

当社では、クリック単価を抑えた上で、キーワード選定・広告テキストの最適化を行いクリック率を向上させることで、広告予算に対しパフォーマンスを最大化する運用を行います。

サービス詳細

キーワード選定・ライター監修による広告文ライティング

クリック単価を上げる以外の方法でクリック数を増やすためには、入札キーワードを増やす方法(複合キーワードを使う、ロングテールキーワードを狙う等)や、広告文を最適化しクリック率を上げるという方法があります。そして、単にリスティング広告をクリックさせ流入させるだけでなく、コンバージョンを獲得するためには、キーワード・広告文・遷移先ページの内容を合致させ、ユーザーの欲求を満たす必要があります。

当社では、広告対象となるユーザーのセグメンテーションを入念に実施。セグメントごとに最適なキーワード設定をし、ライター監修の下で広告文を作成、コンバージョンに繋がる動線づくりをしていきます。

様々な広告出稿場所

日本国内で最も利用されているポータルサイト・検索エンジンはそれぞれYahoo!、Googleとなり、国内の検索シェアのほとんどを占めている状態です。Yahoo!リスティングはBtoC(一般消費財やキャンペーン等)に、Google AdWordsはBtoBや高額商材(法人向けソフトウエアや保険等)に向いており、出稿する広告の内容によって、これらを使い分けることが重要です。

また、表示場所についても、検索エンジンの検索結果画面だけでなくYahoo!、Googleそれぞれの提携パートナーサイトの広告枠にも表示させることができます。入札キーワードと、表示サイトのテーマや、ユーザーの直近の検索履歴などをもとにマッチングし広告表示するため、顕在層に強く働きかけることができます。

その他、リターゲティング(Google AdWordsではリマーケティング)という機能により、一度広告主のサイトに訪れたユーザーが所定のコンバージョンを達成するまで、パートナーサイトの広告枠に同じ広告主の広告を表示させることもできます。この機能は、例えば入力途中での離脱の多いフォーム登録をコンバージョンとしている場合などに、強く効果を発揮します。

運用レポート・報告会と改善提案

リスティング広告の運用結果レポートを毎月納品します。レポートは、日別・キーワード別・広告別に集計し、運用パフォーマンスがひと目で分かる内容となっております。

また、定期的に報告会を行い、運用状況のご報告の他、改善提案なども合わせて行います。当社ではランディングページ作成・SEO対策・ソーシャルメディア・アクセス解析など、リスティング広告の周辺サービスもオールインワンでご提供できる体制ができているため、様々な改善提案を行うことができます。

サービスフロー

  1. 目標の設定

    貴社サイトにおける現状の集客力をとらえ、広告投資予算と獲得目標を設定します。

  2. キーワードの選定

    Webサイトのコンテンツを確認し、ログ解析から実際にユーザーが使用した検索キーワードを抽出します。それらのキーワードを、セグメントごとに分類し、リスティング広告に適したキーワードを選定します。

  3. 広告コピーの制作

    選定したキーワードに対する広告コピーを制作します。
    複数の広告コピーを試し、実際のユーザーにより効果のある広告を採用します。

  4. 予算設定の最適化

    クリック単価とクリック率の推移を随時確認し、状況に応じた予算設定の調整を実施します。また、定期レポートでの改善提案を実施します。

Pick Up