InkMLとは、電子ペンやスタイラスなどによって入力された、デジタルインクのデータをXML形式で記述するための仕様です。具体的には、ペンの動きのトレースなどをマーク付けします。標準的な仕様に基づくことで、異なる装置やソフトウェア間でデータを交換したり共有することができるようになります。正式な仕様としてはまだ勧告されていませんが、2004年6月現在、その草案が公開されています。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報