記憶可能性とは、ブランド要素の選択条件のひとつです。ブランドを強化するには消費者に記憶され、購買する際に再生、再認されることが必要です。覚えやすくユニークなブランドネームスローガン、はっきりと他ブランドとの差異を認識できるパッケージなどが記憶可能性を高めることに有効です。花王のメリットが良い例となります。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。