同じ意味を述べても文語体と会話体のように文体が異なると受けるイメージが違ってきます。ブランド構築においてもどのような文体を選ぶのかは重要です。親しみやすさを出したいのか、高級感を出したいのか、ブランド・アイデンティティによって文体を選びます。文体は、ブランド要素、ブランド・コミュニケーションによって表現します。例えばハーレー・ダビッドソンと婦人向けスクーターとでは文体が異なっています。ハーレー・ダビッドソンは、親しみやすさを必要としていません。強固な支持を得たいのです。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報