ポアソン分布とは、離散分布の一例であり、起こる確率が十分に小さい現象の回数を、長期間観測するときの分布を言います。例えば、交通事故による死者数別の日数の分布などが該当します。欠点数や単位あたりの欠点数(離散データ)の分布は、ポアソン分布になります。c管理図や、u管理図に応用されています。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。