確率分布には、離散分布と連続分布があります。離散分布とは、離散的な値(不連続な値)の分布であり、それぞれの値が起こる確率を図で示すものです。離散分布の例には、二項分布ポアソン分布超幾何分布があります。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。