optgroup要素は、共通のラベルを持つoption要素のグループを表します。

使用例

<label for="choice">一番好きなネタを選択してください</label>



<select name="choice" id="choice">

<option value="">選択してください</option>

<optgroup label="赤身">

<option value="0">カツオ</option>

<option value="1">マグロ</option>

<option value="2">ブリ</option>

</optgroup>



<optgroup label="白身">

<option value="3">ヒラメ</option>

<option value="4">アナゴ</option>

<option value="5">サケ</option>

</optgroup>



<optgroup label="貝類">

<option value="6">つぶ貝</option>

<option value="7">バイ貝</option>

<option value="8">サザエ</option>

</optgroup>

</select>

使用可能な属性

  • すべてのグローバル属性
  • disabled
  • label

コンテンツカテゴリ

  • なし

子要素にしていい要素の種類

  • 0個以上のoption要素
  • スクリプトサポート要素

親要素にしていい要素の種類

仕様書と策定状況

仕様書 策定状況
W3C 勧告
WHATWG Living Standard
最終更新:2017年12月26日

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報