basefont要素は、文章内のテキストの基準となるフォントサイズや色を指定するための要素です。

size属性color属性face属性にフォントサイズ、色、フォント名ををそれぞれ指定することで、basefont要素以降に出現するテキストのフォントスタイルを設定することができます。

HTML 4.01以降ではbasefont要素は非推奨とされており、代わりにスタイルシートを使用します。また、XHTML 1.1ではbasefont要素は廃止されています。

参考

HTML 4.01 Specification
15.2.2 Font modifier elements: FONT and BASEFONT

この要素で設定可能な属性

この要素が定義されているDTD

この要素がDTD内で定義されていることを○で示しています。

HTML 4.01 XHTML 1.0 XHTML 1.1
Strict Transitional Frameset Strict Transitional Frameset
- - -

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報