CSSはCascading Style Sheetの略であり、W3Cにより策定と勧告が行われている、HTML文書やXHTML文書の見た目や表現を定義するためのスタイルシートの1つです。

CSSは、プロパティと呼ばれる値を文書の各要素に対応付けることで、文書の見た目や表現を定義することができます。これらの定義を文書に適用する方法は2つあり、文書内に直接CSSの文法記述する方法と、CSSのみ記述したファイルを用意し、それらを文書から読み込む方法があります。一般的に見た目や表現を分離の観点から、後者の方法が使用されます。

また、CSSはメディアタイプに合わせて文書の見た目や表現を切り替えることができます。

参考

CSS 2.1 Specification
2 Introduction to CSS2

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報