Miller Liteのスーパーボウル向け広告におけるローカリゼーション

(この記事は、2021年2月2日に公開された記事「Miller Lite launches a Super Bowl ad that blends lengthy URLs with localization」の日本語訳です。)

Webローカリゼーションの専門家がワクワクするようなスーパーボウル向け広告が、ようやく登場しました。

次の日曜日にMiller Liteが立ち上げる広告には、恐ろしく長いURLが載っています。それをWebブラウザに視聴者が入力することで、ビール6缶パックがもらえるかもしれません。

このマーケティング手法は取るに足らないとお考えでしょうか?

ごもっとも。そのURLのドメイン名には実際、言葉通りの意味しかありません(訳注:ドメイン名を日本語に意訳すると「このMiller Liteのマーケティングは、(別のビールである)Ultraの広告からあなたの気をそらすでしょう」):

https://thismillerlitemarketingstuntwilldistractyoufromultrasbiggamead.com

60字以上あるドメイン名が、とても難題というわけではありません。スーパーボウルのあいだに以下に示す630字以上あるURLの入力を(無料でビールを手に入れることのできる最初の5,000名に入るべく)競争しなければならないというのが、難題です。

入力を求められるURL

それでは、私がこのプロモーションを面白いと思った理由を明かしましょう。

先の短いURLにアクセスすると、うんと長いURLの入力を求められます:

英語表記のURL表示画面

そこで「Español(スペイン語)」というリンクをたどると、ローカライズされたURLを目にすることができます:

スペイン語表記のURL表示画面

ドメイン名の部分(esteurldemillerlitetedistraeradelcomercialdeultraenelgranjuego.com)も含めてローカライズされているのは、とても良いと思います!

Miller Liteは、スーパーボウル向けプロモーションをローカライズしただけでなく、それを目立つように売り込んでいます

念のため補足しますと、これらのURLは画像に埋め込まれており、コピー&ペーストすることはできません。しかし、誰かがTwitterにURL文字列を投稿することを私は確信していますから、私たちは皆、ビールを獲得するためにいくらでも時間をかけることができるでしょう。

Information

書籍「グローバルWebサイト&アプリのススメ」

米国Byte Level Research社の許諾を得て、同社が運営するWebサイト「Global by Design」より、グローバルサイトWebサイト運用に関する記事を翻訳してお届けします。

ミツエーリンクスのグローバルWebサイトソリューション

グローバルビジネスを支えるWebサイトにグローバルスタンダードな品質を提供する、各種サービスをご紹介します。