Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > 「Global by Design」日本語版

「Global by Design」日本語版

米国Byte Level Research社の許諾を得て、同社が運営するWebサイト「Global by Design」の記事を翻訳してお届けします。翻訳の正確性は保証いたしかねますので、必要に応じ原文を参照ください。

ミツエーリンクスでは、「グローバルサイトWebサイト運用」サービスを提供しています。ガバナンスの強化から多言語対応に至るまで、どんな内容でもお気軽にお問い合わせください

自動車業界のグローバルWebサイトで2017年のトップはNissan

(この記事は、2017年6月21日に公開された記事「Nissan: The best global automotive website of 2017」の日本語訳です。)

2017年版Webグローバリゼーション・レポート・カードにおいて、自動車業界からは以下の14のWebサイトを調査しました。

歴史的に、自動車業界のWebサイトは言語サポートは手厚いものの、グローバルでの一貫性やナビゲーションに弱みを持つ傾向があります。多くのサイトがいまだこの傾向に苦労していたなかで、Nissanの新しいグローバルWebサイトのデザインを目にした私は、嬉しく思いました。今回、Nissanが初めて首位に立った最たる理由が、そのデザインにあります。

昨年首位だったBMWは41言語をサポートしていましたが、グローバルでの一貫性については平均並みでした。Nissanの新しいデザインでは、それを上回る一貫性を備えつつ、より深い階層にまでローカル化が施されています。多くの自動車メーカーで、一貫性を担保する範囲が一定の地域、例えばヨーロッパ圏内に限定されているなか、地域をまたいで一貫性が担保されているのは稀なことです。以下に示すのは、Nissanのドイツ向けとブラジル向けのサイトのトップページです:

Nissanのドイツ向けとブラジル向けのサイトのトップページ

自動車会社のサイトにおいて目下、2つの異なる市場に向け一貫性が担保されているのを目にするのは、きっと困難だろうと思います。

Nissanは昨年サポート言語数を一つ増やし、その数でトップのHondaと並んだのですが、46言語もサポートしているのは素晴らしいことです。Nissanはまた、ローカル言語を用いたソーシャルフィードの提供においても他社より優れています。例として、以下にスペイン向けサイトのトップページを示します:

Facebookにスペイン語で投稿されたコンテンツの並ぶ、Nissanのスペイン向けサイトのトップページ

グローバルナビゲーションについてみると、残念ながら、突出して優れているWebサイトはありませんでした。Nissanは他の多くの会社と同様、誤った国旗の使い方をしています。ただし、同社は国名コードのサポートにおいて良い仕事をしています。

アメリカに本社のある自動車会社に限定すると、トップはどの会社でしょう?答えはChevroletです。多くのブランドが実践できていないなかで、Chevroletは多くのグローバルWebサイト向けベストプラクティスを実践しています。同社はまた、アメリカ市場向けにスペイン語をよくサポートしています:

スペイン語をサポートしているChevroletのサイト

今年のレポート・カードで新たに調査対象に加わったのがTeslaです。同社のサイトは、グローバルでの一貫性に強みがある反面、サポート言語とグローバルナビゲーションに弱みがあり、国旗に頼ってもいます。以下に示すのは同社のグローバル・ゲートウェイです:

Teslaのサイトのグローバル・ゲートウェイ

自動車業界で今年、最下位だったのはHyundai。同社のサイトは複数の項目で低い点数でしたが、例外はグローバルのリーチ(サポート言語数)です。Hyundaiが43言語をサポートしているのは注目に値しますが、それはつまり、サポート言語数だけでは優れたグローバルサイトとは言えないことを意味します。

自動車会社は得てして、Webサイトを運営するチームも予算も地域ごとに独立・分散しているもので、結果として国や地域をまたいでデザイン要素を共有しないケースが多く見られます。しかしNissanは共有する方向に歩みを進めてきたわけで、他の自動車会社も後に続くことを私は確信しています

より詳しくは、Webグローバリゼーション・レポート・カードをご利用ください。自動車業界のサイトについてだけで、25ページ以上を割いています。

グローバル観光サイトのトップテン

(この記事は、2017年6月15日に公開された記事「Announcing the top 10 global tourism websites」の日本語訳です。)

Webグローバリゼーション・レポート・カードを作成する一環で、長年にわたり旅行業界のWebサイト(航空会社、ホテル、旅行代理店など)を調査してきましたが、私は観光地のサイト、例えば都市地域のWebサイトについて多くの時間を割いてきませんでした。しかしそれは、今年の初めまでの話です。

目的地はマーケティング — 観光事業のWebサイトに見るグローバルリーダーとベストプラクティス(原題:Destination: Marketing - Global Leaders and Best Practices in Tourism Websites)」の発行をお知らせできるのを、私は嬉しく思います。

このレポートでは6大陸にまたがり55の国や地域、都市の観光サイトを比較調査しました。その中で、トップテンにランクインしたのは以下のサイトです:

1位:ドイツ、2位:フランス、3位:スペイン、4位:パリ、5位:スコットランド、6位:シドニー、7位:ドバイ、8位:オランダ、9位:シンガポール、10位:西オーストラリア州

ドイツのサイトが多くの分野で1位を獲得した背景には、24言語のサポートやサイト内の一貫性、そしてローカル向けコンテンツがあります。

ドイツのサイトの画面キャプチャ

都市のサイトで優れていたのはパリで、サポート言語数が11というのは少なく聞こえるかもしれませんが、しかし都市のサイトにおける平均値よりも上の数字です。

パリのサイトの画面キャプチャ

このレポートにおいて注目に値する発見とは、観光サイトのあいだで言語サポートにおける差が開きつつあることですが、詳しくは後述します。

西オーストラリア州は、地域のWebサイトの中でトップです。以下の画面キャプチャに見られるように、ヘッダーにある地球のアイコンが、グローバル・ゲートウェイを強調するために使われています。とても良い感じです。

西オーストラリア州のサイトの画面キャプチャ

観光地のサイトこそ旅行業界をリードすべき

言語サポートは、観光サイトが改善を必要とする領域の一つに過ぎません。今回のレポートでは、観光サイトで使われている多種多様なナビゲーション戦略を丁寧に記録し、全ての観光サイトで検討に値するベストプラクティスを提供しています。また、同レポートはローカル向けコンテンツ、ソーシャルメディア、モバイルユーザーのサポートについても(弱点についても)取り扱っています。

私はこのレポートが、観光サイトのグローバル対応をより強固なものとする手助けになることを願っています。旅行や観光の業界はグローバル経済より速いペースで成長しており、世界旅行ツーリズム協議会によると、2017年には地球上の業務の9分の1を占めると見積もられているのです。観光地のサイトは旅行者を惹きつける上で重要な役割を果たしますが、その半数以上は英語を話しません。

「目的地はマーケティング — 観光事業のWebサイトに見るグローバルリーダーとベストプラクティス」レポートの表紙

レポートの詳細については、Destination: Marketing - Global Leaders and Best Practices in Tourism Websitesのページをご覧ください。

コンシューマー向けテクノロジー企業で2017年、最も優れたグローバルWebサイトを運営していたのはMicrosoft

(この記事は、2017年6月11日に公開された記事「Microsoft: The best global consumer technology website of 2017」の日本語訳です。)

2017年版Webグローバリゼーション・レポート・カードに向け、次に挙げるコンシューマー向けテクノロジー企業のWebサイトを調査しました:

今年、MicrosoftAdobeが同点首位となりましたが、サポート言語数ではMicrosoftの方が優っていました。両社に加えNikonの都合3社は、業界を問わない総合順位においてもトップ25にランクインしています。Microsoftは、43言語(アメリカ英語を含まない)でこのカテゴリーを先導しています。同社のデザインはグローバルで一貫しており、以下にドイツ向けのホームページの画面キャプチャを示します:

ドイツ向けのMicrosoftのWebサイト

Microsoftは緩く関連したブランドからなる複合企業であり、その点がWebサイトの構造にチャレンジをもたらしています。あなたなら、自社がMicrosoftのエコシステムの一部を成していることを、サイトの訪問者に対してどのように知らせるでしょう?2階層のナビゲーション構造は、クリーンで軽量なソリューションであり、親ブランドの傘下にありながら独立した異なるブランドを数多くサポートする企業にとって、大抵うまく機能するものです。以下に示すのはSurface、Office、Windowsそれぞれのヘッダーです:

Surface、Office、Windowsそれぞれのヘッダー

Microsoftのグローバル・ゲートウェイはユニバーサルで、それはつまりそれぞれの国または地域へのリンクラベルは、それぞれの現地語で適切に表示されていることを意味します。このゲートウェイはブランドごとに手が加えられていて、例えばSurfaceのそれを以下に示します:

Microsoftのグローバル・ゲートウェイ

改善が求められる点が一つあって、グローバル・ゲートウェイへのリンクはフッターよりヘッダーに位置させた方が(そしてこの地球のアイコンはもっと一般的なものに差し替えた方が)良いでしょう:

Microsoftのグローバル・ゲートウェイへのリンクにあるアイコン

Adobe

Adobeは昨年、34言語のサポートを維持しました。Adobeはまた、グローバルで一貫したテンプレートを使用し続けており、それはモバイルフレンドリーでもあります。ローカライズ版のWebサイトの存在を訪問者に親切に知らせるために、Adobeはジオロケーションをとてもうまく活用しています。以下に示すのは、フランスからの訪問者がwww.adobe.comにアクセスした際、フランス向けWebサイトが利用できることを知らせつつ、.comのサイトも継続して利用できるようにしている様子です。

フランスからの訪問者がwww.adobe.comにアクセスした際に目にするアラートダイアログ

このやり方は、ユーザーに権限を残している点で分別があります。結局のところ、訪問者の多くは実際は.comサイトを利用し続けたいかもしれず、ユーザーの意向を尊重するのは重要なことです。

Appleはどうでしょう?

Appleは昨年ちょっとした、しかし重要な言語をサポート言語に加えました。アラビア語です。同社のWebサイトは目下、34言語をサポートしていますが、ヘブライ語セルビア語スロヴェニア語といった、より多くの言語をサポートすべきだと私は思います。以下の画面キャプチャに示すのは、アラブ首長国連邦向けにアラビア語で作られた新しいサイトです:

アラブ首長国連邦向けにアラビア語で作られたAppleのWebサイト

Appleは先週、そのデザインに手を加えたのですが、残念なことにグローバル・ゲートウェイはフッターに隠されたままとなっています:

AppleのWebサイトのフッター

さらに残念なことに、そのゲートウェイメニューは国旗に頼り続けています。

Appleのゲートウェイメニューに見られる国旗

私はもう何年ものあいだ、Appleに対して国旗を使うことを止めるよう説得をしてきました。理由は、過去の記事「Appleのグローバル・ゲートウェイに見る、国旗を載せるべきではない理由」でお読みになれます。遠くない将来、何らかの動きが見られることを期待したいと思います。

Webサイトのグローバル対応に関するベストプラクティスについて、より詳しくは2017年版Webグローバリゼーション・レポート・カードをご利用ください。

追伸:レポート・カードを購入されたすべての皆様に、著書『Think Outside the Country』をサイン入りでプレゼントしています!

急成長と共に現地語によるコンテンツを必要とする国、インド

(この記事は、2017年6月1日に公開された記事「India: Growing like crazy and craving local-language content」の日本語訳です。)

Kleiner PerkinsのMary Meeker氏が本日、2017 Internet Trendsというレポートを公開しました。それは物凄い情報量のスライドなのですが、前回このレポートに言及したのは2014年のことです。

今年のスライドで私の目を引いたのは、インドにフォーカスした中のいちページで、同国のインターネットユーザーの46%が主に現地語で書かれたコンテンツを消費している様を示したものです。

インドのインターネットユーザーが消費するコンテンツの言語における現地語とそれ以外の比率を示したグラフ。現地語の割合は2012年の41%以降、年々高まっている。

この数字は、私がかつて推測していたよりも高いものであり、数年にわたって私が述べてきたことを強調するものでもあります。それはつまり、英語さえサポートすればインドで成功できるとは考えられなくなりつつある、ということです。

GoogleFacebookは、だいぶ前からそのような状況を認識し、今や29あるインドの公用語のうち大半をサポートしています。一体、いつになったら他のグローバルブランドも同じ認識に至るのでしょうか?

何と言っても、インドは最も急速に成長を遂げている市場であり、また成長の余地はまだまだあります。

2016年の世界各国のGDPとGDPの成長率を表したグラフ。インドの成長率は6.8%で最も高い。

2017年版Webグローバリゼーション・レポート・カードにおいて、世界で名だたるブランドのうちたった6%しか、インドの言語で最も人気のあるヒンディー語をサポートしていません。ヒンディー語に次いで人気があるのはウルドゥー語で、タミル語が後に続きます。

Amazonはインド市場にとても投資しており、かつて中国のeコマース市場を支配しようとした(そしてその試みの大部分は失敗に終わった)時と同じ轍を踏まぬようにしているのは明らかです。昨年の秋、Amazonが「光のフェスティバル」と呼ばれるお祭りをお祝いしていたのをご存知でしたか?

「光のフェスティバル」を祝福しているAmazonのページ

インドでは昨年、Webのユーザーが1億人以上増えていますが、これは他のどの国よりも多い人数です。

もし時間が許すなら、スライド全ページをチェックしてみてください。300ページ以上あることは承知していますが、斜め読みするだけでも何かしら得るものがあることを約束します。私がそうでしたから!

追伸:私の最新著作『Think Outside the Country』では、インドについての節を含めています。

Verbaccinoからのインタビュー

(この記事は、2017年5月3日に公開された記事「My conversation with Verbaccino」の日本語訳です。)

ポッドキャストに出演させていただき、Verbaccino社のKathrin Bussmann氏に感謝したいと思います。私の回は、TWM 059: Why Successful Brands Invest in Web Globalization w/ John Yunker • Verbaccinoで聞くことができます。

(訳注:Verbaccinoは、国際的なマーケティングについてのコンサルタント会社です。「The Worldly Marketer Podcast」と名付けらたポッドキャストでは毎週、同社のKathrin Bussmann氏が、グローバルマーケティング分野の異なる専門家を招きインタビューをしています。)

言語とは目的を達成するための手段であり、目的地であると同時に旅そのものでもある

(この記事は、2017年4月20日に公開された記事「Languages are a means to an end, a journey as well as a destination」の日本語訳です。)

少し前に私は「The Seattle Times」の特別記事面に、グローバルに思考することの重要性と価値について、寄稿しました。以下はその記事からの引用です:

Starbucksについてみてみましょう。2003年当時、グローバル展開に野心満々だったこの企業は、ほんの3言語しかサポートしていませんでした。今日、Starbucksは25の言語をサポートしていますが、その数は他のグローバル企業と比べない限り、多いように聞こえるかもしれません。先進的なグローバル企業に限ってみますと、サポート言語数の平均は31で、これは近年の私の調査の中では新たな基準となっています。中には、何年も前に30言語をサポート済みの企業もあります。Facebookは90以上をサポートし、Googleに至っては100以上の言語をサポートしているのです。

サポート言語数の増加は、単に技術的な現象ではありません。John Deere(訳注:米国に本拠地を置く農業機械や建設機械のメーカー)は31言語、Fordは42言語、Jack Danielsでさえ22言語をサポートしています。

つまり、米国のリーダー達が孤立主義のレトリックを語る一方で、あらゆる規模の米国の企業は異なる言語、実際のところ多くの言語を用いています。

全文はGlobal trade, when done fairly, can be a positive force | The Seattle Timesでお読みになれます。

2017年、小売業界で最も優れたグローバルWebサイトはIKEA

(この記事は、2017年4月17日に公開された記事「IKEA: The best global retail website of 2017」の日本語訳です。)

2017年版Webグローバリゼーション・レポート・カードにおいて、私は次の9つの小売業のWebサイトを比較調査しました:

このレポートの目的のために、小売業界の調査対象は、進出した市場の地域で実際に店舗を構えている企業に限定しました。Amazonについては、まだ実店舗を展開し始めたばかりの状況にあり、私は同社を伝統的な小売企業というよりWebサービスの企業と認識しているため、eBayやGoogleといったWebサイトと比較しました。このように区別した理由は、既に実店舗を世界的に展開しており、国ごとにユニークなWebサイトを運営している現地法人を擁しているかもしれない企業にフォーカスするためです。

グローバルに小売業を営む組織が直面する、Webサイトのグローバル化におけるチャレンジの一つに、共通のデザインテンプレートで異なる役割や文化に対応することが挙げられます。それは、McDonald'sWalmartといった企業がこれまでのところ避けてきたゴールでもあります。今年、首位に輝いたのはIKEAであり、僅差でStarbucksに勝りました。

IKEAはこの一年の間にサポート言語を2言語追加し、トータルで34言語をサポートしています。同じ小売業界において、IKEAより多くの言語をサポートしているのは、McDonald'sだけです。

IKEAは、グローバル規模での一貫性の担保と、より深いレベルのローカリゼーションにおいて、素晴らしい実績を上げ続けています。昨年一年間のうちにIKEAが行った改善の中で、重要と私が思うものをここで指摘しておきましょう。

初めに少々、背景を語っておきます。IKEAは、スプラッシュ画面にグローバル・ゲートウェイを採用した最初の企業の中の一社であり、つい昨年まで以下に示すようなスプラッシュ画面を用いていました:

かつてIKEAが採用していた、スプラッシュ画面のグローバル・ゲートウェイ

グローバルWebサイトの黎明期において、IKEAはこの種のグローバル・ゲートウェイを採用した点で優れていました。ジオロケーションは当時まだ確立された技術ではなく、世界中から.comドメインを訪れたユーザーが国や地域ごとのサイトを見つけるのに、スプラッシュ画面は理想的な手段だったのです。

しかし時が経ち、人々はイライラするようになりました。彼らは、グローバルなホームページにアクセスするたび、スプラッシュ画面上のグローバル・ゲートウェイを目にしたくなかったのです。それこそは、ジオロケーションが普及し始めた所以です。

幸いにしてIKEAは今や、ジオロケーションを用いユーザーを適切に出迎えます。

米国内の誰かがIKEA.comにアクセスしたとすると、次のようなページが表示されます:

米国からIKEA.comにアクセスした際の画面キャプチャ

英国の顧客であれば、次のようなページを目にすることになるでしょう:

英国からIKEA.comにアクセスした際の画面キャプチャ

IKEAのグローバル・ゲートウェイは、(国旗への過剰な依存という点で)改善の余地があります。しかしこのジオロケーションを使う動きは、グローバルなユーザビリティにとって大きな前進であり、同社が小売業界のリーダーとなった理由の一つでもあります。

LUSHもまたジオロケーションを活用しています。以下の画面キャプチャは、同社が日本からの訪問者に対し表示させているページです。残念なことに、日本語はサポートされていません。

日本からLUSHのサイトにアクセスした際の画面キャプチャ

McDonald'sは小売業界において、サポート言語数では41でトップでありながら、一貫性の担保において多くのグローバルWebサイトに後れを取っています。以下に示すのは、デザインがどれだけ変化しているかをご理解いただくために、3カ国のホームページを並べたものです。

McDonald'sの3つの異なるサイトのページ比較

McDonald'sは、グローバル・テンプレートを採用することで、膨大なリソースを節約できるはずです。これはユーザーにとっても益のあることで、なぜなら.comドメインのサイトと国ごとのサイトを行き来する(これはよくあるシナリオです)際、ユーザーは一貫したナビゲーションとブランディングを目にすることになるからです。

Walmartは、Webサイトのグローバル化のベストプラクティス採用について、後れを取り続けています。しかし、少しばかり前進している様はみてとれます。例えば、ユーザーを国ごとのサイトに自動的に導くために、同社はジオロケーションを用いています。そのため、ブラジル国内からwalmart.comにアクセスしたユーザーは、ブラジル向けのサイトに誘導されることになります。私は、ジオロケーションの活用を称賛する一方、全てのページのヘッダーに視覚的にわかりやすいグローバル・ゲートウェイを設置していない点については、ユーザーが強制的な誘導を容易に回避することができないことから、好ましくないと考えます。

より詳しくは、2017年版Webグローバリゼーション・レポート・カードをご覧ください。

追伸:Webグローバリゼーション・レポート・カードを購入された全ての方に、サイン入りで『Think Outside the Country』を贈呈します。

Pick Up