「Global by Design」日本語版

米国Byte Level Research社の許諾を得て、同社が運営するWebサイト「Global by Design」の記事を翻訳してお届けします。翻訳の正確性は保証いたしかねますので、必要に応じ原文を参照ください。

ミツエーリンクスでは、「グローバルWebサイト運用」サービスを提供しています。ガバナンスの強化から多言語対応に至るまで、どんな内容でもお気軽にお問い合わせください

Mailchimpのグローバルサイトにおけるささやかな、しかし重要な改善

(この記事は、2022年5月8日に公開された記事「Mailchimp makes a subtle but important global improvement」の日本語訳です。)

昨年、Mailchimpがグローバル展開を開始した際、私はいくつかの初歩的な誤りを指摘しました

Mailchimpは、大きなヘッダー上で多言語対応を告知していました:

Mailchimpのサイトで多言語対応を告知するヘッダー

地球を模したアイコンは当時(そして今も)完璧でした。しかし、その表示場所に問題がありました。グローバルゲートウェイは、ヘッダー全体を占めないまでも、それにふさわしい表示場所を必要としていました。

また、例えばドイツ語を選択した場合、以下に示すヘッダーが表示されることになります:

文言がすべてドイツ語に置き換えられたMailchimpのヘッダー

スーパーヘッダーにある文言すべてがドイツ語に書き換えられることで、Webサイトがサポートしている他の6言語を必要とするユーザーにとっては、用をなさなくなることが問題でした。

幸い、現在Mailchimpにアクセスすると、次のように表示されます:

現在のMailchimpのサイトにあるヘッダー

ご覧の通り、グローバルゲートウェイはメインヘッダーの右上、つまり一般的に最も適した場所に表示されています。いまだフッターに表示されることが多いので、この場所で表示されるのをとても嬉しく思います。

地球のアイコンをクリックすると、以下に示すメニューが表示されます:

Mailchimpのグローバルゲートウェイでメニューを展開させたところ

最高にエレガントなUIというわけではありませんし、他のメニューに見られるデザイン要素を活用しているようにも映りません。しかし、ラベルはそれぞれの言語でちゃんと表示されています。

Mailchimpのサイトに携わる人々は、ヘッダーに同様のグローバルゲートウェイを実装するよう、Intuit(訳注:IntuitはMailchimpを買収した企業)の上層部を説得する必要があります(Intuitサイトでは現在、グローバルゲートウェイがフッターにあるうえ、悲しいかな国旗を使用しています)。

Mailchimpが2022年版Webグローバリゼーション・レポートカードに含まれなかったのは、グローバル化の初期段階における誤りが大きな要因です。しかし、おそらく2023年版には含まれることでしょう。

AdobeがグローバルWebサイトでトップクラスの理由

(この記事は、2022年5月2日に公開された記事「Why Adobe is one of the best global websites」の日本語訳です。)

2022年版Webグローバリゼーション・レポートカードでは、以下の16のコンシューマー向けテクノロジー企業のWebサイトをベンチマークしました:

  • Adobe
  • Apple
  • Canon
  • Dell
  • Fujifilm
  • HP
  • Lenovo
  • LG
  • Microsoft
  • Nikon
  • Nintendo
  • Panasonic
  • Samsung
  • Sony
  • Toshiba
  • Xiaomi (Mi)

Adobeが2年連続で1位で、その後に続くMicrosoftは、グローバルにおける一貫性やナビゲーションといった点で後れをとり続けています。

いっぽう、Appleはスローモーションのごとく順位を上げ続けています。

Adobeは昨年、チリタイ向けのローカライズ版Webサイトを開設し、37言語をサポートするなど、グローバル展開を拡大しました。また以下に示すトルコ向けと日本向けのWebサイトからわかるように、グローバルな一貫性を保つことが同社のWebアーキテクチャの基本となっています:

Adobeのトルコ向け(左)と日本向け(右)のWebサイト

Adobeは、.comサイトを訪れたユーザーの目的地が本当にそのサイトかを確認するために、位置情報に基づくオーバーレイ表示を使用した先駆的な企業です。たとえばスペインから.comサイトにアクセスすると、以下に示すような2カ国語のオーバーレイが表示されます:

2カ国語のオーバーレイ表示

Adobeは(.comサイトからリダイレクトしないことで)ユーザーの意図を尊重しつつ、スペイン向けのWebサイトに手動で簡単に切り替えられるようにしています。世界の人々がローカルサイトに移動するのに直面する多くの課題を、多くの企業が見過ごし続けています。

ローカリゼーションの度合いは、ほとんどの製品セグメントで堅調に推移しています。言語間のギャップを埋めるべく、Adobeはカスタマーサポートプラットフォームの一部として、機械翻訳を提供し続けています。以下に示すのは、テキストをスペイン語に翻訳した際に表示される画面です。Microsoft Translatorを使用している点に、ご注目ください。

Adobeのサイトでテキストをスペイン語に翻訳した際に表示される画面

改善点を1つ述べるなら、グローバルゲートウェイのアイコンをフッターからヘッダーに移し、それを目立たせることを勧めます。

Adobeのサイトでフッターにあるグローバルゲートウェイのアイコン

言うは易く行うは難し、と私は思いますが、レポートカードに記したように、それを実行に移す企業は増えてきています。

全体として、AdobeはすべてのWebグローバリゼーション基準において優れており、このカテゴリの首位であるだけでなく、ベスト25グローバルWebサイトにもランクインしています。

例外はあるものの、コンシューマー向けテクノロジー企業は全般的に、サポート言語とWebサイトの軽量さの双方でリードしています。

レポートカードからのその他のハイライト

  • 昨年、AppleはローカライズされたWebサイトを追加し、サポート言語数は(この規模の企業としては)驚くに値しない、36言語となりました。
  • Sonyは昨年、グローバルナビゲーションにおいて大きく後退しました。
  • Dellは機械翻訳をうまく利用し、膨大な量のサポートコンテンツを公開しています。
  • ToshibaFujifilmは、ヘッダーに国や地域の名前を表示しています。これは、より多くの企業が採用してほしい点です。
  • Nintendoはグローバル展開を前進させています。

2022年版のレポートカードでは、コンシューマー向けテクノロジー企業のWebサイトに40ページを割いています。レポートカードに関するご質問は、お気軽にお問い合わせください

またレポートカードには、「2022年版Webグローバリゼーション・ベストプラクティス&トレンド集」も付属しています。

グローバルeコマースに関するStripeの考察

(この記事は、2022年4月26日に公開された記事「Global ecommerce insights from Stripe」の日本語訳です。)

Stripeの日本向けWebサイトのトップページ

Stripeは昨年、何百万というインターネット企業に代わって、6400億ドル以上を処理しました。金額としては決して小さなものではありませんが、Stripeの創業者たちは最近、社員や顧客に宛てた文書において、グローバルなeコマース(電子商取引)がまだ初期段階にあることを強調しています。

具体的には「2021年におけるオンライン決済は世界中の決済の12%にすぎなかった」と記しています。

Stripeは、その決済プラットフォームを段階的にグローバルに展開しています。記事冒頭に掲載したのは、同社の日本向けWebサイトのトップページで、以下にグローバルゲートウェイのスクリーンショットを載せます。理想を言えば、このゲートウェイはヘッダーに配置されるべきですが、少なくともリンクラベルはそれぞれの言語で表記されています:

StripeのWebサイトにあるグローバルゲートウェイ

今回は、同社のカスタマー・アップデートから、特にグローバルeコマースに関するいくつかの知見を紹介したいと思います。

  • あまり知られていませんが、昨年Stripeに新規参加した企業の大半は、米国外からでした。
  • 2019年から2021年にかけて、国をまたぐ決済の量は、Stripeが事業を展開しているすべての地域で少なくとも2倍になりました。
  • オーストリア、ベルギー、ドイツ、オランダ、ポーランドの事業者は、ヨーロッパで人気のある決済手段(Sofort、iDEAL、Bancontactなど)を受け入れ、取引コストを40ベーシスポイント削減した結果、EUの顧客からの売上が平均40%以上増加しました。

iDEALやInterac、UnionPayなどの支払い方法を知らなくても、心配は無用です。それがグローバルな決済プラットフォームに頼ることの価値というものです。とはいえ、特定の市場で顧客がどのような決済プラットフォームを好むかを把握しておくことは賢明であり、自社のWebサイトでそうしたプラットフォームのサポートをアピールすることができます。

私は長年、Webのグローバリゼーションに携わってきましたが、このような記事を読むと、私たちはまだ黎明期にいるのだと思い知らされます。

インターネットユーザーの多くは英語が母語ではない:あなたのWebサイトは世界に通用しますか?

(この記事は、2022年4月18日に公開された記事「Most internet users are not native-English speakers: Is your website world ready?」の日本語訳です。)

Webグローバリゼーション・レポートカードにおける4つの主要なベンチマーク基準のひとつに、グローバルリーチがあります。具体的には、どの言語をサポートしているか?また何カ国語をサポートしているか?です。

この基準において25点満点を獲得するには、Webサイトが50以上の言語をサポートしていなければなりません。

50言語は、とても多いように聞こえるでしょう。しかし、インターネットをグローバルにとらえるなら、50言語は決して多いとはいえません。世界中で何千という言語が使われているのですから、それに比べれば50言語など些細に聞こえます。

2022年版レポートカードで1位となったWikipediaは、350以上の言語をサポートしています。

Webサイトやソフトウェアのグローバル化においては、個々の言語のネイティブスピーカーの人数に基づいて「メジャーな」言語、「マイナーな」言語といった表現がよく用いられます。ドイツ語、フランス語、中国語はメジャーな言語とされています。いっぽう、マラーティー語(ネイティブスピーカー:8,300万人)やバングラ語/ベンガル語(ネイティブスピーカー:3億人)は、ネイティブスピーカーの数は多いものの、(欧米企業では)マイナー言語と見なされることが少なくありません。そうした類別は、企業が限られた翻訳リソースをより効率的に活用できるようにするためのものです。お金の使い方に優先順位をつけるのは当たり前のことですから、企業が特定の言語に他の言語よりも力を入れてサポートするのは理解できます。しかし、母語としてその言語を扱う側からすれば、マイナーな言語など存在しないことを忘れてはなりません。

以下に紹介するのは、世界41億のインターネットユーザーが話す言語の概要です:

インターネットユーザーが話す言語の内訳を示すグラフ。1位は22%で「その他すべての言語」、2位は20%の中国語、3位は16%の英語、4位は7%のスペイン語と続く。

ご覧のとおり、英語は主要言語ではありません(ただし、世界中で話されている「第二言語」としては、依然として支配的です)。最も多いのは「その他の言語」で、先進的なグローバルWebサイトと見なされる基準として50言語が妥当であることがよくわかります。

より多くの人々がインターネットを使い始めるのに伴い、ヒンディー語アラビア語インドネシア語バングラ語などの言語がますます大きな割合を占めると予想されます。

最後に、Webサイトのグローバル化は目的地ではなく、旅そのものであることを心に留めておいてください。今年は1言語、来年もう1言語と追加していき、ある日振り返ると30言語以上をサポートしていた、ということも起こり得るのです。HondaCoca-ColaFedExAppleといった企業のように。

2000年から2022年にかけての平均サポート言語数の推移をあらわすグラフ。2000年には6言語だったのが、2005年には12言語、2010年には22言語、2015年には30言語と、右肩上がりで増加してきた。

世界をリードするブランドの平均サポート言語数は、現在34言語です。

詳しくは、2022年版Webグローバリゼーション・レポートカードをご覧ください。

技術系エンタープライズ企業のグローバルWebサイトで2022年のトップはDHL

(この記事は、2022年4月14日に公開された記事「DHL is the best global enterprise technology website of 2022」の日本語訳です。)

2022年版Webグローバリゼーション・レポートカードの「技術系エンタープライズ企業」カテゴリーには、ソフトウェア企業やハードウェア企業、またDHLやFedEXといった物流や配送に携わる企業など、さまざまな企業が含まれています。今年ベンチマークを行った企業は、以下の通りです:

  • Autodesk
  • Cisco Systems
  • DHL
  • FedEx
  • HP Enterprise
  • Huawei
  • IBM
  • Intel
  • Oracle
  • Pitney Bowes
  • SAP
  • UPS
  • Xerox

今年は初めて物流会社のDHLが首位に躍り出ました。同カテゴリーではかつて、Cisco SystemsIntelなどが首位を飾っています。

DHLは44言語をサポートし、その数はカテゴリー内でトップです。DHLはまた、以前よりグローバルで一貫性があるよう改善したデザインを採用しました。グローバルゲートウェイも、過去2年間で改善されています。モバイル向けのデザインでは、ヘッダーに素晴らしい地球のアイコンを採用したグローバルゲートウェイが設置されています。ヘッダーにグローバルゲートウェイを設置するほどグローバルにユーザーフレンドリーなモバイルサイトは、ほとんどありません。以下に示すのは、アメリカ向けとスペイン向けのサイトです:

DHLのモバイルサイト、左はアメリカ向けで右はスペイン向けの画面キャプチャ

DHLはまた、ジオロケーションを利用しています。以下のスクリーンショットは、ユーザーがドイツから.comのサイトにアクセスした際に表示されたものです。DHLは、ユーザーをドイツ向けのサイトへリダイレクトすると共に、リダイレクトを知らせるメッセージをヘッダーの上に表示しつつ、オプトアウトするための機能を提供しています。

ドイツからDHLの.comのサイトにアクセスした際の表示画面

DHLは、時間をかけてゆっくりと、しかし着実に改善することで、大きな違いを生み出せることを実証しています。その結果として、カテゴリー1位に輝いたということです。

レポートカードにある上記以外のハイライト:

  • FedExは現在39言語をサポートしており、DHLに迫っています。
  • UPSは最近、スロベニア語を新たにサポートしました。
  • Ciscoは、グローバルサイト(.com)のデザインリニューアルを試験しているようです。
  • 残念ながら過去2年間でIBMはサポート言語の数をほぼ半減させています。

「技術系エンタープライズ企業」カテゴリーには、レポートカードのうち35ページを割いています。ご質問があれば、お気軽にご連絡ください。またレポートカードには、2022年版Webグローバリゼーション・ベストプラクティス&トレンド集もセットになっています。

Märklinの鉄道模型と、言語にまつわる期待値の管理

(この記事は、2022年4月11日に公開された記事「Of Märklin model trains and managing language expectations」の日本語訳です。)

鉄道模型に情熱を傾ける人にとって、Märklinは他の追随を許さない存在です。いくつかの模型を見れば、それが実際の列車ではないなんて、信じ難いことでしょう。

Märklinの精巧な鉄道模型

幸いなことに、私には鉄道模型に思いを巡らす余裕なんてありません。余裕があったら、すぐ夢中になってしまうのは明らかです(私の弱点はタイプライターです)。

にもかかわらず、同社のWebサイトをしばらく見ているうち、アメリカ向けのサイト上にあった、ニュースレターのボタンをクリックしました:

Märklinのアメリカ向けサイトにあるニュースレター購読ボタン

すると、ドイツ語のニュースレター登録フォームにたどり着きました(Märklinはドイツの会社です):

ドイツ語のニュースレター登録フォーム

理想を言えば、ニュースレターがドイツ語のものであることをクリックより前に把握できるよう、Märklinはニュースレターのボタンにそういう趣旨のテキストを含めるべきでした。そうすれば、私の時間と失望を少しは節約できたでしょう。

Webローカリゼーションでは、期待値を管理することが重要です。

Märklinは、別の複数の場所で、言語にまつわる期待をうまく管理しています。例えば、以下に示すように、英語で視聴できるビデオがあることを紹介しています。細かいことですが、これは重要なことです。

英語で視聴できるビデオの紹介画面

Webサイトのグローバリゼーションにおいて、あらゆるコンテンツをあらゆる言語でローカライズすることを目指して当然です。しかし、どう頑張ってもその目標を達成することはありません(少なくとも当分のあいだは)。

そういうわけで、言語とコンテンツのあいだに(どのサイトもそうであるように)ギャップがある場合、期待値を前向きに管理することに重点を置いてください。ローカライズしたコンテンツでギャップがあると、そのユーザーが用いる言語において、間違いなく失敗してしまうでしょう。

プロフェッショナル・サービスのグローバルWebサイトでDeloitteが2年連続して首位を獲得

(この記事は、2022年3月30日に公開された記事「The best global professional services website is Deloitte, again」の日本語訳です。)

2022年版Webグローバリゼーション・レポートカードでは、プロフェッショナル・サービスについて以下の7社のWebサイトをベンチマークしました。

  • Accenture
  • Capgemini
  • Deloitte
  • Ernst & Young
  • Goldman Sachs
  • KPMG
  • PwC

Deloitteが今年も首位を維持し、僅差でKPMGが続きました。

グローバルな改善やサポート言語の追加といった点では、2021年は比較的、動きの穏やかな年でした。サポート言語を追加した2社は、Ernst & YoungGoldman Sachsです。

Deloitteは引き続き、日本とアメリカの両サイトからお分かりのように、グローバルに一貫したテンプレートを適用している点で優れています:

Deloitteのアメリカ向けサイト(左)と日本向けサイト('右)

Deloitteは、プロフェッショナル・サービスの企業として初めて汎用的な地球儀のアイコンを採用しましたが、それが今なおヘッダーに見られるのは喜ばしいことです。しかしこのアイコンを、モバイルサイトのヘッダーにも表示するよう、アップグレードをお勧めします。モバイルでは、メニューの中に隠されたままです:

Deloitteのモバイルサイト(左)でメニューを開いた状態(右)。メニューを開かないと、地球儀のアイコンは目視できない

またDeloitteが優れているのは、地域に固有のコンテンツへの投資やプロモーションです。以下に示すのは、スペインとドイツそれぞれに固有なBlogのスクリーンショットです:

Deloitteのスペイン向けBlog(左)とドイツ向けBlog(右)

企業は、検索ランキングの上位に自社ブランドを表示させるべくGoogle対策に何百万ドルも費やし続けています。いっぽう、より良いオーガニック検索結果や、地域の訪問者に優れたユーザー体験をもたらす(それこそ究極の目標です)、地域ごとでタイムリーなコンテンツへの投資は、引き続き控えられています。

レポートからの抜粋

  • プロフェッショナル・サービス部門は、グローバルリーチの面で長いあいだ他の部門に後れをとっていましたが、改善の兆しが見えています。部門としてのサポート言語は平均27言語であり、全体の平均より少ないものの、数年前と比べればはるかに増えています。
  • Ernst & Youngは、新しいデザインのグローバル展開が完了し、言語的な対応力が回復しています。しかし、グローバル視点から見ると、デザイン自体になお改善が必要です。
  • Capgeminiはサポート言語の数では後れをとっていますが、この1年でグローバルの一貫性を高めることに成功しました。

プロフェッショナル・サービスのWebサイトは、ローカルで制作されたコンテンツやソーシャルフィードをサポートしており、高度に分権化された企業構造を反映しています。そのため、異なるオフィスや地域のすべてで共通テンプレートを使用するのは困難を伴います。

しかし、DeloitteKPMG は、そうした非常に複雑なコンテンツのサイロを、分散したカオスとしてではなく、一貫した全体としてユーザーに映るよう管理し続けています。

プロフェッショナル・サービスWebサイトについては、レポートカードのうち19ページを割いています。ご質問があれば、お気軽にご連絡ください

詳しくは、2022年版Webグローバリゼーション・レポートカードならびに2022年版Webグローバリゼーション・ベストプラクティス&トレンド集をご覧ください。

Information

書籍「グローバルWebサイト&アプリのススメ」

米国Byte Level Research社の許諾を得て、同社が運営するWebサイト「Global by Design」より、グローバルサイトWebサイト運用に関する記事を翻訳してお届けします。

ミツエーリンクスのグローバルWebサイトソリューション

グローバルビジネスを支えるWebサイトにグローバルスタンダードな品質を提供する、各種サービスをご紹介します。