Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > 「Global by Design」日本語版

「Global by Design」日本語版

米国Byte Level Research社の許諾を得て、同社が運営するWebサイト「Global by Design」の記事を翻訳してお届けします。翻訳の正確性は保証いたしかねますので、必要に応じ原文を参照ください。

ミツエーリンクスでは、「グローバルサイトWebサイト運用」サービスを提供しています。ガバナンスの強化から多言語対応に至るまで、どんな内容でもお気軽にお問い合わせください

アフリカに未来を見出すのは中国(だけでは無い)

(この記事は、2017年10月12日に公開された記事「China sees the future in Africa (and it's not alone)」の日本語訳です。)

アフリカの国別コードを地図に重ね合わせた図

今年のはじめ、ロサンゼルス・タイムズが中国とアフリカについて素晴らしい記事を連載していたのを、私はようやく読む機会を得ました。

そのパート1だけでも読むことを、私はお勧めします。

エチオピアの首都であるアディスアベバと、港湾都市のジブチを鉄道で結ぶ巨大プロジェクトに、中国は資金提供しています。これまで、ジブチ共和国からの輸出品の多くは、荒廃した道路を用い陸路で運ばれていました。

紛れもなく、中国は慈善的な理由からこれを進めているわけではありません。それはまとまった額のお金を必要とすることです。中国は長期的な視点を持っており、同国の製品を販売しようと考えているのです(そしてそれは過去数年にわたって大きな成功を収めています)。

記事の中から、私が関心を持ったくだりをいくつか紹介します:

経済予測によると、2034年までにアフリカは11億人の労働者を擁することになり、その数は世界の労働人口の内訳で最も多い数となります。2025年までに、アフリカ大陸の消費者は一年あたり2兆ドルを遣うことになるでしょう。

もう一箇所:

Zhang氏(訳注:ロサンゼルス・タイムズの連載記事に登場する中国資本の会社、Huajian Shoe社のCEO)は、エチオピアへの投資を誇りに思っています。彼が言うには、新しい鉄道によって輸送費用はコンテナあたり5,000ドルから3,000ドルに下がるとのこと。また、中国人を一人雇うのと同じコストでエチオピア人を5人雇えると言い、8年以内に50,000人の雇用を彼は計画しています。

「エチオピアはちょうど40年前の中国のようです。」と彼は言います。「容易な場所では無いけれど、5年ないし10年以内には、経済はずっと良くなることでしょう。」

中国は、自身がグローバルブランドを生み出せることを証明するには至っていません。しかし、安価でホワイトレーベルの(訳注:white-labelは意味的にはOEMに近い言葉)製品を生産することについては実証済みです。中国は、自身に似た成長パターンとして、新興の中流消費者層をアフリカに見出しています。文化的、政治的な課題を抱えていないわけではありませんが、アフリカから撤退した西欧諸国に比べれば、歓迎されていると中国はみています。

GoogleMicrosoftFacebookのCEOは皆、過去1年のあいだにナイジェリアを訪れ、開発者のトレーニングや新規ビジネスの支援、インターネット普及への投資をアナウンスしてきました。

What The Google CEO's Visit To Nigeria Means For Africa - Forbes Africa - Forbes Africa

そこですべてのグローバル企業に投げかけられることになるのは、「対アフリカ戦略をお持ちですか?」という問いでしょう。

『Think Outside the Country』を利用されているクラス向け無料ウェビナーのご案内

(この記事は、2017年10月9日に公開された記事「Free webinar for class adoptions of Think Outside the Country」の日本語訳です。)

書籍『Think Outside the Country』表紙

アメリカ国内外で既に私は何度かウェビナー(訳注:「Web」と「セミナー」から作られた造語で、オンラインで行われるセミナーの意味)を開催してきましたが、正式にお知らせしていなかったことに気がつきました。

もし授業などで著書『Think Outside the Country』をご利用いただけているようでしたら、喜んでSkypeを用いたウェビナーをご提供し、同書についてより詳しくお話ししたり、ご質問にお答えしたいと思います。

ご不明の点がございましたら、お問い合わせページからご連絡ください。

グローバルに成功するための言語(そして英語だけを使う多国籍企業の台頭)

(この記事は、2017年10月3日に公開された記事「The Language of Global Success (and the rise of the English-only multinational)」の日本語訳です。)

単一の言語によってグローバル企業が一致団結するという夢は、深遠なものです。従業員はお互いに自由に国境や文化の違いを乗り越え、生産性を向上させ、またアイデアを共有することになるのですから。

しかし現実はというと、その夢よりもかなり厄介です。

かといって、CEO達に夢を見ることを諦めさせるには至っていません。

日本において一流のeコマース企業(そして世界的にトップクラスの収益を誇る企業の一つ)、楽天のCEOである三木谷浩史氏は、夢を見続けてきた一人です。以下のスクリーンショットは、楽天のホームページです。同社はしばしば、同じ日本国内でAmazonと共に言及されます。

楽天のホームページ

三木谷氏は2010年、同社の1万人に及ぶ従業員(うち90%が日本人)が2年以内に英語を使うよう移行することをアナウンスしました。Neeley教授がこの大規模な移行を最前線で指揮したのですが、5年以上にわたる取り組みをまとめたのが書籍『The Language of Global Success(グローバルに成功するための言語)』です。

もしあなたが企業のグローバル化に興味を持っているなら、同書は必読です。Neeley氏は楽天の従業員に対して完全にアクセスすることができました。彼女は調査を行い、日本だけでなくアジア、ヨーロッパ、アメリカ、ブラジルのスタッフにインタビューをしました。楽天のみならず、シーメンスやSAPと行った他の英語のみを使う多国籍企業についても、彼女は長年にわたり研究しました。

Neeley氏は、私がコンサルティング業務を通じてしばしば目にするところの、国境や文化が交差する際の対立的状況を、見事に捉えていました。同時に、5年に及ぶ英語化プロジェクトを通じて集められたエピソードの数々は、愉快なものです。例えば、英語に移行するという知らせをアメリカにいる楽天の役員が耳にしたとき、彼は「私の言語を三木谷氏が選んでくれたことを神に感謝します」と叫んだそうです。

しかし、アメリカのスタッフは結局のところ、共通語には予期せぬチャレンジがつきものであることを認識することになります。日本にある本社がますます英語に対応するにつれ、企業文化(や規則)をあらゆる支社に向け翻訳しやすくなりました。その結果、IDバッジを常に所定の位置に身につけるといったルールが詳述された、電話帳サイズの従業員マニュアルがアメリカのオフィスに届くことになります。取るに足らない、しかし本社では全くそうでないIDバッジのせいで咎められたアメリカ人従業員がどう感じたかは、想像に難く無いでしょう。

最終的に、誰もがこの移行により国外居住者のような存在となりました。Neely氏は3つにこれを分類しています:

この中で新たな「グローバル」文化に最もよく適合したのは、二重国外居住者でした。彼らは初日から言語と文化が入り混じった状態に直面した結果として、ステータスなりコントロールの喪失を途中で覚えることはなかったのです。

英語化 vs. アメリカ化

英語を共通語に選んだことは、分かり切った結果であると同時に、物議をかもす選択でもあります。英語は全世界で非公式の第二言語となっていますが、言語と文化を区別するのは大切なことです。楽天が共通語に英語を選んだからといって、同社のCEOがアメリカ文化ないし西洋の文化を取り入れることは意味しません。楽天の企業文化に(体制順応的よりむしろ起業家気質へ)変化がもたらされることを彼が望んだのは明らかですが、実際にもたらされたかを私は知りません。本の末尾で、楽天は今なおとても日本企業らしいけれども、しかし英語の共通語化を実現した企業として記されています。

公平のために、もともと英語を母語としていた人々については、第二言語の選択が求められることを、私は提案します。アメリカ支社であれば、スペイン語が妥当でしょう。そうすることが、英語が「最良の」選択というわけではなく、単にグローバル企業にとってそれが最も実用的であるというメッセージになります。

本の中から要点をいくつかご紹介:

結論:それは苦労に見合うだけの価値があったでしょうか?

三木谷氏は価値があったとしており、多くの従業員も同意しています。生産性については道半ばですが、楽天はグローバル企業にとって不可避のことをやってのけたと主張できるでしょう。

同社はこの5年間で成長を遂げ、英語を話す人材をグローバルに採用するうえでより良い状況にあります。異なる地域性のあいだから、文化的背景が入り混じって生まれるアイデアは、明らかに同社にとって大きなプラスであり、恐らくは最も好ましいことでしょう。

The Language of Global Success: How a Common Tongue Transforms Multinational Organizations
Tsedal Neeley 著
Princeton University Press

中国人の海外旅行者数は1億2千万人に達するも、対応はまだこれから

(この記事は、2017年8月14日に公開された記事「China: 120 million international travelers and just getting started」の日本語訳です。)

2016年には1億2千万人以上の中国人が、海外旅行に出かけました。この人数は、概ね日本の人口(あるいはカナダ、イタリア、オーストラリアそれぞれの人口を足し合わせた人数)に匹敵します。

しかし、中国でパスポートを所有しているのは国民の10%に過ぎません。

中国に居住する25%の人々が、海外旅行に出かけるようになった時の旅行業界を、想像してみてください。彼らはどこに向かうでしょうか? 何を見に行きたいでしょうか? これらの問いに対する答えのヒントとして、昨年海外旅行に出かけた中国人3千人に対してHotels.comが行ったインタビュー結果があります。

Chinese International Travel Monitor(中国海外旅行動向)』レポートの2017年版には、その結果から得られた知見がまとめられています。もし中国人旅行者について彼らがどこに向かい、その理由はなぜだったか、より良く理解したいと思うなら、同レポートは必読です。

私が興味を惹かれた項目をいくつか、以下に紹介します:

果たしてこれは、ホテル及びその他の旅行業界にとって何を意味するでしょう? 興味・関心を寄せ、素早く判断のうえWebサイト、コールセンター、ソーシャルメディアのいずれにおいても、北京語のわかるスタッフを備え、中国人をサポートしたほうが良いでしょう。調査結果では、ホテルのローカライゼーションの不十分さが課題のトップ5の一つに挙げられています。

2ヶ月前に私が調査した旅行関連のグローバルWebサイトでは、中国語のサポート状況は芳しくありませんでした。以下に示すように、新たに作成したレポート『Destination: Marketing(目的地はマーケティング)』によると、調査対象のうちたった64%しか中国語をサポートしていません。

旅行業界のWebサイトでサポートされている言語トップ10をあらわしたグラフ。1位:ドイツ語(78%)、2位:フランス語(67%)、3位:アメリカ英語(64%)、4位:中国語(簡体字)(64%)、5位:日本語(53%)、6位:韓国語(45%)、7位:イタリア語(45%)、8位:スペイン語(スペイン)(44%)、9位:ポルトガル語(ブラジル)(38%)、10位:ロシア語(38%)

また、VISAあるいはマスターカードのへの対応も十分ではありません。多くの中国人旅行者が好む支払い方法は、UnionPayです。

『Chinese International Travel Monitor』はこちらでダウンロードできます。

そしてもし旅行/観光業界で、最も優れたグローバルWebサイトがどこか知りたければ、『Destination: Marketing』をチェックしてください。

最後に、あなたが担当しているWebサイトを中国向けにローカライズすることのヒントが必要であれば、著書『Think Outside the Country(他国について考える)』をチェックしてください。

アジアに進出するなら中国、日本、韓国だけでなく......

(この記事は、2017年8月8日に公開された記事「When looking at Asia, look beyond China, Japan and South Korea...」の日本語訳です。)

歴史的に、欧米企業がアジアへの進出を計画する際、まず中国日本韓国の3市場(もしくはそのいずれか)にフォーカスするのが常でありました。

今日、アジア進出を目論む企業であればどこであれ、先述の3市場に対象を限定すべきではありません。新興のASEAN諸国には、多くの機会が眠っています。

ASEAN(東南アジア諸国連合)とはAssociation of South‐East Asian Nationsの頭字語で、広範に及ぶ急成長中の多言語市場を擁する10カ国が参加しています。参加国を、以下に国別コードで表現してみました。記事の最後に参加国のリストを記しておくので、国別コードだけでどれだけ類推できるか、試してください。

.bn / .kh / .id / .la / .my / .mm / .ph / .sg / .th / .vn

最近、Nielsenが発行したレポート『Rethinking ASEAN(ASEAN再考)』には、次のようにあります:

......ASEANのうち人口が50万から500万の地域は、高い確度で次に成長が見込まれている地域ですが、これは広く信じ込まれている、ジャカルタやマニラ、バンコクといった大都市だけが成長を牽引するとの説に異を唱えるものです。

以下に引用する興味深い図は、重要なデータをいくつか視覚化したもので、より小さな市場(そしてその市場が位置する地域)ほど、より大規模な市場にみられるより急速な成長を遂げていることを示しています。アジア進出を計画するなら、規模の大きな市場(や都市)のその先を考えるのは悪いことでは無い、とも言い換えられます。

ASEANにおける消費についてのインフォグラフィックス(引用)。特定の地域の成長率は国内の平均値より7倍以上になり得るほか、2016年から2030年にかけてのチョコレート需要は大都市(人口500万人以上)に比べ中規模の(人口100〜500万人)地域の方が2倍以上といったデータが示されている。

Webのローカライゼーションの視点からすると、過去数年にわたり、これらの国に対するかなりの投資を私はみてきました。グローバルブランドのサイトにみられる新興のアジア言語を3つについて、以下のグラフを2017年版Webグローバリゼーション・レポート・カードから紹介します。タイ語は今や、すべてのグローバルブランドの半数以上のWebサイトで使われています。

2014年と2017年における、新興のアジア言語の使用率を比較した棒グラフ。インドネシア語は26%から43%、ベトナム語は39%から45%、タイ語は47%から55%へそれぞれ増加。

成長の余地は、まだまだあります。マレーシア語ピリピノ語は、ほとんどのグローバル企業でまだサポートされていません。向こう数年のうちに、この状況が変化するのは間違いないでしょう。

ところで、国別コードからあなたは何カ国を言い当てられたか、答え合わせをしましょう......

ASEAN加盟国

2017年、プロフェッショナル・サービスで最も優れていたグローバルWebサイトはKPMGのサイト

(この記事は、2017年7月31日に公開された記事「KPMG: The best global professional services website of 2017」の日本語訳です。)

2017年版Webグローバリゼーション・レポート・カードにおいて、以下のプロフェッショナル・サービスのWebサイトを調査しました:

過去18ヶ月のうちKPMGDeloittePwCの各社はいずれも新たなデザインにWebサイトをリニューアルしています。加えてそれらのサイトでは、個々の地域に関連したコンテンツを作っているだけでなく、そのプロモーションについても継続的に改善がなされています。

今年、僅差でPwCに辛勝したのはKPMGですが、わずかに優っていたのはサポート言語数でした。なおKPMGとPwCはともに、グローバルWebサイトの総合ランキングで上位25位内にランクインしています。

完全にレスポンシブで、グローバルに一貫した新しいデザインとあわせて、昨年KPMGがWebサイトに加えた改善点を見てみましょう:

KPMGのWebサイトの画面キャプチャ

一年前には、Webサイトは完全なレスポンシブデザインを採用していませんでしたし、グローバル・ゲートウェイは以下に示す、すべての国名を列挙した非効率的なプルダウンメニューでした:

非効率的なプルダウンメニューだったKPMGのWebサイトのグローバル・ゲートウェイ

新しいグローバル・ゲートウェイは、それと比べ多少、改善されています。すべてのメニュー項目へのリンクを提供する代わりに、推奨されるリンクを一つ(ないし少数)だけ提供するのです。以下はアメリカからの訪問者が目にするグローバル・ゲートウェイです:

アメリカからの訪問者が目にするKPMGのWebサイトのグローバル・ゲートウェイ

以下は、ウクライナからの訪問者が目にするグローバル・ゲートウェイになります:

ウクライナからの訪問者が目にするKPMGのWebサイトのグローバル・ゲートウェイ

これが優れているのは、言語またはアクセス元から類推される地域から選び出された結果の「切り替え」を提供している点です。しかし私なら、ヘッダーでその切り替えを見える化することを勧めるでしょう。加えて、すべてのメニュー項目を提供するグローバル・ゲートウェイにリンクした地球のアイコンを設置すれば、完全に異なる国や地域のサイトにアクセスしたい訪問者を誘導することができるでしょう。

モバイルデバイスからアクセスしても、グローバル・ゲートウェイがヘッダーに位置しているのは、良いことです。

モバイルデバイスで表示したKPMGのWebサイトのグローバル・ゲートウェイ

しかしKPMGは、「現在地」をあらわしているかに見えるアイコンを使用しています。レポート・カードの中で述べているように、このアイコンは近所にあるお店のような、物理的な場所をみつける目的でよく用いられるものです。地域に特化したコンテンツをみつける目的において、訪問者がこのアイコンをクリックしない状況は起こり得ます。

より詳しくは、2017年版Webグローバリゼーション・レポート・カードをチェックしてください。

追伸:レポート・カードを購入されたすべての皆様に、著書『Think Outside the Country』を差し上げています。

サポート言語で差が開きつつある旅行業界と観光業界のWebサイト

(この記事は、2017年7月5日に公開された記事「The growing language gap between travel and tourism websites」の日本語訳です。)

観光客向けと思しきエクアドルの看板

旅行業界では長年にわたり、Webサイトのグローバル対応が他の業界より活発に推進されてきました。サポート言語数でみるとBooking.comが41、Uberは36、KLMが32言語といった具合です。

その一方で、旅行客が訪問する先である観光地のWebサイト、観光サイトに目を向けてみると、それほどグローバル対応は進んでいません。旅行業界で調査したサイトの平均サポート言語数が30言語だったのに対し、観光業界で調査したWebサイトの上位10サイトの平均はたった12言語です。

旅行業界と観光業界のWebサイトにおける平均サポート言語数を比較したグラフ。前者が30に対し後者が12。

調査したグローバル観光サイトでナンバーワンに輝いたドイツは、サポート言語数は24でこの業界を牽引しています。しかし、大半のサイトでサポート言語数はそれよりずっと少なく、トップテンにランクインしたサイトも例外ではありません。

グローバル観光サイトのトップテン

  1. ドイツ
  2. フランス
  3. スペイン
  4. パリ
  5. スコットランド
  6. シドニー
  7. ドバイ
  8. オランダ
  9. シンガポール
  10. 西オーストラリア州

言語は、ローカライズされたWebサイトの存在に対する最も分かりやすい目印ではありますが、それは観光サイトが改善を必要としている事項の一つに過ぎません。新たに作成したレポート「目的地はマーケティング(原題:Destination: Marketing)」では、観光サイトで使われている多種多様なナビゲーション戦略を丁寧に文書化し、また全ての観光サイトが採用すべきベストプラクティスを提供しています。また、同レポートはローカル向けコンテンツ、ソーシャルメディア、モバイルユーザーのサポートについても(弱点についても)取り扱っています。

観光サイトを運営している組織は昨今、必ずしも財政的に潤っているわけではないことは、承知しています。この記事を書いているちょうど今、Brand USAは予算獲得のために奮闘中です。それでもなお、観光サイトを多言語対応させることの価値を主張すべき時だと、私は思います。

考えてみてください。旅行や観光の業界はグローバル経済より速いペースで成長しており、また2017年には地球上の業務の9分の1を占めると見積もられているのです。観光地のサイトは旅行者を惹きつける上で重要な役割を果たしますが、その半数以上は英語を話しません。将来の多言語対応に投資する国や地域、都市はきっとその恩恵を授かり、上位にランクインすることでしょう。

レポート「目的地はマーケティング(原題:Destination: Marketing)」表紙

より詳しくは、Destination: Marketing - Global Leaders and Best Practices in Tourism Websitesのページをご覧ください。

Pick Up