Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > 「Global by Design」日本語版

米国Byte Level Research社の許諾を得て、同社が運営するWebサイト「Global by Design」の記事を翻訳してお届けします。翻訳の正確性は保証いたしかねますので、必要に応じ原文を参照ください。

ミツエーリンクスでは、「グローバルWebサイト運用」サービスを提供しています。ガバナンスの強化から多言語対応に至るまで、どんな内容でもお気軽にお問い合わせください

言語の多様性を国別コードがいかに可能にしているかを示す新たなレポート

(この記事は、2019年7月8日に公開された記事「New report illustrates how country codes enable diversity in languages on the internet」の日本語訳です。)

CircleIDに投稿された記事のおかげで、私はOxford Information Labs(欧州トップレベルドメインレジストリの連合体であるCouncil of European National Top Level Domain Registries、略称CENTRから資金援助を受けている組織)が発行した新しいレポートを見つけることができました。

Oxford Information Labsは、CENTRに属するレジストリのゾーンファイルへのアクセスが与えられており、1,600万以上に及ぶ地理的ドメインで扱われている言語と国別コードについて分析することができます。

レポートによれば、個々の国別コードでホストされているコンテンツの大部分には、以下のグラフが示す通り、その地域の主要言語が用いられています:

ドメインごとの、ホストされたコンテンツに用いられている言語の割合。言語はローカル言語と英語、それら以外の3つで類別されている。

ロシアは、国別コードとローカル言語の一致性にばかりでなく、ロシア語で書かれたコンテンツをキリル文字を使った国際化ドメイン名(Internationalized Domain Name、またはIDN)でホストしている点でも際立っています。

また、国別コードの一つである.nlを管理するSIDNは、オランダの国別コードを用いるドメインがサポートしているコンテンツの言語に関して、調査結果を共有していました。やはり、ローカル言語はよく使われています。

オランダの国別コードを用いるドメインがサポートしているコンテンツの、言語ごとの内訳。オランダ語が75%、英語が23%、ドイツ語が1%、その他が1%を占める。

調査されたドメインの数を踏まえるなら、これらの知見は重要なものであり、ローカルのユーザーがローカル向けコンテンツをより見つけやすくするうえで、国別コードを使用することの価値を反映しています。IDNと同じくらい、国別コードの使用について私が長らく布教活動をしてきたのは、本Blogの読者の皆さんならご存じでしょう。

2019年版Webグローバリゼーション・レポート・カードに向け私が行った調査では、調査対象となったWebサイトの半数以上が、国別コードの使用に関し平均以上の取り組みを行っていますToyotaIKEAAdidasといった企業は、国別コードをうまく活用しています。参考のため、以下に彼らが運営するWebサイトの一部をご紹介します。

Adidas SlovakiaのWebサイトAdidas SlovakiaのWebサイト。 オーバーレイ表示に注目してください。これは、アメリカから訪れたユーザーに対しジオロケーションを活用しています。 ジオロケーションの価値について詳しくは、レポート・カードをご覧ください。

私の調査が世界的に知られるブランドに限定しているのに対し、比較的小さな組織や個人の多くもローカル言語を用いたコンテンツに国別コードを使用していることを、CENTRのレポートは明らかにしています。

国別コードだけをもってローカル向けコンテンツが増えているとは言えませんが、国別コードがコンテンツに正しい「玄関口」を提供することに繋がり、結果としてローカル向けコンテンツの制作やホスティングが促進されると思います。

完全なレポートは20th Anniversary Paper: Diversity through localizationからダウンロードできます。

追伸:以下に示すのは、世界の240以上に及ぶ国別コードを、該当する国の位置に合わせて表示したものです。

世界各国の国別コードで構成した地図

Mary Meeker氏のインターネット・トレンドのスライドからご紹介

(この記事は、2019年6月18日に公開された記事「Selected slides from Mary Meeker's 2019 Internet trends report」の日本語訳です。)

Mary Meeker氏の作成するインターネット・トレンドの年次調査報告書(現在はBond Capitalが公開)を眺めるのを、私は例年楽しみにしています。今年のスライドからいくつか、私の目を引いたものをご紹介します。

グローバルにおけるインターネットユーザーから始めましょう。ヨーロッパ、北アメリカ、南アメリカでは50%をはるかに超えるまで普及した一方、アジアは(この先の大幅な増加が見込まれるものの)ちょうど50%ほどの普及率です。アフリカは、普及し始めたばかりに映ります。

地域ごとのインターネットユーザーの利用率をあらわした棒グラフ。ヨーロッパは78%、北米が89%、ラテンアメリカおよびカリブが62%なのに対し、アジアパシフィックは48%、アフリカおよび中東が32%と低い。

国ごとに見れば、中国とインドがインターネットユーザー数の増加傾向において最も顕著です。しかし西欧企業からすると、インドと違って中国は問題を引き起こしており、そうであるがゆえにAmazonのような企業はインドに向けローカライゼーションへの投資を大幅に増してきました。長きにわたり私がWebグローバリゼーション・レポート・カードや過去の記事「英語さえサポートすればインドで成功できるとお考えなら、再考を」で強調してきたことですが、もはやインドは英語だけで通用する市場ではありません。目下、言語サポートに対する顕著な投資が(ようやく、ですが)認められます。

国ごとのインターネットユーザー数をあらわした棒グラフ。1位は中国、2位はインドで、アメリカは3位。

私はLos Angeles Timesに寄稿したなかで、次のように書きました:

グローバライゼーションの持つ力はシルクロード以来、私たちと共にありました。

しかし、私たちは以前より孤立していました。インターネットが登場するより昔、国から離れようと思えば、物理的に出国するほかありませんでした。しかし今や、海を渡らなければ見聞きすることのなかった言語に出くわすのに、たった1クリックで事足ります。

これは恐ろしいことかもしれません。しかし、アメリカの大手企業なら理解しているように、これは不可逆変化です。グローバライゼーションは厄介かもしれませんが、敵ではないでしょう。無知より恐れるべき対象は多くあります。

グローバル企業は、自身の製品で新たにサポート言語を追加することで、世界のより多くの地域に自身を融合させることができます。その考えは、正しいと思います。インターネットがデバイスを繋げても、人々を繋げるのは言語です。

これは以下のグラフにあらわれています。

1960年から2017年にかけての、グローバルなGDPに占める国をまたいでの通商の割合。2017年の29%に至るまで概ね右肩上がりの推移を示している。

Meeker氏はまた、移民政策がアメリカの成功にとってどれだけ重要かを明らかにしましたが、現政権のもとでそれが損なわれているのは事実です。うまくいけば、この状況は次の大統領選挙で変わるでしょう。

アメリカ国内において技術分野のトップ25社の創業者の顔ぶれをまとめた表。移民の第一世代もしくはその子供が多い。

スライドには、写真共有アプリや画像全般がどれほどインターネットを支配するようになったかを説くページも多く含まれています。しかし、以下に示すページには、疑問を抱きました。

Instagramの共同創設者、Kevin Systrom氏の言葉を引用したスライド。「People have always been visual - our brains are wired for images. Writing was a hack, a detour.」という台詞がある。

読み手でも書き手でもある立場として、何が私の目を引いたかお分かりでしょう。

書くことはハックでした

過去形であっても、疑いの目を向けざるを得ないことに変わりありません!

どうやら、テキストを介したコミュニケーションは、私たちが進化してきたおかげで、ちょっとばかり厄介な局面を迎えているようです(訳注:厄介な局面とは、テキストを軽視する風潮のこと)。ラスコー洞窟の壁画(他のページで参照されています)が、仮に人類のコミュニケーション史における頂点であったなら、Instagramのおかげで私たちはそこに戻りつつあるということでしょう。

技術界のリーダーたちが、あるものが他のものに取って代わられると語るたび、私は疑わしく思います。既に電子メールは、他の何かに置き換わるはずだったのではないですか? 何百万という人々が(一千年以上にわたって)読み続けている、昔ながらの印刷された紙から成る本はどうでしょう?

かつて私はコピーライターだった時期があり、当時は広告代理店がアーティストやライターと共同で広告を開発していたものですが、彼らは画像とテキストが相互補完の関係にあることをよく理解していました。そしてInstagramすら、その成功は画像とテキストのバランスの上に成り立っています。ハッシュタグはおそらく、このソーシャルメディアの時代において、テキストベースのコミュニケーションにおける最も重要な革新でしょう。

このページに書かれるべき言葉は、「人々は常にコミュニケーションをとってきました。言語的ないし文化的な壁を乗り越えるのに、画像は素晴らしく役立つことが多く、私たちはその実現のためのプラットフォームを提供しています」だったのではないでしょうか。ただし、これは平凡でつまらなく聞こえるでしょう。

でなければ、私の目が近視になりすぎたという別の理由で、向こう数カ月にわたりBlog記事に画像ばかりが並ぶことになるかもしれません。

つまらない冗談はさておき、Mary Meeker氏のスライドは一読の価値があります。

TeslaのグローバルWebサイトが時代に逆行

(この記事は、2019年6月11日に公開された記事「Tesla's global website shifts into reverse」の日本語訳です。)

Teslaは、2019年版Webグローバリゼーション・レポート・カードにおいて調査した一社です。

同じ自動車業界で調査した16社のうち、Teslaは真ん中より下位にランクされました(HondaSubaruよりスコアは高かったものの、改善の余地が多くありました)。

残念なことに、最近行われたリニューアルの結果、2020年版のレポート・カードでTeslaはさらにスコアを落とすことになりそうです。

その理由が思いつくか、ちょっと考えてみてください。

以下に示すのは、今年1月に取得したDenmark向けWebサイトのトップページの画面キャプチャです:

そして次に示すのが、同じページの今日現在の画面キャプチャです:

1月の時点では、国旗がフッターに位置していることに気づくでしょう。その国旗は、次に示すようなグローバル・ゲートウェイを表示させるよう機能していました:

国旗の掲載は今や、私が決して取ることをお勧めしない、極めて重大なリスクとなっています(レポート「FLAG FREE: 10 Reasons to Remove Flags from Your Website」をご覧ください)。また、フッターにグローバル・ゲートウェイを配置するのはベストプラクティスではありません。そしてリニューアルにより、事態はさらに悪化してしまいました。

目下グローバル・ゲートウェイは、画面右手にあるメニュー内に隠されています:

加えて現在のグローバル・ゲートウェイのつくりでは、(何もしない状態では選択肢が網羅されて見えるため)ユーザーが下にスクロールしない限り、アクセス可能なサイトへのリンクが一部表示されないようになっています。

一体なぜ、このようなことが起きたのでしょうか? 私が思うに、Teslaにはグローバル・ゲートウェイに関し「責任をもつ」担当者がいなかったのではないでしょうか。仮に担当者がいたとして、その方は今回のリニューアルに際しユーザーを擁護する機会がなかったのでしょう。グローバライゼーションやローカライゼーションのチームからのインプットを受けることなく行われるデザインリニューアルは、少なからずあります。

もしこの記事がいくらか影響を及ぼせるなら、願わくば時代の流れに順行し、次のリニューアルではヘッダーに地球のアイコンを設け、メニューを(国旗を無くすことで)改善し、全体的に表示パフォーマンスを改善して欲しいと思います。

2019年版Webグローバリゼーション・レポート・カード

追伸:自動車業界のグローバルWebサイトで2019年のトップはVolvoでした。

WordPress Translation Dayの振り返り

(この記事は、2019年6月10日に公開された記事「WordPress Translation Day recap」の日本語訳です。)

つい先日開催されたWordPress Translation Dayは、言語的な意味で成功だったように思います。

WP Tavernのサイトに掲載された内容から数字をいくつか紹介します:

  • 世界35カ国で開催(以下の地図参照)
  • 183人の新たなコントリビューターが参加
  • 12人の新たなグローバル翻訳エディター(GTEs:Global Translation Editors)が誕生
イベント開催地をあらわした世界地図。各地で76のイベントが開催。

WordPressは200以上のロケールをサポートしていますが、もはやen-US(訳注:アメリカ英語をあらわすロケール)は多数派ではなく、全インストール環境の約46%を占めるにとどまっています。

より詳しくは、WordPress Translation Day 4 Successfully Hosts 77 Local Events in 35 Countries, Recruits 183 New Translators - WordPress Tavernをご覧ください。

2019年、プロフェッショナル・サービスで最も優れたWebサイトはDeloitteのサイト

(この記事は、2019年5月30日に公開された記事「Deloitte: The best professional services website of 2019」の日本語訳です。)

2019年版Webグローバリゼーション・レポート・カードのために、プロフェッショナル・サービスのWebサイトで調査したのは以下の7社のサイトです:

  • Accenture
  • Capgemini
  • Deloitte
  • Ernst & Young
  • Goldman Sachs
  • KPMG
  • PwC

レポート・カードを作成し始めた(2003年)以来で初めてのことですが、このカテゴリーで調査対象となったすべての企業が、非常に目立つ(かつ重要な)変更をグローバルデザインに加えていました。

Deloitteは、サポート言語数(38言語)で他社をリードしています。昨年度から、同社は2つのローカルサイトを立ち上げました。Webデザインにおける変化はわずかでしたが、その変化はWebサイトをより顧客志向にする、私たちの見立てでは前向きなものに映ります。

以下に示すのは、Deloitteのフランス向けと日本向けそれぞれのトップページです。グローバルでの一貫性を保ちつつ、同時にローカライズされた(加えてローカルに制作された)コンテンツが多く見られます。まだまだ多くの企業が、ローカルに制作されたコンテンツの価値を過小評価し続けています。

Deloitteのフランス向けサイト
Deloitteの日本向けサイト

Deloitteは、同じカテゴリーに属する企業のなかで、グローバル・ゲートウェイに地球のアイコンを使用した初めての企業でしたが、それは今も完璧にヘッダーに位置しています。たとえあなたが日本語を理解しなくとも、先に示した日本向けサイトの画面において、グローバル・ゲートウェイを見つけることはできるはずです。

かつてこのカテゴリーで首位に立ったことのあるKPMGは、過去数年のあいだにサポート言語数を減らし、ランクを下げています。同社はジオロケーションを使用していますが、その効能を十分に引き出せているとはいえない使い方です。

PwCはサポート言語数ではDeloitteに次いで2位です。同社は「insights」の名で知られる、ローカルに紐づけられたコンテンツの提供において、非常に良い取り組みをしています。残念なのは、グローバル・ゲートウェイが適切に実装されていないことです。考え方は悪くないのですが、あまりに複雑すぎるつくりが、かける労力に見合っていません(注記:PwCはその後、新しいグローバル・ゲートウェイを公開しました。ちょっとした変更ではありますが、確かに前進はしています)。

Accentureは言語のサポートで後れをとっていますが、昨年度は新たなサポート言語を追加しました。ローカル言語を用いた深みのあるコンテンツ提供に向け、やるべきことがまだ多くあります。

今年初めて調査対象に加わったのが、Goldman Sachsです。サポート言語数は11しかなく、グローバル・ゲートウェイも貧弱なため、残念ながら得点は好ましくありません。同社のローカルサイトの中には、ローカルなコンテンツのボリュームがあまりに少なく、「ローカルファサード(偽物のローカルサイト)」と思しきものも複数ありました。そのような第一印象を与えてしまっては再訪を期待するのは難しい、というのは常に心に留めておきましょう。提供するものすべてが偽に思われたなら、ユーザーの再訪を促すために相当なハードワークを強いられることになるでしょう。

また、以下に示す.comサイトに見られるように、グローバル・ゲートウェイの国名がローカル言語ではなく英語で表記されています。さらに注意深くご覧いただければ、国名のいくつかはメニューの外にはみ出して表示されているのがおわかりでしょう。これは厄介なエラーです。

Goldman Sachsの.comサイトで、グローバル・ゲートウェイを表示させたところ

言わずもがな、世界に対して自社をどう表現するか、Goldmanにはやるべきことが多くあります。

500ページ超の完全なレポート(や付属するその他のレポート)をお求めなら、Webグローバリゼーション・レポート・カードをご利用ください。

技術系エンタープライズ企業のグローバルWebサイトで2019年のトップはCisco Systems

(この記事は、2019年5月14日に公開された記事「Cisco Systems: The best enterprise technology website of 2019」の日本語訳です。)

2019年版Webグローバリゼーション・レポート・カードにおいて、技術系エンタープライズ企業のWebサイトについては、以下の13サイトを比較評価しました。

  • Autodesk
  • Cisco Systems
  • DHL
  • FedEx
  • HP Enterprise
  • Huawei
  • IBM
  • Intel
  • Oracle
  • SAP
  • Texas Instruments
  • UPS
  • Xerox

今年の首位はCisco Systemsでした。同社はこの1年の間にデザインをアップデートしましたが、グローバル・ゲートウェイの所在を示す一般的な地球のアイコンをヘッダーにしっかり保持しています。グローバル・ゲートウェイをヘッダーに維持するなんて取るに足らないこととお考えかもしれませんが、どうか信じてください、そうではありません。数多くの企業が、デザインリニューアルを通じて、グローバル・ゲートウェイをフッターへと降格させることでしょう。それは企業がグローバル・ゲートウェイを気にしていないからというより、ヘッダーに配置し続けるべく組織内で奮闘するグローバル・ゲートウェイの「所有者」が常に明らかとは限らないために起こります。

評価対象としてリストに挙げたうち3社が、この1年の間にデザインを刷新しています。そして今や、このカテゴリーのうち半数以上のWebサイトで、グローバル・ゲートウェイをあらわすために地球のアイコンを使用していることを嬉しく思います。

Cisco Systems

Ciscoの新しいデザインでは、ロゴがヘッダーの中央に配置されています。また、グローバル・ゲートウェイのアイコンは線が太くなりました。.comドメインのトップページで、リニューアルの前後を比較した画像を以下に載せます:

Cisco Systemsの.comサイト、トップページの新旧比較(奥が旧デザイン、手前が新デザイン)

Ciscoは、ローカルのWebサイトを見つけやすくするため、ジオロケーションを使用しています。以下に示すのは、そのオーバーレイ表示の例です:

Cisco Systemsのサイトに見られる、ジオロケーションを用いたオーバーレイ表示

青いボタンの中で国別コードトップレベルドメインを表示しているのは、英語が読めない訪問者にとっては特に、その目的を伝えるうえで必要不可欠です。加えて、国別コードトップレベルドメインを表示することは、再訪問の際に直接アクセスすべきアドレスを訪問者に教えることにもなります。

Ciscoは現地語で書くBlogの運営において先駆的な存在でありましたが、同種の取り組みが継続されているのを喜ばしく思います。最新の事例が、以下に示すスペイン向けのものもです:

Ciscoの運営するスペイン向けBlog

記事内容に関わる専門家たちが、どれほど目立つよう表現されているかに着目してください。この手のコンテンツはまさに、訪問者に再訪を促すものであり、同時に専門家に対しては一層の貢献を喚起するものでもあります。

Intelは、比較評価の結果、第2位でした。中央に配置されたロゴ(この場所になってから2年目)は、書字方向が右から左の言語のサイドであっても、中央に位置し続けます。以下はヘブライ語のサイトの例です:

Intelの運営するヘブライ語のサイト

Huaweiはこの1年でサポート言語を3言語追加し、言語的な意味でリーチを広げました。同社はまた、グローバルデザインを刷新・改良もしています(デザインは市場によって多少、変化します)。

より詳しくは、ぜひ2019年版Webグローバリゼーション・レポート・カードをご利用ください。

2019年版Webグローバリゼーション・レポート・カード

質問があれば、5月1日にどうぞ

(この記事は、2019年4月22日に公開された記事「Got a question? Ask me on May 1st」の日本語訳です。)

私は5月1日の11時(シカゴ時間)から、1時間ほど催されるWeggchatに参加の予定です(訳注:「Weggchat」とは、以前のBlog記事「Women Entrepreneurs Grow Global」で紹介したWomen Entrepreneurs Grow Global(WEGG)の主催する、オンラインイベント)。その中で、皆さんからの質問をTwitterで受け付けます。

運用されているWebサイトやアプリのグローバル対応について質問がありましたら、ぜひハッシュタグ「#weggchat」を添えてつぶやいてください。

詳細は、weggchat™ - Women Entrepreneurs Grow Globalのページをご覧ください。

Pick Up