Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > 「Global by Design」日本語版

米国Byte Level Research社の許諾を得て、同社が運営するWebサイト「Global by Design」の記事を翻訳してお届けします。翻訳の正確性は保証いたしかねますので、必要に応じ原文を参照ください。

ミツエーリンクスでは、「グローバルWebサイト運用」サービスを提供しています。ガバナンスの強化から多言語対応に至るまで、どんな内容でもお気軽にお問い合わせください

技術系エンタープライズ企業のグローバルWebサイトで2019年のトップはCisco Systems

(この記事は、2019年5月14日に公開された記事「Cisco Systems: The best enterprise technology website of 2019」の日本語訳です。)

2019年版Webグローバリゼーション・レポート・カードにおいて、技術系エンタープライズ企業のWebサイトについては、以下の13サイトを比較評価しました。

  • Autodesk
  • Cisco Systems
  • DHL
  • FedEx
  • HP Enterprise
  • Huawei
  • IBM
  • Intel
  • Oracle
  • SAP
  • Texas Instruments
  • UPS
  • Xerox

今年の首位はCisco Systemsでした。同社はこの1年の間にデザインをアップデートしましたが、グローバル・ゲートウェイの所在を示す一般的な地球のアイコンをヘッダーにしっかり保持しています。グローバル・ゲートウェイをヘッダーに維持するなんて取るに足らないこととお考えかもしれませんが、どうか信じてください、そうではありません。数多くの企業が、デザインリニューアルを通じて、グローバル・ゲートウェイをフッターへと降格させることでしょう。それは企業がグローバル・ゲートウェイを気にしていないからというより、ヘッダーに配置し続けるべく組織内で奮闘するグローバル・ゲートウェイの「所有者」が常に明らかとは限らないために起こります。

評価対象としてリストに挙げたうち3社が、この1年の間にデザインを刷新しています。そして今や、このカテゴリーのうち半数以上のWebサイトで、グローバル・ゲートウェイをあらわすために地球のアイコンを使用していることを嬉しく思います。

Cisco Systems

Ciscoの新しいデザインでは、ロゴがヘッダーの中央に配置されています。また、グローバル・ゲートウェイのアイコンは線が太くなりました。.comドメインのトップページで、リニューアルの前後を比較した画像を以下に載せます:

Cisco Systemsの.comサイト、トップページの新旧比較(奥が旧デザイン、手前が新デザイン)

Ciscoは、ローカルのWebサイトを見つけやすくするため、ジオロケーションを使用しています。以下に示すのは、そのオーバーレイ表示の例です:

Cisco Systemsのサイトに見られる、ジオロケーションを用いたオーバーレイ表示

青いボタンの中で国別コードトップレベルドメインを表示しているのは、英語が読めない訪問者にとっては特に、その目的を伝えるうえで必要不可欠です。加えて、国別コードトップレベルドメインを表示することは、再訪問の際に直接アクセスすべきアドレスを訪問者に教えることにもなります。

Ciscoは現地語で書くBlogの運営において先駆的な存在でありましたが、同種の取り組みが継続されているのを喜ばしく思います。最新の事例が、以下に示すスペイン向けのものもです:

Ciscoの運営するスペイン向けBlog

記事内容に関わる専門家たちが、どれほど目立つよう表現されているかに着目してください。この手のコンテンツはまさに、訪問者に再訪を促すものであり、同時に専門家に対しては一層の貢献を喚起するものでもあります。

Intelは、比較評価の結果、第2位でした。中央に配置されたロゴ(この場所になってから2年目)は、書字方向が右から左の言語のサイドであっても、中央に位置し続けます。以下はヘブライ語のサイトの例です:

Intelの運営するヘブライ語のサイト

Huaweiはこの1年でサポート言語を3言語追加し、言語的な意味でリーチを広げました。同社はまた、グローバルデザインを刷新・改良もしています(デザインは市場によって多少、変化します)。

より詳しくは、ぜひ2019年版Webグローバリゼーション・レポート・カードをご利用ください。

2019年版Webグローバリゼーション・レポート・カード

質問があれば、5月1日にどうぞ

(この記事は、2019年4月22日に公開された記事「Got a question? Ask me on May 1st」の日本語訳です。)

私は5月1日の11時(シカゴ時間)から、1時間ほど催されるWeggchatに参加の予定です(訳注:「Weggchat」とは、以前のBlog記事「Women Entrepreneurs Grow Global」で紹介したWomen Entrepreneurs Grow Global(WEGG)の主催する、オンラインイベント)。その中で、皆さんからの質問をTwitterで受け付けます。

運用されているWebサイトやアプリのグローバル対応について質問がありましたら、ぜひハッシュタグ「#weggchat」を添えてつぶやいてください。

詳細は、weggchat™ - Women Entrepreneurs Grow Globalのページをご覧ください。

「忘れろ、ジェフ、ここは中国だ」

(この記事は、2019年4月18日に公開された記事「Forget it Jeff, it's China」の日本語訳です。記事タイトルは、1974年公開の映画『Chinatown(邦題:チャイナタウン)』の台詞、「Forget it, Jake, it's Chinatown.」をもじったもので、ジェフとはAmazonのCEOであるジェフ・ベゾス氏を指しています。)

中国で成功することの難しさついて書いた記事、「忘れろ、ジェイク、ここは中国だ」の論調を補強するかのように、Amazon.cnは中国で大敗を喫したようです。

詳細はウォール・ストリート・ジャーナルの記事「Amazon's E-Commerce Adventure in China Proved Too Much of a Jungle」をご覧ください。

世界で最も多言語対応の進んだWebサイトとは?(2019年版)

(この記事は、2019年4月8日に公開された記事「What's the world's most multilingual website? (2019 update)」の日本語訳です。)

昨年、私はMultilingualに寄稿した記事のなかで、世界で最も多言語対応の進んだWebサイトはGoogleでもFacebookでもなく、Wikipediaですらないということを書きました。

答えは、Jehovah's Witnesses(エホバの証人)のWebサイトです。

寄稿した記事から引用します:

JW.orgのWebサイトは、675種類以上の書き言葉をサポートしています。書き言葉にとどまらず、同サイトは90以上の異なる手話をサポートしているのです。ダウンロード可能なPDFコンテンツは、アディゲ語からザザキ語に至るまで、総計941言語で提供されています。

これと対照的に、Appleは34言語をサポートしているに過ぎません。今や世界を支配していると言っても過言ではないAmazonがサポートしているのは、たった15言語です。私が調査したところでは、世界的に著名なブランドがサポートしているのは平均31言語で、毎年およそ1言語ずつ増加している傾向にあります。

宗教界のリーダー達は、言語の持つ力をよく理解しているようです。テック業界のリーダー達も同様です。残念なことに、それ以外のビジネスリーダー達のほとんどは、まだ認識が足りないようです。

以下に示すのは、2019年版Webグローバリゼーション・レポート・カードで取り上げた、最も多言語対応の進んだサイトのトップ5です。

最も多言語対応の進んだサイトのトップ5。それぞれの言語数はJehovah's Witnesses(エホバの証人)が676、Wikipediaが303、Googleが149、The Church of Jesus Christ of Latter-day Saints(末日聖徒イエス・キリスト教会)が115、Facebookが108となっている。

上位から下位につれ、サポート言語数が急速に減少する点に注目してください。グラフの続きを描くとなるとサポート言語数はさらに落ち込み、MerckIKEAHotels.comNikonSonyといった企業が約40言語で後に続きます。たとえ40言語であっても、その他の多くの組織と比べれば、いまだ偉業と言えます。世界の先進的なブランドにおけるサポート言語数の平均は、33言語にわずかに満たない程度です。

2004年から2019年にかけての平均サポート言語数の推移を表したグラフ。2004年は15、2007年に19、2010年に23、2013年に29、2017年に32、そして2019年には32.8と右肩上がりの傾向を示している。

次なるサポート言語を増やそうというブームはインドを中心に訪れるでしょうが、同国の多数ある公用語に対するしっかりとした投資をAmazonIKEAですら渋ってきた経緯からすると、時間がかかりそうです。

サポート言語数で先進的なブランドについて学ぶなら、是非2019年版Webグローバリゼーション・レポート・カードをご利用ください。

近づくWordPress Translation Dayの開催

(この記事は、2019年3月26日に公開された記事「WordPress Translation Day is coming」の日本語訳です。)

WordPressの管理画面で、言語にアメリカ英語を選択しているアカウントは目下、半数に満たないことをご存知でしたか?

以下のWordPressのサイトから転載した円グラフにある通り、オーストラリア英語やカナダ英語などを足し合わせるなら、英語はいまだ過半数を占めています。しかし中国語、フィンランド語、デンマーク語、オランダ語、カタルーニャ語といった言語も、相当の割合を占めつつあります。

WordPressは驚くほど多言語化されたソフトウェアであり、Webサービスです。ボランティアの貢献によるところが大きいのですが、翻訳チームによってUIは180以上の言語でローカライズされてきました。

ボランティアの皆さんは、定期的にWordPress Translation Dayという催しを開いています。最後に開催されたのは2017年のことでしたが、次回が今年5月11日に予定されています。公式サイトをご覧になって、ぜひ多言語対応のお祭りにご参加ください。

追伸:私はこのGlobal by Designのサイト運営のために、WordPressを2002年から使い続けています。なんと長く使っていることでしょう!

インターネットがデバイスをつなげるなら、人々をつなげるのは言語

(この記事は、2019年3月20日に公開された記事「The internet may connect devices, but language connects people.」の日本語訳です。)

今週、私は言語の重要性に関する記事をLos Angeles Timesに寄稿しました。ゆっくりと、しかし着実に、世界の先進的なブランドはサポート言語を増やしていることを紹介する記事です。

掲載記事の画面キャプチャ

記事は、America's biggest brands are increasingly multilingualでお読みいただけます。

tekom Europeの『Year Book 2018』に寄稿

(この記事は、2019年3月14日に公開された記事「World Book Tekom: Speaking in Tongues」の日本語訳です。)

tekomの発行する『Year Book』の最新号に、「異言を話す:Webサイトにおいてサポートすべき言語はどれか?(Speaking in Tongues: What Languages Should Your Website Support?)」というタイトルで記事を寄稿しましたので、お知らせします。

Year Book 2018

Pick Up