「Global by Design」日本語版

米国Byte Level Research社の許諾を得て、同社が運営するWebサイト「Global by Design」の記事を翻訳してお届けします。翻訳の正確性は保証いたしかねますので、必要に応じ原文を参照ください。

ミツエーリンクスでは、「グローバルWebサイト運用」サービスを提供しています。ガバナンスの強化から多言語対応に至るまで、どんな内容でもお気軽にお問い合わせください

.comにとらわれずに考えよう:国別コードから国際化ドメイン名まで

(この記事は、2021年4月30日に公開された記事「Think beyond .com: From country codes to internationalized domain names」の日本語訳です。)

Webグローバリゼーション・レポートカードで得られる知見のひとつに、ローカライズしたサイトに「表玄関」を設けることの重要性があります。

表玄関はアドレスそのものから始まり、中には.comドメインを含まないものもあります。実際、ほとんどのローカライズされたWebサイトでは、.comドメインを使用しないことをお勧めします。

この記事では、国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)を手始めに、ブランドがよりローカライズされたアドレスを作成するさまざまな方法について紹介します。

国別コード

国別コード地図

世界中で250以上の国別コードが使用されています。ドイツの.de、日本の.jpなど、人気の高いものもあります。.comドメインの省略版として使用される.co(コロンビア)のように、国を超えた目的で利用されているものもあります。

.fr(フランス)について見てみましょう。

.frドメインの数は2020年に7%増加し、360万件以上の登録があります。しかし最も興味深いのは、外国人オーナーが登録した割合の増加です。

.frドメインにおける、外国人オーナーが登録した割合の変遷をあらわしたグラフ。2013年は4.9%、2014年は5.7%、2015年は6.8%、2016年は7.5%、2017年は8.6%、2018年は8.3%、2019年は8.4%、2020年は8.7%。わずかずつながら増加している。

これは、より多くの国際的な企業が、ローカルの人々と繋がるより良い方法として、国別コードに投資していることを示しています。世界中の多くの国々で、国別コードを使用するブランドは、消費者と高いレベルの信頼を築いています。

2021年版のレポートカードによれば、調査したWebサイトの3分の2以上が、複数のローカルサイトで国別コードを使用しています。

どのフォントがどの言語をサポートしているか教えてくれるHyperglot

(この記事は、2021年4月6日に公開された記事「Hyperglot shows you which fonts support which language(s)」の日本語訳です。)

フォントデザイナーにとっては興味深いであろうツールが、Rosettaから新たに登場しました。その名は、Hyperglotです。

以下のスクリーンショットをご覧になればお分かりの通り、フォント(現在640種)を選ぶと、どのスクリプトがどの言語でサポートされているかを確認することができます。

Hyperglotのスクリーンショット

Hyperglotは、デザイナーにとって便利なばかりではなく、フォントやスクリプト、言語についてもっと興味がある人にとって、素晴らしい学習ツールにもなります。さらに深掘りしたければ、文字それぞれのUnicodeコードポイントを確認することができます。

Hyperglot

ロシアが自国製アプリのモバイルデバイスへの導入を義務化

(この記事は、2021年4月2日に公開された記事「Russia mandates locally made apps on mobile devices」の日本語訳です。)

長年のあいだ恐れていたことが、今や現実のものとなりました。法律によりロシアでは、ロシア製の(もしくは簡単にインストール可能な)アプリを携帯電話にプリインストールのうえ出荷することが義務化されたのです。

このためAppleは、以下のつぶやきで紹介されているように、利用開始時のフローを更新した模様です:

他の国の政府も、自国のアプリを優先するようAppleなどに働きかけるでしょうか?

おそらくそうなるでしょう。

これは、国境を易々と乗り越えてきたGoogleやFacebookといったソフトウェア、さらには大成功を収めた携帯電話メーカーに対して、世界中の国々が自らの権限を主張するという、大きなトレンドの一部です。またロシアでは特に、地政学的な問題があります。Yandexは、ロシアにおいて既にトップの検索エンジンにもかかわらず、政府の支援を必要としたのでしょうか?

とはいえ、ローカリゼーションをほとんど行うことなく単一のアプリで世界中のどこでも成功できると考えている企業にとって、今回のような動きは課題となります。どの国・地域においても文化的、言語的、法的に固有の課題があります。

ある市場に参入する際、製品の「ローカライズ」を求められたとき、すべての企業が直面することになる大きな問いがあります。それは、ローカリゼーションがいつの時点で服従を意味することになるか?、です。私は、2013年に次のように書きました。「企業は、世界中の市場で成功しようと必死になっていますが、実際にはやりたくないことを頼まれたり、要求されることもあるでしょう」。

Apple.comのグローバルな進化

(この記事は、2021年4月1日に公開された記事「The global evolution of Apple.com」の日本語訳です。)

Webグローバリゼーション・レポートカードについて紹介する動画を公開して以来、複数のWebサイトにおけるグローバルな進化について、コメントを求められました。

そこで今回は、誰もが知っているであろうグローバルサイトのApple.comと、同サイトにまだ存在する改善の余地について、簡単にご紹介したいと思います。

Appleは今年、史上初めてトップ25入りを果たしました。その最たる理由を、動画でご覧いただけます。

お楽しみください!

パンデミックが言語サポートにもたらした影響

(この記事は、2021年3月25日に公開された記事「COVID flattened the language curve, and that's actually good news」の日本語訳です。)

私がWebグローバリゼーション・レポートカードを作り始めたのは、2003年のことです。それがグローバルサイトをベンチマークするものとしては初のレポートとなって以来、私はこれを毎年作成・公開しています。

その歴史において初めて、Webサイトにおけるサポート言語数の平均は、以下のグラフに示す通り、増加しませんでした。

このグラフがAppleMicrosoftCoca-ColaStarbucksMercedesといった主要なグローバルブランドの状況に限って反映していることに、ご注意ください。一歩下がって、ランダムに数千のWebサイトを調査したとしたら、平均値は急激に下がるでしょう。

というのも目下、30以上の言語をサポートするWebサイトはほとんど無いからです。しかしこの1年、より多くの企業がサポート言語を減らすことを私は予想していました。大きな打撃を受けた旅行業界でさえ、言語数は安定していました。

CiscoIBMをはじめ少なくない企業がサポート言語を減らしましたが、調査した3分の1近くのサイトは逆に増やしており、特定の業界ではグローバル経済に関して、楽観的な傾向が強く示唆されています。

例えばFedExは8つの言語を追加し、合計40近くまで言語サポートを拡大しました。ラトビア語、エストニア語、ギリシャ語を含む8つの言語をLoréalは追加しました。またRolexは3言語を追加しています。

パンデミックの衝撃とそれがもたらした後退を考慮しつつ、長期的に考えるなら、言語サポート拡大の可能性は、均一では無いにせよ全体的に認められます。いくつかの企業について、サポート言語数の遷移を以下に示します。


サポート言語数を企業別に、2010年と2021年との差異をあらわしたグラフ。どの企業も大幅な増加を示しており、Facebookは2から111へ、Toyotaは40から53へ、NIVEAは30から45へ、IKEAは25から44へ、FedExは22から39へ、Appleは18から35へ、Nikeは16から27へ、Amazonは7から18へ、それぞれ増加した。

長きに渡りお伝えしてきたように、デバイスを繋ぐのはインターネットですが、人々を繋ぐのは言語です。

パンデミックから脱却するにつれ、またインドや東欧、東南アジアに進出する企業が増えるにつれ、言語サポートは勢いを増しながら拡大し続けるでしょう。

詳細は、最新のWebグローバリゼーション・レポートカードならびに同梱のWebグローバリゼーション ベストプラクティス&最新動向をご利用ください。

Webグローバリゼーション・レポートカードのご紹介

(この記事は、2021年3月20日に公開された記事「A brief introduction to the Web Globalization Report Card」の日本語訳です。)

Webグローバリゼーション・レポートカードの概要やその作成に用いている方法論、初めて作成した2003年当時インターネットがどのように映っていたかなどについて、5分ほどの動画を公開しました。気に入っていただければ幸いです。

2021年版Webグローバリゼーション・レポートカード

2021年版Webグローバリゼーション・レポートカードが選んだ上位25サイト

(この記事は、2021年3月10日に公開された記事「The top 25 best global websites from the 2021 Web Globalization Report Card」の日本語訳です。)

2021年版Webグローバリゼーション・レポートカードの発行をお知らせすることができ、私は嬉しく思います。

2021年版は通算で17度目の発行にあたり、困難に見舞われた1年を反映しています。しかし、将来に目を向ければ、楽観的になれることが少なからずあります。

ともあれ、まずは上位25サイトをご覧ください:

  1. Wikipedia
  2. Google
  3. Nestlé
  4. Airbnb
  5. Adobe
  6. Philips
  7. Uber
  8. IKEA
  9. Visa
  10. Microsoft
  11. Booking.com
  12. Nikon
  13. Deloitte
  14. Church of Jesus Christ of Latter-day Saints
  15. KPMG
  16. Apple
  17. NIVEA
  18. Pfizer
  19. Volvo Cars
  20. Canon
  21. American Express
  22. Tinder
  23. Sanofi
  24. Cisco Systems
  25. 3M

リストにはおなじみの企業名が多くありますが、それには理由があります。これらのWebサイトは平均以上の言語をサポートしており、またグローバルにおける一貫性と粒度の細かい(そして適切な)ローカルコンテンツとのバランスが取れています。

Wikipediaは、今回調査した150サイトで最も軽量なモバイルサイトをサポートし続けており、また300以上の言語をサポートしていることから、地球上で最も多言語に対応したWebサイトのひとつです。

Googleは、言語面で他の企業をリードし続けています(ただし、グローバルな一貫性とナビゲーションは、依然として弱点です)。Nestléの数年にわたる躍進は、Webグローバリゼーションのベストプラクティスがテクノロジー企業だけのものではないことを示しています。古い体質の企業であっても、40以上の言語に対応しながら、多くの確立されたベストプラクティスを実証できます。

上位のリストにはAdobeAirbnbPhilipsCiscoIKEAMicrosoftなど、おなじみの企業が多く含まれています(ただしMicrosoftとCiscoは順位を下げています)。

Appleは新たにランクインした企業ですが、グローバル展開ではまだまだ遅れています。

これら25サイトだけでみますと、平均62の言語をサポートしています。

言語とは「正念場」です。言語については、CiscoIBMのように昨年、サポート言語数を減らした企業が多数見られました。しかし、それより多くの企業が昨年サポート言語を追加したため、平均は33言語で安定しています。

昨年はCOVIDが「サポート言語のグラフを(右肩上がりから)水平にした」一方で、ほとんどの企業では変化はなく、パンデミックから脱却するにつれ、グローバル展開を図る態勢を整えています。

Webサイトを世界に通用させると共にローカルでの成功に貢献した関係者の皆さん、おめでとうございました。

今後より多くの内容をお伝えしたいと思います。ご不明な点がありましたらご連絡ください

2021年版Webグローバリゼーション・レポートカード

Information

書籍「グローバルWebサイト&アプリのススメ」

米国Byte Level Research社の許諾を得て、同社が運営するWebサイト「Global by Design」より、グローバルサイトWebサイト運用に関する記事を翻訳してお届けします。

ミツエーリンクスのグローバルWebサイトソリューション

グローバルビジネスを支えるWebサイトにグローバルスタンダードな品質を提供する、各種サービスをご紹介します。