Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > 「Global by Design」日本語版

「Global by Design」日本語版

米国Byte Level Research社の許諾を得て、同社が運営するWebサイト「Global by Design」の記事を翻訳してお届けします。翻訳の正確性は保証いたしかねますので、必要に応じ原文を参照ください。

ミツエーリンクスでは、「グローバルWebサイト運用」サービスを提供しています。ガバナンスの強化から多言語対応に至るまで、どんな内容でもお気軽にお問い合わせください

英語さえサポートすればインドで成功できるとお考えなら、再考を

(この記事は、2018年5月21日に公開された記事「Think you can succeed in India supporting English only? Think again.」の日本語訳です。)

#serveinmylanguageは単なるハッシュタグではなく、一種の社会運動であり、そしてそれは拡大中です。

Twitterでハッシュタグ #serveinmylanguage を検索した画面のスクリーンショット

インドの消費者のあいだでは、ビジネスにおいて母語をサポートするよう企業に求める動きがあります。

Times of Indiaの記事曰く:公的およびプライベートな銀行の多くは、インド人が22の主要な言語と720の方言を扱っているにもかかわらず、ATMから預金伝票、引き出しフォーム、コールセンターに至るまで、サービスを顧客に提供するのにヒンディー語と英語だけで十分であると考えています。

この記事は銀行業界に特化したものですが、これはより大きな何かの始まりであると言って良いでしょう。言語の視点からみて、インド向けのWebサイトはまだまだ十分とは言えません。

2018年版Webグローバリゼーション・レポート・カードにおいて記したように、ヒンディー語をサポートしていたグローバルWebサイトはたった7%に過ぎず、ウルドゥー語やタミル語はさらに少数です。Nielsenが2017年に行った調査によれば、インドのインターネットユーザーの68%が、英語よりも自身の母語で書かれたコンテンツのほうが信頼できると考えています。Facebookはおそらくこれを理解しているのでしょう、同社はインドの公用語の半数以上をサポートしています。だからこそ、Facebookが今やアメリカ国内より多くのユーザーをインドで獲得していることは、驚きに値しません。

幸い、インドの銀行のいくつかは、より多言語になりつつあります。Times of Indiaの記事には次のようにあります:

ICICI銀行、Axis銀行、Kotak Mahindra銀行といったプライベート銀行は、オンラインバンキング戦略においてますます、多言語対応に注力しつつあります。「例えば、Kotak Bharatアプリは、ファイナンシャル・インクルージョンが目的のアプリです。ユーザーはヒンディー語、英語、グジャラート語、マラーティー語、タミル語またはカンナダ語でもって、送金や携帯電話へのチャージ、保険の購入などができます。他の地域の言語も取り扱うようアプリを発展させる予定です。」と、Kotak Mahindra銀行のチーフデジタルオフィサーであるDeepak Sharma氏は述べています。

以下に示す、私が最近作った国際化ドメイン名のポスターからの抜粋でお分かりのように、インドは言語や文字の多様性が顕著なところです。

国際化ドメイン名のポスターからインドの辺りの抜粋

結局のところ、言語とは単なる手段にとどまらず、敬意のあらわれなのです。

言語に投資する企業というのは、顧客に投資しているのみならず、自らの将来に投資していると言えるでしょう。

W3Cが提供する国際化関連のリソース

(この記事は、2018年5月17日に公開された記事「Internationalization resources complements of the W3C」の日本語訳です。)

Webサイトのグローバル対応の成否は、問いを立てることができるかどうか次第です。

私の著書『Think Outside the Country(訳注:日本語版のタイトルは「グローバルWebサイト&アプリのススメ」』で強調したポイントの一つに、すべてを知る人などいないという点があります。誰一人として、すべてを知ることなどできないのです。それが可能だとか、そういう人々が実在するなどと言う人は誰であれ、信用すべきではありません。そして率直に言って、それはこの業界の面白さの一端です。あなたは言語から文化、国、技術に至るまで、何かしら新しい物事を学ぶことを止めることはないでしょう。

では、問いを立てたら私はどこへ向かうべきでしょう?

もしその問いが技術的でインターネットに特化したものであれば、私はよくW3C、とりわけ国際化ワーキンググループのページを訪れることから始めます。同グループを率いるRichard Ishida氏は、長年にわたりチュートリアルやベストプラクティス、標準についての情報収集と分類、また記事執筆に関し素晴らしい功績を残してきました。

国際化ワーキンググループのページのスクリーンショット

あなたはより多くを学びたいと思ったら、何から着手しますか?

以下に私のお勧めするリソースをいくつかご紹介します。

Working with Languages in HTMLは、言語の指定がなぜ重要かを端的に要約しています。

Personal Names Around the Worldは、入力フォームにおける「ファーストネーム」と「ラストネーム」が、なぜグローバルには機能しないかをうまく説明しています。

Introduction to Multilingual Web Addressesは、国際化ドメイン名(IDN:Internationalized Domain Name)やプニコード、そして非ラテン文字のドメイン名がインターネットで機能するうえでの課題に関する良い導入記事です。

内容は濃いですが、ヘブライ語やアラビア語といった双方向テキストをWebブラウザがどのように扱うかを理解したいと思うなら、Unicode Bidirectional Algorithm Basicsは重要です。

CSSで多言語対応に関連する新機能を概観しているのがCSS3 and International Textです。

上記は氷山の一角にすぎません。

さぁ、国際化ワーキンググループのページにアクセス!

国別コードの世界地図をXLサイズで

(この記事は、2018年5月7日に公開された記事「Country codes of the world. XL.」の日本語訳です。)

新たに制作した国別コードの世界地図。カラーはモノクロ。

私が制作した国別コードの世界地図について、カンファレンス会場やオフィスの壁に貼れるような、より大きいサイズのものを求められることが、過去に少なからずありました。

どの国別コードが、どの国ないし地域に対応しているかを示す凡例の無いバージョンについても、求められたことがあります。

そういうわけで、それらのニーズにふさわしい、4フィート×3フィートでモノクロ印刷の軽量版ポスターを制作したことをお知らせします。

以下に示すのは、一緒に住んでいるモデルのハーランと共に撮影した新バージョンの地図です。ハーランは大きな猫ですが、彼が頑張っても覆い尽くせないほど南北アメリカ大陸が大きいのがお分かりでしょう。

新バージョンの地図と、その上に寝そべった飼い猫のハーラン

詳細とご購入については、Super-sized wall map of the country codes of the worldをご覧ください。

商品にネコは含まれていません。

ようこそスワジランド改めエスワティニ王国

(この記事は、2018年4月30日に公開された記事「Welcome to the Kingdom of eSwatini, formerly known as Swaziland」の日本語訳です。)

最近、スワジランドがエスワティニ王国に国名を改めると聞いたとき、私が最初に思ったのは、果たして国別コードはどうなるだろうかということです。

.szのままなのでしょうか?

私に言えるのは、大統領が国別コードについて考えていたかを知るにはなお時期尚早だということです。しばらくの間、変わることはないというのが私の予測です。

しかし、国別コードは変わり得ますし、また変わり続けるでしょう。以前にも書きましたが、国際化ドメイン名もまた進化し続けています

ユニークな見た目の新たな多言語インターネット地図

(この記事は、2018年4月26日に公開された記事「A unique look at the emerging multilingual Internet」の日本語訳です。)

世界中の国際化ドメイン名の地図を2018年向けにアップデートしたことをお知らせでき、嬉しく思います:

この地図にはICANNによって認められた、30以上の国や地域にわたり50以上ある全ての国際化ドメイン名が記されています。

私はまたこの地図に、インドでサポートされている多くの文字や言語を列挙したサイドバーを含めました。ご購入については、Map of all country code Internationalized Domain Namesのページをご覧ください。

何か質問があれば、是非お知らせください。

私は、国別コードの世界地図と同様、この地図のカスタマイズ版もデザインしました。それらの地図は、アメリカやヨーロッパにあるオフィスで壁の装飾に使われています。また私はさまざまなメディアを組み合わせることで、それぞれの場所固有の導入も手がけ始めています。質問があればご連絡ください

自動車業界のグローバルWebサイトで2018年のトップはBMW

(この記事は、2018年4月16日に公開された記事「BMW: The best global automotive website of 2018」の日本語訳です。)

2018年版Webグローバリゼーション・レポート・カードにおいて、自動車業界からは以下の16のWebサイトを調査しました。

今年、BMWは首位の座をNissanから奪還しました。BMWとNissanは、いずれも総合ランキングでトップ25サイトにランクインしています。

BMWは、ローカルWebサイトにあるコンテンツのプロモーションだけでなく、ローカル言語を用いてのソーシャルメディア向けコンテンツに一層注力した点で賞賛に値します。BMWはまた、昨年来グローバルテンプレートにわずかながら改良を加えています。

BMWのサイトのヘッダーにあるナビゲーション

以下は、レポート・カードからいくつか要点を抜粋したものです:

より詳しくは、2018年版Webグローバリゼーション・レポート・カードをご利用ください。

もし自動車業界に限定したレポートをご所望であるなら、自動車業界版をご購入いただけます。

自動車業界版Webグローバリゼーション・レポート・カード

Amazonが機械翻訳サービス「Amazon Translate」を発表

(この記事は、2018年4月6日に公開された記事「Amazon Translate joins the machine translation crowd」の日本語訳です。)

Amazonは今週はじめ、自社で開発したサービス「Amazon Translate」を、広く一般向けに利用可能にしたことを発表しました

Amazon Translateのインターフェースの画面キャプチャ

他のアマゾン ウェブ サービス(AWS:Amazon Web Services)同様、Webサイトやアプリ、音声合成を含め、それらのあいだで横断的に同サービスを利用することができます。私は、同サービスが「ニューラル」機械翻訳を用いていることを強調すべきでしょう。時間の経過とともに、より自然に聞こえるようになる点で驚くほど効果的であることが明らかになっているのが、ニューラル機械翻訳です。Googleや他のベンダーも、ニューラル機械翻訳に重点的に投資を行っています。

同サービスは無料で試すことができます。AWSによると「サービス利用開始から12カ月のあいだ、一月につき200万文字まで無料」とあります。

目下、目立った制約はサポートされている言語の種類です。SDLやGoogleの提供する機械翻訳サービスと比べると、英語をたった6言語にしか翻訳できないのは、古めかしく映ります。提供開始から12年目を迎えるGoogle 翻訳は、100以上の言語をサポートしています(翻訳の品質は言語によって異なります)。

サポート言語は今後増える見込みです。現時点での翻訳品質についてコメントすることはできませんが、利用した感想を聞かせていただければ嬉しく思います。

2018年版Webグローバリゼーション・レポート・カードに記したように、グローバルブランドのあいだで機械翻訳の人気は、社内向けに限らず社外向けの用途でも、高まり続けています。機械翻訳を採用することにより、たとえばWebサイトの訪問者が、コンテンツを自身の使用する言語に自ら翻訳することができます。それは複数の理由から私が長きにわたって推奨してきた機能です。

そういうわけで、組織の規模を問わず利用できる機械翻訳サービスが新たに増えたのは、素晴らしいことです。

追伸:Amazon Translateのページに、Lionbridge社(訳注:ソフトウェアやハードウェアのローカライゼーションなどを手掛けるグローバル企業)が推薦文を寄せているのは、興味深いと思います。Amazon Translateの良き顧客なのですね。

Pick Up