Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > マーケティングBlog > 2017年3月 > Google Data Studio(データスタジオ)でGoogle アナリティクスの「セグメント」の利用が可能になりました

マーケティングBlog

デジタルアナリティクスやデジタルマーケティングの推進に役立つ話題をご紹介します。

Google Data Studio(データスタジオ)でGoogle アナリティクスの「セグメント」の利用が可能になりました

ディレクター 田口

これまで、Google Data Studio(データスタジオ)では「フィルタ」は使えましたが「セグメント」を使うことはできませんでした。しかし今回のアップデートで「セグメント」の利用が可能になりました。システムにあらかじめ設定されているデフォルトのセグメントだけではなく、ユーザーが作ったカスタムセグメントも指定可能です。Google アナリティクスを使う上でセグメント機能は欠かせないものです。これが使えるようになったので、データスタジオはますます使いやすく、そして「使える」状態になったと言えるでしょう。

Google データスタジオのプロパティパネル「セグメント」の項目

使い方は簡単です。編集モードに入ったら「プロパティパネル」を選択し「データ」タブをアクティブにして下さい。スクロールダウンしたら一番下に「Google アナリティクスのセグメント」というメニューが追加されています。
同じディメンションと指標の組み合わせで適用するセグメントを変えて並べる「セグメント別ダッシュボード」をサイト運用チームでシェアするなど、いろいろな使い方ができそうです。データスタジオをフル活用して成果を挙げましょう。