Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > マーケティングBlog > 2017年10月 > 【リスティング広告】1日の広告配信予算について

マーケティングBlog

デジタルアナリティクスやデジタルマーケティングの推進に役立つ話題をご紹介します。

【リスティング広告】1日の広告配信予算について

アナリスト 荒木

AdWords広告にて、2017年10月4日から、キャンペーンの1日平均予算の2倍まで広告が掲載されるようになりました。
(これまでは、1日平均予算の1.2倍)

AdWordsヘルプ「請求額と1日の予算の関係」

実は、1日の広告配信予算には前提条件があります。その条件とは、1カ月間を通じてキャンペーンあたりの1日の予算は変更しないことです。

みなさんは広告配信状況によって、その都度キャンペーンレベルで1日予算を変更していませんでしょうか。

本来であれば、キーワードごとに入札単価調整を行い、適切な配信量に調整することが見込みユーザーのリーチ数を広げることに繋がります。Googleが今回の変更を行った意図としては、キャンペーンレベルでの1日の予算調整を行っている広告主が多いという背景があるのかもしれません。

配信抑制が発生しているということは、本来、商品購入や資料請求に至る可能性のあるユーザーへの配信機会を逃しているということになります。私自身も含めてキーワードレベルにて入札単価調整をしっかりと行い、配信抑制をなくして効率的な広告配信を行っていきたいものです。