Firefox 70.0がリリース

取締役 木達

デスクトップ版Firefoxのバージョン70.0がリリースされました(リリースノート:Firefox 70.0, See All New Features, Updates and Fixes)。

本バージョンのFirefoxではプライバシー、セキュリティ、パフォーマンスそれぞれに関し改善が施されています。とりわけプライバシー保護についてはChrome、Safariも注力している分野であり、ユーザーに選ばれそして使われ続けるためにも対応の強化が必須となっているように感じます。

変更点で気になったのは、EV証明書の表示です。今回の変更により、EV証明書を使用している当社サイトにFirefox 70でアクセスしても、アドレスバーに企業名が表示されなくなりました。これはEV証明書が使われ始めて久しいなか、ユーザー保護に対し有意義ではないとの見方が強まったことを受けたもので、先月リリースされたChrome 77の対応に追随した動きと言えます(Google Chrome 77が安定版に参照)。

ほかにも数々の機能追加、バグ修正が含まれていますが、上記の点を含め、開発者向けにはFirefox 70 for developers - Mozilla | MDN、それにFirefox 70 サイト互換性情報 | Firefox サイト互換性情報が参考になるでしょう。

次のメジャーバージョンアップ、Firefox 71のリリースは、Firefox Release Calendar - MozillaWikiによると12月3日の予定のようです。Twitterで予告されているように、Firefox 71ではCSS subgridのサポートが入ります。楽しみですね。