Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > Web品質Blog > 2019年12月 > Firefox 71.0がリリース

Firefox 71.0がリリース


取締役 木達

デスクトップ版Firefoxのバージョン71.0がリリースされました(リリースノート:Firefox 71.0, See All New Features, Updates and Fixes)。

本バージョンではCSS Grid Layout Module Level 2のsubgridや、段組みレイアウトにおけるcolumn-spanプロパティのサポートが魅力的ですが、img要素のwidth/height属性が内部的にaspect-ratioプロパティにマッピングされた点が個人的に気になりました。レスポンシブWebデザインを採用したページ上で、以下のようにビューポートに応じ表示サイズが柔軟に変わるスタイルシートの適用された画像があったとします。

img {
    max-width: 100%;
    height: auto;
}

従来、このスタイルはwidth/height属性の情報を上書きするため、画像がダウンロードされるまでは高さが0に設定されてしまい、結果としてダウンロード後にページレイアウトに変化をもたらす原因となっていました。今回のマッピングにより、何らかの理由で画像のダウンロードに時間がかかったとしても、完了するまでのあいだ適切なアスペクト比の余白がプレースホルダーとして確保され、ユーザーのストレスを軽減することが期待できます。詳細はMapping the width and height attributes of media container elements to their aspect-ratioをご覧ください。

ほかにも数々の機能追加、バグ修正、セキュリティ修正(重要度高:6件、重要度中:5件)が含まれていますが、上記の点を含め、開発者向けにはFirefox 71 for Developers - Mozilla | MDN、それにFirefox 71 サイト互換性情報 | Firefox サイト互換性情報が参考になるでしょう。

次のメジャーバージョンアップ、Firefox 72のリリースは、Firefox Release Calendar - MozillaWikiによると2020年1月7日の予定のようです。Firefox 72 Beta と Developer Edition が公開されました | Firefox サイト互換性情報にあるように、プッシュ通知周りの仕様変更には要注意でしょう。