2021年3月19日 セミナーにおけるサービス品質の向上

取締役(CTO)
木達 一仁

当社は一年を通じ、さまざまなテーマでセミナーを開催しています。サービスソリューションの販売促進を開催する最大の目的としつつ、営業色の濃くないところは当社のセミナーがご好評をいただいている理由の一つ。お客様の業務に役立つ知識や最新動向をお伝えすることを第一に、情報共有に重点を置いた内容・構成のセミナーとなるよう、企画・開催しています。

企画から参加申込の受付、開催当日の切り盛り、開催後の社内共有やセミナー開催レポートの掲載までを一手に引き受けているのが、セミナー事務局です。その責任者という立場もあって私自身、積極的にセミナーに登壇させていただくよう務めています。過去に開催したセミナーをご覧いただきますと、これまでに当社がどんなテーマでセミナーを開催してきたか、年ごとに確認いただけます。

一昨年までは、本社にありますセミナールームで(=オフライン形式で)開催するのが常でしたが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、昨年からはオンライン形式に移行。配信にはZoomを使用しています。就活生向けの会社説明会同様、当初は試行錯誤が続きましたが、今や少人数にも関わらず極めてスムースな開催、セミナー運営が実現できています。

オンライン形式への移行に合わせて開始したのが、スライドのデジタルデータの提供です。セミナーコンテンツは当社にとって重要な商材との認識から、オフライン形式で開催していた頃は一貫して、紙に出力したハードコピーのみの提供とさせていただいてきました。現在では、開催後のアンケートにお答えいただいた方に、スライドのパスワード付きPDFファイルをお渡ししています。

コロナ禍がきっかけだったとはいえ、スライドの取扱ルールを変更したことで、お客様との大切なコミュニケーション機会であるセミナーは、まだまだサービス品質に改善の余地があると改めて気付かされました。ちなみにサービス品質とは、経営理念「Smart Communication Design Company」を実現するうえで、技術品質やプロセス品質とともに重視している品質のことです。

今後、予定しているセミナーのサービス品質向上には、2つあります。第一に、セミナールーム とZoomの両方を活用したハイブリッド開催。オンライン形式を採用しつつ、PCでの長時間視聴が苦手などオフライン形式での参加を希望される方には、人数を限定し新型コロナウイルス感染予防対策を徹底のうえ、セミナールームで参加いただけるようにします。これは、時間が比較的長い(90〜120分の)セミナーに限定して実現したい考えです。

第二に、セミナー録画の振り返り視聴の提供。これは当日より後に再度、セミナーを振り返りたいという方に対し、録画を視聴できるようにするものです。Zoomのアカウントを用意していただく必要はありますが、開催当日から一定期間のあいだであれば、ご都合のつく時に自由にセミナー録画をご覧いただけるようになります。

上記の施策を適用する最初のセミナーとなるのが、5月12日に開催を予定しているサステナブルWebデザイン 解説セミナーです。なにぶん90分のセミナーですから、画面をずっと見ているのはつらいという方は特に、セミナールームでの参加をご検討ください。もちろんコロナ禍の状況次第では、オンラインのみの開催に変更する可能性はありますので、あらかじめご了承ください。

当社は、セミナーにおけるサービス品質の向上に、これからも継続的に取り組んでまいります。是非お気軽に参加いただき、感想やお気づきの点などをアンケートでお寄せいただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

メールニュース登録

メールニュースでは、本サイトの更新情報や業界動向などをお伝えしています。ぜひご購読ください。