JIS X 8341-3とは「高齢者・障害者等配慮設計指針−情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス− 第3部:ウェブコンテンツ」という名称の通り、主に高齢者や障害者(一時的な障害も含む)がWebコンテンツを利用できるように、アクセシビリティを向上させるための指針をまとめたもので、2004年6月に公示された日本標準規格です。2010年8月にWCAG 2.0の達成基準を含む形で改正され、2016年3月にはWCAG 2.0との一致規格として再度改正されています。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報